北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building 掘4F
TEL:0761-51-1540
研究室ホームページ
領域ホームページ
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

江 東林 (チャン ドンリン) 教授
マテリアルサイエンス系、環境・エネルギー領域

■学位

浙江大学 学士(理・化学)(1989)、浙江大学修士(工学)(1992)、東京大学(工学博士)(1998)

■職歴

日本学術振興会DC2特別研究員(1997), 東京大学大学院工学研究科助手(1998), 科学技術振興機構ERATO相田ナノ空間プロジェクトグループリーダー(2000), 分子科学研究所助教授/准教授(2005), 総合研究大学院大学構造分子科学専攻助教授/准教授(2005)科学技術振興機構さきがけ研究者兼任(2005-2009;2009-2013)

■専門分野

2次元高分子、共有結合性有機骨格構造、共役多孔性高分子、機能性高分子

■研究テーマのキーワード

光・電子・触媒機能・蓄電機能・二酸化炭素貯蔵・多孔高分子の設計・機能開拓

■研究課題

2次元高分子の設計と機能開拓
本研究では、2次元高分子の特異な構造を設計して作ることで、2次元高分子ならではの機能を開拓します。特に、光、電子、触媒、エネルギー貯蔵、二酸化炭素貯蔵などにおいて、優れた機能を有する2次元高分子の創生を目指す。

■研究業績

◇著書

  • 太陽光と光電変換機能 第5章新技術開発 3 2次元高分子を用いた光エネルギー材料の創製,江 東林,シーエムーシ出版社,2016,278-285

◇発表論文

  • Two-Dimensional sp2 Carbon-Conjugated Covalent Organic Frameworks,Enquan Jin, Mizue Asada, Qing Xu, Sasanka Dalapati, Matthew A. Addicoat, Michael A. Brady, Hong Xu, Toshikazu Nakamura, Thomas Heine, Qiuhong Chen, and Donglin Jiang,Science,357,6352,673, 4,2017/8/18
  • Covalent Organic Frameworks: A Materials Platform for Structural and Functional Designs,Ning Huang, Ping Wang, and Donglin Jiang,Nature Reviews Materials,1,16068, 20 pages,20 September, 2016
  • A Backbone Design Principle for Covalent Organic Frameworks: The Impact of Weakly Interacting Units on CO2 Adsorption,Lipeng Zhai, Ning Huang, Hong Xu, Qiuhong Chen and Donglin Jiang,Chem. Commun.,53,4242, 4,2017/3

全件表示

◇講演発表

  • Two-dimensional polymers and organic frameworks,Donglin Jiang,The 1st International Workshop on 2D Materials,Dresden, Germany,September 28, 2017
  • Covalent Organic Frameworks: Structural Design and Functional Exploration,Donglin Jiang,International Symposium on Frontiers in Porous Organic Polymers,Beijing, China,18-24 September, 2016
  • Structural Diversity and Functional Exploration of Covalent Organic Frameworks,Donglin Jiang,The 5th International Conference on Metal-Organic Frameworks & Open Framework Compounds,Long Beach, USA,11-15 September, 2016

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • 高分子学会,正会員,1998-
  • アメリカ化学会,正会員,1998-
  • 日本化学会,正会員,1994-

◇国際会議主催状況

  • Frontiers of Organic Porous Materials: Structures, Properties and Applications, Pacifichem 2015,Donglin JIANG,15-20 December, 2015,Convention Center, Honolulu, USA
  • The 9th Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures,北陸先端科学技術大学院大学・教授・江 東林,23-26 Feb, 2016,岡崎コンファレンスセンター

◇審議会等への参画状況

  • Europe Metal-Organic Frameworks (EuroMOFs),Board of International Scientific Committee of EuroMOF,5 year
  • 日本学術振興会,審査委員,2016年ー2017年

■賞等

  • 学長賞,北陸先端科学技術大学院大学

■共同研究等希望テーマ

  • Proton conduction materials for fuel cells
  • Structural Simulations on Covalent Organic Frameworks