北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

宮地 充子 (ミヤジ アツコ) 教授
情報科学系、セキュリティ・ネットワーク領域

64件中21-40件目

  • 21. 汚染攻撃に耐性を持つXORネットワーク符号化の比較・評価,伊澤 和也, 宮地 充子, 面 和成,Computer Security Symposium, CSS2011-2B4-4,2011年10月
  • 22. ``Various techniques on Efficient and Secure Elliptic Curve Scalar Multiplication",Atsuko Miyaji,The 14th International Conference on Information Security and Cryptology (ICISC 2011),Seoul, South Korea,2011/12/1
  • 23. (解説)``情報セキュリティの標準化動向について 〜ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2010年4月マラッカ会議報告〜",宮地 充子, 近澤 武, 竜田 敏男, 大熊 建司, 渡辺 創,情報セキュリティ研究会(ISEC),弘前大学,2010/7/1-2
  • 24. 「安全・安心かつ便利な情報社会を実現する情報セキュリティー技術」,宮地 充子,第4回関西安全・安心を支える科学技術推進会議シンポジウム,大阪科学技術センター,2010/6/16
  • 25. IT Keys:IT リスク軽減のための情報セキュリティ技術者・管理者育成,猪俣 敦夫,松浦 知史,門林 雄基,藤川 和利,歌代 和正,山口 英,砂原 秀樹,東野 輝夫,中野 博隆,岡村 真吾,浜辺 崇,岡部 寿男,上原 哲太郎,大平 健司,篠田 陽一,宮地 充子,面 和成,Computer Security Symposium. CSS2010-2D2-3,2010年10月
  • 26. マルチフェーズワイヤレスセンサネットワークにおける効率的かつセキュアな鍵共有方式,飯田 達朗, 宮地 充子, 面 和成,Computer Security Symposium. CSS2010-1D2-3,2010年10月
  • 27. 時限式プロキシ再暗号化方式とその応用,江村恵太, 宮地充子, 面 和成,IEICE Japan Tech. Rep., ICSS2010-48,2010年11月
  • 28. 削除機能付き匿名検証者指定署名とその応用,江村恵太, 宮地充子, 面 和成,IEICE Japan Tech. Rep., ICSS2010-47,2010年11月
  • 29. (解説)``情報セキュリティの標準化動向について 〜ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2009年5月北京会議報告〜",宮地充子, 近澤武, 竜田敏男, 大熊建司,情報セキュリティ研究会(ISEC),東京(機会振興会館),2009/9/25
  • 30. (パネルディスカッション)「セキュリティとディペンダビリティ」,宮地 充子,情報処理学会創立50周年記念 (第72回)全国大会,東京大学 本郷キャンパス,2010/3/9-11
  • 31. (招待講演)「ユビキタス社会の情報セキュリティについて-安全・安心な情報基盤を保証する情報セキュリティ-」,宮地 充子,石川県企業産業交流研究会OB会,石川県工業試験場,2009/6/10
  • 32. (パネルディスカッション)「公開鍵暗号技術の最新動向について」,宮地 充子,CRYPTREC シンポジウム,品川 コクヨホール,2010/3/2-3
  • 33. ``Elliptic Curve Cryptosystem for the Privacy Protection:Theory and International Standardization",Atsuko Miyaji,UK-JAPAN Symposium on ``Privacy and Security in the Information Society",英国大使館,2008/11/11-12
  • 34. ``The recent tendency of research and standardization ofelliptic curve cryptosystems",A. Miyaji,The 4th Franco-Japanese Computer Security Workshop,慶應義塾大学,2008/12/6
  • 35. 「ISO における暗号標準化動向」,宮地 充子,第5回 ISS スクエア水平ワークショップ,情報セキュリティ大学院大学,2008/12/19
  • 36. 「情報セキュリティに関する国際標準化」,宮地 充子,東京大学大学院情報理工学系研究科,東京大学大学院,2008/11
  • 37. (解説)``情報セキュリティの標準化動向について 〜ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2008年4月京都会議報告〜",宮地充子, 近澤 武, 竜田敏男, 渡辺 創, 大熊建司,情報セキュリティ研究会(ISEC),福岡システムLSI総合開発センター,2008/7/24
  • 38. (特別講義)「公開鍵暗号技術の活用事例」,宮地 充子,海上自衛隊,幹部に対する通信保全に関する課程教育,2008/3
  • 39. 第4回 ダイバーシティ・サポート・オフィス(DSO) セミナー「研究、あなたはロールモデルをイメージできますか? (part 2)」,宮地 充子,産業技術総合研究所「女性研究者グローバルエンカレッジング」事業,産業技術総合研究所 つくばセンター,2008/2
  • 40. 「楕円曲線を用いた暗号の最近の研究動向」,宮地 充子,「魅力ある大学院教育」イニシアティブ,女性先端科学セミナー,奈良女子大学,2007/10/29

≪ 前へ ]  1  2  3  4 次へ ≫ ]