北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building IV 4F
TEL:0761-51-1580
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

山本 裕子 (ヤマモト ユウコ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

■学位

青山学院大学学士(理学)(2001), 青山学院大学修士(理学)(2003), 関西学院大学博士(工学)(2011)

■職歴

リンテック株式会社技術総括本部研究所研究員(2003), 日本学術振興会特別研究員(DC2)(関西学院大学)(2009), 産業技術総合研究所四国センター特別研究員(2011), 日本学術振興会特別研究員(RPD)(香川大学)(2014), ドイツフリードヒ・シラー大学客員研究員(2016)

■研究業績

◇著書

  • 高分子ナノテクノロジーハンドブック -最新ポリマーABC 技術を中心として-(担当:分担執筆, 範囲:第4編第3章第4節: SERS,TERS の原理とTERS のポリマー測定への応用),山本裕子、伊藤民武、鈴木利明、尾崎幸洋,株式会社エヌ・ティー・エス,2014/03,pp. 710-714
  • プラズモン増強分光法の新展開-強い電磁増強場で見えてきたフェルミ黄金律の破綻 (担当:共著, 範囲:月刊「化学」),山本裕子、伊藤民武、尾崎幸洋,化学同人,2015/03
  • Near-field interaction between single molecule and an electromagnetic field at "hotspot" generated by plasmon resonance,Tamitake Itoh, Yuko Tamamoto,Frontiers of Plasmon Enhanced Spectroscopy, ACS Books, ACS Publications, Washington, US.,Chapter2, pp23-37

◇発表論文

  • Active Tuning of Strong Coupling States between Dye Excitons and Localized Surface Plasmons via Electrochemical Potential Control,Yuko S. Yamamoto,ACS Photonics,5,3,788-796,2018年1月
  • Why and how do the shapes of surface-enhanced Raman scattering spectra change? Recent progress from mechanistic studies,Yuko S. Yamamoto, Tamitake Itoh,JOURNAL OF RAMAN SPECTROSCOPY2016年1月,47,78-88,2016/01
  • Single-Molecule Surface-Enhanced Raman Scatteting Spectrum of Non-Resonant Aromatic Amine Showing Raman Forbidden Bands,Yuko Yamamoto, Yuya Kayano, Yukihiro Ozaki, Zhenglomg Zhang, Tomomi Kozu, Tamitake Itoh, and Shunsuke Nakanishi,arXiv,1610.0827

全件表示

◇講演発表

  • SERS, as a Probe for Plasmonic Chemistry,AnalytiX-2015,2015/04/25
  • 表面増強ラマン散乱法を用いたニトロベンゼンチオール-アミノベンゼンチオールプラズモニック光化学反応の追跡,山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介,日本化学会第95春季年会,2015/03/28
  • 表面増強ラマン散乱法を用いたプラズモニック光化学反応の追跡,山本 裕子,茅野 優也,伊藤 民武、中西 俊介,2015年春季第62回応用物理学会学術講演会,2015/03/11

全件表示

■学外活動

◇その他の国際・国内貢献等

  • 2016年春季第63回応用物理学会学術講,講演,2016/03/20 - 2016/03/20
  • 2013年日本化学会中国四国支部大会
  • 関西学院大学男女共同参画推進支援室主催「女性研究者育成支援 中学生向け実験授業」

■賞等

  • 山本裕子, 「貴金属量子結晶の実用例:三百垓分の一を検出する生理活性分子分析用 SERS バイオチップの開発」, シルバー賞,田中貴金属グループ「貴金属に関わる研究助成金」,2012
  • Yuko S. Yamamoto, Yuji Matsuura, Yukihiro Ozaki, Hidetoshi Sato, "Subsurface Sensing of Biomedical Tissues Using a Miniaturized Raman Probe: Study of Thin-Layered Model Samples", AWARD OF EXCELLENCE(Poster Session Award),TOIN International Symposium on Biomedical Engineering 2008,2008
  • 山本裕子, 大嶋佑介, 新澤英之, 盛田伸一, 尾崎幸洋, 佐藤英俊, 「生体組織診断用極細径ラマンプロ―ブの高度化:ラマンデプスプロファイル解析技術の研究」, 優秀論文発表賞,(社)レーザー学会学術講演会第28回年次大会,2008

全件表示