北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

大木 進野 (オオキ シンヤ) 教授
マテリアルサイエンス系、生命機能工学領域

49件中21-40件目

  • 21. Protein sample preparation with plant cells; expression and labeling,S.Ohki, M.Takeuchi, A.Tamai, and M.Mori,24th ICMRBS,Cairns, Australia,2010年8月22〜27日
  • 22. 植物培養細胞と誘導可能なウイルスベクターを利用したタンパク質試料の調製,竹内誠,玉井淳史,森正之,大木進野,第48回NMR討論会,福岡,2009年11月10〜12日
  • 23. MYPT1のC末端側フラグメントの構造と機能,大木進野,森俊輔,岩岡諒,松澤史子,江藤真澄,日本生物物理学会,徳島,2009年10月30日〜11月1日
  • 24. 新規多糖類サクランのNMR構造解析,立山誠治,市川正史,岡島麻衣子,金子達雄,大木進野,第49回NMR討論会,東京,2010/11/15-17
  • 25. 気孔密度を正に制御するストマジェンの構造解析,竹内誠,菅野茂夫,嶋田知生,西村いくこ,森正之,大木進野,第49回NMR討論会,東京,2010/11/15-17
  • 26. カルモジュリンのC末端残基の構造と機能における役割,黄多率,北川千尋,中冨晶子,大木進野,第49回NMR討論会,東京,2010/11/15-17
  • 27. 難易度の高いタンパク質試料の調製方法と標識技術の開発,大木進野,Bio Japan 2009,横浜,2009年10月7〜9日
  • 28. MYPT1によるPP1の機能調節機構の解明を目指して,大木進野,日本蛋白質科学会年会,札幌,2010年6月16〜18日
  • 29. 新規な手法で調製したタンパク質試料の品質評価,森正之,竹内誠,大木進野,第8回ナノテクシンポジウム,奈良,2010年3月19日
  • 30. 難易度の高いタンパク質試料の調製と標識技術の開発,大木進野,JST 先端計測分析技術・機器開発事業 5周年記念シンポジウム(技術説明会),東京 日本未来科学館,2009年12月8〜9日
  • 31. CaMによるmGluR7の活性化機構,五十棲規嘉,中冨晶子,矢沢道生,大木進野,日本生化学会,神戸,2009年10月22-24日
  • 32. Effect of Parallel Processing and Optimization Techniques in Molecular Dynamics,K.Satou, K.Konno, O.Ohta, K.Mikami, K.Teranishi, Y.Yamada, and S.Ohki,The WSEAS International Conference on BIOMEDICAL ELECTRONICS and BIOMEDICAL INFORMATICS (BEBI'08),Greece,20-22 August 2008
  • 33. Stable-Isotope labeling using plant cells and Inducible-virus vector,S.Ohki, K.Dohi, A.Tamai, M.Takeuchi, and M.Mori,23rd ICMRBS,San Diego, USA,2008年8月24-29日
  • 34. 植物培養細胞と誘導可能なウィルスベクターを利用したタンパク質試料の調製,竹内誠,玉井淳史,土肥浩二,森正之,大木進野,第47回NMR討論会,つくば,2008年11月12-14日
  • 35. タンパク質試料調製技術の開発と評価,大木進野,第6回ナノテクシンポジウム(京都・先端ナノテク総合支援ネットワーク主催),金沢,2009年3月13日
  • 36. NMRの研究室で出来ること,大木進野,基生研セミナー「リン酸化シグナルの統合的理解を目指して」,岡崎,2008年4月18-19日
  • 37. ウイルスベクターと植物細胞を用いた試料調製法,大木進野,土肥浩二,森正之,第46回NMR討論会, 札幌,2007年9月
  • 38. タンパク質NMRデータの解析と立体構造解析,大木進野,高分子学会NMR研究会,東京(東工大),2007年5月18日
  • 39. 大動脈平滑筋CPI-17の構造と機能,大木進野,大阪大学蛋白質研究所セミナー「疾病関連の構造生物学」,大阪,2006年3月
  • 40. Phosphorylation-Triggered Molecular Switching Revealed by NMR study of a PP1 Inhibitory Protein, CPI-17,S.Ohki,International Symposium on Regulation of Protein Function through Post-translational Modifications: New Technologies and Application to Biomedical Systems,Sapporo,March/2006

≪ 前へ ]  1  2  3 次へ ≫ ]