北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

長尾 祐樹 (ナガオ ユウキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

227件中181-200件目

  • 181. 側鎖にスルホン基を有する芳香族ポリイミドの組織構造とプロトン伝導性,岩附紘子, 原光生, 永野修作, 野呂優喜, Karthik Krishnan, 長尾祐樹, 関隆広,2013年 日本液晶学会討論会 2013/9/8
  • 182. Highly Proton Conduction in Hydrated Hierarchical Polypeptide Thin Films,Y. Nagao, J. Matsui, M. Hara, H. Iwatsuki, S. Nagano, H. Hiramatsu, T. Miyashita, N. Sata,2013 JSAP-MRS Joint Symposia 2013/9/20
  • 183. ポリアスパラギン酸の2次構造を利用したプロトン輸送,長尾祐樹, 松井淳, 平松弘嗣, 宮下徳治,第62回高分子学会年次大会,2013/5/30
  • 184. Proton Conduction Enhancement in Hierarchical Polypeptides,Y. Nagao, T. Kubo, J. Matsui, M. Hara, M. Gemmei-Ide, S. Nagano, H. Hiramatsu, T. Ozaki, T. Miyashita, N. Sata,19th Conference on Solid State Ionics, 2013/6/6
  • 185. Crystallizatoin Process of Barium and Strontium Zirconates by Pulsed Laser Deposition,N. Sata, Y. Fujiwara, Y. Shibata, Y. Nagao, F. Iguchi, H. Yugami, K. Nomura, H. Kageyama,19th Conference on Solid State Ionics, 2013/6/6
  • 186. Anomalous Proton Transport Property in Nafion thin films,Y. Nagao,9th International Symposium on Electrochemical Impedance Spectroscopy, 2013/6/20
  • 187. Proton Transport Property of Polyimide Thin Films on Quartz Substrate,K. Krishnan, Y. Nagao,NIMS Conference 2013, 2013/7/2
  • 188. 高プロトン伝導ポリイミド膜の加湿下組織構造,長尾祐樹, 永野修作, Karthik Krishnan, 原光生,名古屋大学ナノテクノロジープラットフォーム 第1回合同シンポジウム 2014, 2, 20
  • 189. ナノプロトニクス燃料電池の創成,長尾祐樹,FIRST国際シンポジウム「『科学技術が拓く2030年』へのシナリオ」 2014, 3, 1
  • 190. スルホン化ポリイミド膜の加湿下の分子組織構造と高プロトン伝導性,長尾祐樹, 永野修作, Karthik Krishnan, 原光生,分子・物質合成プラットフォーム 平成25年度シンポジウム 2014, 3, 11
  • 191. スルホン化ポリイミド膜の加湿下の分子組織構造と高プロトン伝導性,Karthik Krishnan, 永野修作, 原光生, 長尾祐樹,分子・物質合成プラットフォーム 平成25年度シンポジウム 2014, 3, 11
  • 192. Proton Transport in oriented thin films,Y. Nagao, J. Matsui, H. Hiramatsu, H. Iwatsuki, M. Hara, S. Nagano,4th Molecular Materials Meeting @ Singapore 2014 2014, 1, 14-16
  • 193. スルホン化ポリイミド薄膜の構造とプロトン輸送特性の相関,野呂優喜, 岩附紘子, 原光生, 永野修作, 長尾祐樹,日本化学会第94春季年会(2014) 2014, 3, 27-30
  • 194. 交互吸着法により形成したCo(II)ポルフィリン燃料電池触媒の酸素還元活性評価,大山隆宏, 長尾祐樹,日本化学会第94春季年会(2014) 2014, 3, 27-30
  • 195. Layer-by-Layer fabrication of surface covalent nanostructure with porphyrin derivatives and 1,4-phenylene diisocyanate,Banjongsak Lamlua, Takahiro Ohyama, Yuki Nagao,日本化学会第94春季年会(2014) 2014, 3, 27-30
  • 196. プロトン伝導性を有する新規ポリイミドの合成と評価,大野一樹, 小林大謹, 長尾祐樹,日本化学会第94春季年会(2014) 2014, 3, 27-30
  • 197. 赤外p-MAIRSによるNafion−白金界面構造の評価,小野祐太朗, 大山隆宏, 長尾祐樹,日本化学会第94春季年会(2014) 2014, 3, 27-30
  • 198. プロトン伝導性ポリマーをチャネルとした FET の作製と評価,小林大謹, 増島弘顕, 早水裕平, 長尾祐樹,日本化学会第94春季年会(2014) 2014, 3, 27-30
  • 199. ナノプロトニクス現象を利用した化学素子化燃料電池の開発,長尾祐樹,さきがけ「ナノシステムと機能創発」第3期生 研究成果報告会 2013, 12, 20
  • 200. プロトン化率の異なるポリアスパラギン酸におけるプロトン輸送特性変化,久保隆広, 長尾祐樹,平成25年度北陸地区講演会と研究発表会 2013, 11, 22

≪ 前へ ]  6  7  8  9  10  11  12 次へ ≫ ]