北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

大坂 一生 (オオサカ イッセイ) 講師
ナノマテリアルテクノロジーセンター

62件中21-40件目

  • 21. エレクトロスプレーイオン化法における化合物の物性とイオン収量の関係の評価,大坂一生,日本分析化学会 高分子分析研究懇談会 第375回例会,ゆうぽうと,2014年12月10日
  • 22. 生体試料のイメージング質量分析における前処理法の開発,濱田聡志, 大坂一生, 小澤智之, 黒田雄介, 荒川隆一,分子・物質合成プラットフォーム 平成26年度シンポジウム,名古屋大学, 愛知県名古屋市,2015年3月5日-6日
  • 23. 表面支援レーザー脱離イオン化法による生体組織のイメージング質量分析,大坂一生,Mutching HUB Kanazawa 2015, 分科会, 分析・シュミレーション,石川県立音楽堂 ANAクラウンプラザホテル, 石川県金沢市,2015年2月23日
  • 24. 質量分析装置を用いた支援事例,大坂一生,分子・物質合成プラットフォーム 平成25年度シンポジウム,つくば国際会議場. つくば. 茨城県,2014. 3. 10-11
  • 25. 質量分析を用いた支援の成果事例,大坂一生,平成25年度セミナー7 「i-BIRDマッチングセミナー」,ホテル日航金沢. 金沢市. 石川県,2014. 2. 26.
  • 26. 材料の構造解析のためのMSの基礎と実習,大坂一生,ナノテクノロジープラットフォーム事業公開講座,北陸先端科学技術大学院大学、能美市、石川県、,2013. 12. 11
  • 27. Two dimensional mapping integrating two chromatogramsobtained with LC- MS for proteomics analysis,I. Osaka, Y. Ueno, H. Kawasaki, R. Arakawa,30th International Symposium on Chromatography (ISC2014),Salzburg,2014. 9. 12-18
  • 28. 分離条件の異なる二つのLC-MSクロマトグラムを統合した2次元マッピング法の応用,大坂一生, 上野裕美子, 川崎英也, 荒川隆一,第62回質量分析総合討論会,ホテル阪急エキスポパーク, 大阪府吹田市,2014年5月14-16日,2P-22
  • 29. Influence of basicity and hydrophobicity of amino acid residues on the positive- and negative-ion yields of peptides in ESI-MS, 日本質量分析学会 第三回若手春季シンポジウム 2013; (June 20, 2013 Osaka, Japan),,I. Osaka
  • 30. 異なる分離条件の2つのLC-MSクロマトグラムを用いた2次元マッピング. リン酸化タンパク質消化物の解析,上野裕美子 ・、大坂一生 ・、川崎英也 、 荒川隆一,第61回質量分析総合討論会,つくば国際会議場,2013/9/10-2013/9/12
  • 31. ESIにおけるペプチドの電荷状態分布に対する溶媒組成の影響,大坂一生、高山光男,第61回質量分析総合討論会 茨城県つくば市,つくば国際会議場 つくばエポカル,2013年9月10-12日,3C-O4-1625
  • 32. Influence of arginine, lysine, phenylalanine residues and phosphorylation on the positive- and negative-ion yields of peptides in ESI-MS,Issey Osaka, Mitsuo Takayama,HUPO 12th Annual world congress (Pacifico Yokohama),Yokohama, Japan,2013/9/14-18,POS-03-239
  • 33. More and Less Susceptible Amino Acid Residues to In-source Decay of Protein and Peptide in Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Mass Spectrometry, 19th International Mass Spectrometry Conference 2012; PTu-092,M. Takayama, I. Osaka, M. Sakakura, R. Iimuro,
  • 34. Pseudo two-dimensional chromatograms of ginsenosides in Panax ginseng root and callus,,I. Osaka, H. Hisatomi, Y. Ueno, S. Taira, H. Kawasaki, R. Arakawa,,60th ASMS (the American Society for Mass Spectrometry) Conference on mass spectrometry,Vancouver Convention Centre, Vancouver, Canada,20-24 May, 2012, ThP24 Poster 533
  • 35. Mass spectrometric analysis of ginsenosides in Panax ginseng root and callus using pseudo two-dimensional liquid chromatogram, 19th International Mass Spectrometry Conference 2012; PWe-140,Y. Ueno, I. Osaka, H. Hisatomi, S. Taira, H. Kawasaki, R. Arakawa,
  • 36. Optimization of ESI method for the LC-MS analysis of phosphorylated peptide,I. Osaka, M. Takayama,,19th International Mass Spectrometry Conference, Kyoto International Conference Center(Kyoto),15-21 September, 2012, PWe-044
  • 37. Characterization of Ca2+-binding Calmodulin Complexes with Peptides using LC-FTMS,,I. Osaka, H. Fujimori, A. Nakatomi, S. Ohki, H. Kawasaki, R. Arakawa,,59th ASMS (the American Society for Mass Spectrometry) Conference on mass spectrometry,Colorado Convention Centre (Denver),5-9 June, 2011, M618
  • 38. Separation and Detection of Ca2+-binding calmodulin complexes, I. Osaka, H. Fujimori, N. Isozumi, M. Takeuchi, D. Hwang, S. Ohki, H. Kawasaki,  R. Arakawa,with   peptide using LC-FTMS, IUPAC International Congress on Analytical Sciences(ICAS) 2011; 24P110
  • 39. ESI-FTICRMSによるレセルピン光反応物の精密質量分析, 日本分析化学会第59年会 2010; P3010,大坂一生, 野崎和吉, 藤森弘章, 川崎英也, 荒川隆一,
  • 40.  TiO2ナノ粒子を用いた表面支援レーザー脱離イオン化質量分析によるプラスチック中の酸化防止剤の定量分析, 第58回質量分析総合討論会 兼 第1回アジア・オセアニア質量分析会議 2010; 16P-073,大坂一生, 奥村晃司, 三宅直毅, 渡辺健宏, 野崎和吉, 川崎英也, 荒川隆一,

≪ 前へ ]  1  2  3  4 次へ ≫ ]