北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

島原 秀登 (シマハラ ヒデト) 助教
マテリアルサイエンス系

107件中21-40件目

  • 21. Theoretical study of H/D isotope-induced chemical shift in ethylene and benzene derivatives,K. Sugimori, H. Kawabe, and H. Shimahara,The 52nd Sanibel Symposium,America,2012.02.19-24
  • 22. 溶液NMR法を用いた炭酸脱水酵素の亜鉛結合水のpKaの決定―H/D交換によるHis-溶媒接触の可能性―,島原秀登、杉森公一、Koyimatu Muhamad、吉田卓也、長尾秀実、中澤隆、大久保忠恭、小林祐次,第12回蛋白質科学会年会,名古屋,2012.06.20-22
  • 23. 選択的なCO2捕捉を可能とするバイオミメティクス―炭酸脱水酵素の機能を利用・模倣して―,島原秀登,第三回 国際自動車素材・加工展,東京,2012.03.14-16
  • 24. エチレンおよびベンゼン誘導体のH/D同位体化学シフトに関する理論的研究,杉森公一, 川辺弘之, 島原秀登,第6回分子科学討論会,東京,2012.09.18-21
  • 25. 核磁気共鳴(NMR)法に基づくヒスチジン残基の互変異性/水素結合解析手法と量子化学的(QM)手法を用いた炭酸脱水酵素高機能変異体の触媒機構の解析,島原秀登、杉森公一、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次,日本分子生物学会第11回春季シンポジウム,金沢,2011.05.25-26
  • 26. 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発―炭酸脱水酵素による貝殻形成機構の解明と新しいCCSアプローチ(CO2固定化)の実現―,島原秀登,産学意見交換会,千葉,2011.04.21
  • 27. 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発―炭酸脱水酵素による貝殻形成機構の解明と新しいCCSアプローチ(CO2固定化)の実現―,島原秀登,産学意見交換会,富山,2011.04.11
  • 28. 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発,島原秀登,ベンチャービジネスラボラトリーテクニカルレビュー,石川,2011.02.02
  • 29. NMR・QM法を用いた炭酸脱水酵素の高活性変異体における触媒機構の解析,島原秀登、杉森公一、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次,第7回 日本炭酸脱水酵素研究会学術集会,東京,2011.09.17
  • 30. The Mutation in the Hydrogen Bond Relay between the Glu---His Effects on the Tautomerism of His and on the Behavior of H2O, Incresing the Kinetic Rate of Carbonic Anhydrase -QM and NMR Analysis-,Hideto Shimahara,Kimikazu Sugimori,Takuya Yoshida,Hidemi Nagao,Takashi Nakazawa,Tadayasu Ohkubo,Yuji Kobayashi,第34回日本分子生物学会年会,横浜,2011.12.13-16
  • 31. ベンゼン誘導体の同位体化学シフトに関する理論的研究,杉森 公一,川辺 弘之,島原 秀登,第5回分子科学討論会,札幌,2011.09.20-23
  • 32. Theoretical study of isotope-induced additivity of chemical shift in benzene,Kimikazu Sugimori, Hiroyuki Kawabe, and Hideto Shimahara,XVIth International Workshop on Quantum Systems in Chemistry and Physics,Kanazawa,2011.09.11-17
  • 33. 炭酸脱水酵素の触媒反応におけるプロトントランスファの量子化学的解析のためのモデル−互変異性が変化する状態にあるHis64のスウィング運動の関与について,島原秀登,杉森公一,吉田卓也,長尾秀実,中沢隆,大久保忠恭,小林祐次,第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同年会,神戸,2010.12.07-10
  • 34. 量子化学的手法を用いた炭酸脱水酵素の触媒反応におけるプロトントランスファのメカニズムの解析,島原秀登,杉森公一,吉田卓也,長尾秀実,中沢隆,大久保忠恭,小林祐次,第6回日本炭酸脱水酵素研究会学術集会,東京,2010/09/12
  • 35. Theoretical investigation of primary and secondary H/D isotope chemical shift,K. Sugimori, H. Kawabe, H.Shimahara,The 51st Sanibel Symposium,Georgia, USA,2011.02.25-03.01
  • 36. 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発,島原秀登,ベンチャービジネスラボラトリーテクニカルレビュー,石川,2010.01.25
  • 37. 炭酸脱水酵素を用いた二酸化炭素分離回収技術,島原秀登,産学意見交換会,石川,2009.04 
  • 38. 酵素のプロトントランスファに関わる酸塩基触媒ヒスチジン残基の互変異性,島原秀登,杉森公一,吉田卓也,水上卓,中沢隆,長尾秀実,大久保忠恭,小林祐次,第9回日本蛋白質科学会年会,熊本,2009.05.20-22
  • 39. Proton-Transfer Mechanism in Catalysis by Carbonic Anhydrase---Tautomerism of Histidine 64---,Hideto Shimahara, Kimikazu Sugimori, Takuya Yoshida, Hidemi Nagao, Takashi Nakazawa, Tadayasu Ohkubo, Yuji Kobayashi.,8th International Conference on the Carbonic Anhydrase,Folorence, Italy,2009.09.16-19
  • 40. Tautomerism of histidine 64 associated with proton transfer in catalysis of Carbonic Anhydrase,Hideto Shimahara, Takuya Yoshida, Kimiichi Sugimori, Ayumu Sugiyama, Taku Mizukami, Hidemi Nagao, Takashi Nakazawa, Tadayasu Ohkubo, Yuji Kobayashi,Experimental Biology 2008,San Diego, America,2008.04.05-09

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6 次へ ≫ ]