北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 系別一覧表> 研究者紹介

研究者紹介

研究室
ナノマテリアルテクノロジーセンターCenter for Nano Materials and Technology 2F
TEL:0761-51-1460
 

Japanese

リポジトリ公開資料

共同研究等のお問い合わせは, 産学官連携総合推進センター

 

 

ZHANG, Xiaobin (ジャン シャオビン) 助教
マテリアルサイエンス系

■学位

Bachelor of Engineering(Zhengzhou University)(2005), Master of Engineering(National University of Defense Technology)(2007), 埼玉工業大学博士(工学)(2012)

■職歴

独立行政法人物資・材料研究機構ポスドク研究員(2013), 東京工業大学量子ナノエレクトロニクス研究センター産学官連携研究員(2015), 北陸先端科学技術大学院大学研究員(2017)

■専門分野

透過型電子顕微鏡、ナノ材料、2次元材料

■研究テーマのキーワード

高分解能TEM観察、グラフェン、電気伝導計測

■研究業績

◇発表論文

  • Template Conversion of Covalent Organic Frameworksinto 2D Conducting Nanocarbons for Catalyzing OxygenReduction Reaction,Qing Xu, Yanping Tang, Xiaobin Zhang, Yoshifumi Oshima, Qiuhong Chen and Donglin Jiang,Advanced Materials,1706330,2018/3/5
  • Interaction study of nitrogen ion beam with silicon,M. E. Schmidt, X. Zhang, Y. Oshima, L. T. Anh, A. Yasaka, T. Kanzaki, M. Muruganathan, M. Akabori, T. Shimoda and H. Mizuta,Journal of Vacuum Science & Technology B,35,03D101,2017/02
  • Three-dimensional characterization of Guinier–Preston zones in an Al–Cu alloy using depth-sectioning technique,T. Hamaoka, C. Y. Jao, X. Zhang, Y. Oshima and M. Takeguchi,Microscopy,66,78−88,2016/12/7

全件表示

◇講演発表

  • Nanofabrication of graphene by Electron Beam Irradiation,X. Zhang, M. Muruganathan, S. Iwashita, M. E. Schmidt, H. Mizuta and Y. Oshima,2017年中国電子顕微鏡学会,成都,2017.10.17-10.22
  • アトミックカーボンチェン形成過程のその場TEM観察,張暁賓,岩下晋也,Marek E. Schmidt, Manoharan Muruganathan, 水田博, 大島義文,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017.3.14-3.17
  • カーボンチェン形成過程のその場TEM観察,張暁賓, 岩下晋也, Marek E. Schmidt, Manoharan Muruganathan, 水田博, 大島義文,第36回表面科学学術講演会,名古屋国際会議場,2016.11.29-12.1

全件表示

■学外活動

◇所属学会

  • 日本表面科学会,正会員,2016-
  • 応用物理学会,一般会員,2015-
  • 日本顕微鏡学会,正会員,2011-