北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
マテリアル研究棟MS Building IV 7F
TEL:0761-51-1512
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携本部

 

 

宮田 全展 (ミヤタ マサノブ) 助教
マテリアルサイエンス系、環境・エネルギー領域

■学位

電気通信大学学士(工学)(2013)北陸先端科学技術大学院大学修士(マテリアルサイエンス)(2015)北陸先端科学技術大学院大学博士(マテリアルサイエンス)(2017)

■専門分野

固体物性,熱電材料と熱電変換技術,第一原理電子状態計算

■研究テーマのキーワード

物理, 実験, 固体物性, 熱電変換, 第一原理計算

■研究業績

◇発表論文

  • Thermoelectric properties of high power factor sulfide NiSbS and Co substitution system Ni1-xCoxSbS,M. Miyata, T. Ozaki, S. Nishino and M. Koyano,Japanese Journal of Applied Physics,56,2,021801,2017
  • High-Throughput Screening of Sulfide Thermoelectric Materials Using Electron Transport Calculations with OpenMX and BoltzTraP,Masanobu Miyata, Taisuke Ozaki, Tsunehiro Takeuchi, Shunsuke Nishino, Manabu Inukai, and Mikio Koyano,Journal of ELECTRONIC MATERIALS,2017/12/21
  • Sustainable thermoelectric materials fabricated by using Cu2Sn1-xZnxS3 nanoparticles as building blocks,Wei Zhou, Chiko Shijimaya, Mari Takahashi, Masanobu Miyata, Derrick Mott, Mikio Koyano, Michihiro Ohta, Takeo Akatsuka, Hironobu Ono, and Shinya Maenosono,Appl. Phys. Lett.,111,263105,2017

全件表示

◇講演発表

  • 実験と第一原理計算を活用した新奇硫化物熱電材料の創製とスクリーニング,宮田 全展,日本熱電学会 第22回研究会「硫化物系熱電変換材料研究の最新動向」,東京,東京工業大学,2017
  • Contactless temperature measurement of atomic-layered MoS2 single crystal supported on silicon substrate,Mikio Koyano, Wataru Asai, Pham Xuan Thi, and Masanobu Miyata,The 37th Annual International and 16th European Conference on thermoelectrics (Cane France, 1-5July2018) [Poster 2, P. 74].
  • Experimental and theoretical investigation of thermoelectric properties of sulfides with OpenMX and BoltzTraP,Masanobu Miyata, Taisuke Ozaki, and Mikio Koyano,The 3rd OpenMX developer's meeting(2018年8月9日,東京大学物性研究所 柏の葉キャンパス)

全件表示

■賞等

  • 日本熱電学会優秀ポスター賞,日本熱電学会,2016