北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

島原 秀登 (シマハラ ヒデト) 助教
マテリアルサイエンス系

107件中41-60件目

  • 41. 酵素金属結合水は水素結合相互作用によってヒスチジン残基の互変異性を支配する―亜鉛含有炭酸脱水酵素の水架橋で起こる"切断"と"再構成"によるプロトントランスファ,島原秀登、杉森公一、杉山歩、水上卓、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次,第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同年会,神戸,2008.12.09-12
  • 42. 特別講演「炭酸脱水酵素の触媒機構」,島原秀登,第四回炭酸脱水酵素研究会学術集会,東京,2008.09.20
  • 43. QM・NMR法による炭酸脱水酵素の機能に重要なHis残基の挙動解析と触媒機構解明,島原秀登、杉森公一、杉山歩、水上卓、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次,日本生物物理学会第46回年会,福岡,2008.12.03-05
  • 44. Free Energy Calculation of Spaghetti-like Nanoclusters by Using the Energetic Representation,Purqon Acep,西川圭吾,山本哲徳,水上 卓,島原秀登,長尾秀実,西川 清,第45回日本生物物理学会,横浜,2007.12.21-23
  • 45. 自由エネルギー計算によるAzurin(I)-Cytochrome c551(III)複合体のドッキング構造安定性に関する研究,西川佳吾,山本哲徳,杉山 歩,Acep Purqon,水上 卓,島原秀登,長尾秀実,西川 清,,第45回日本生物物理学会,横浜,2007.12.21-23
  • 46. Theoretical Study of Free Energy in Docking Stability of Azurin(II)-Cytochrome c551(II) Complex System,,Yamamoto T, Nishikawa K, Sugiyama A, Purqon A, Mizukami T, Shimahara H, Nagao H, Nishikawa K,,The 5th International Workshop on Complex Systems,,Sendai,2007.09.25-28
  • 47. Free Energy Calculation of Docking Structure of Azurin(I)-Cyto- chrome c551(III) Complex Systems by using the Energetic Representation,Nishikawa K, Yamamoto T, Sugiyama A, Purqon A, Mizukami T, Shimahara H, Nagao H, Nishikawa K,The 5th International Workshop on Complex Systems,Sendai,2007.09.25-28
  • 48. MSを用いたヌクレオソームにおけるヒストンH2A-H2B二量体交換速度測定,野田勝紀、農大輔 島原秀登、楯真一、内山進、松永幸大、福井希一,第7回日本タンパク質学会年会,仙台,2007
  • 49. 自由エネルギー計算によるAzurin(I)-Cytochrome c551(III)複合体のドッキング構造安定性に関する研究,西川佳吾,山本哲徳,杉山歩,Acep Purqon,水上卓,島原秀登,長尾秀実,西川清,第45回日本生物物理学会,横浜,2007.12.21-23
  • 50. Free Energy Calculation of Spaghetti-like Nanoclusters by Using the Energetic Representation,Purqon Acep, 西川圭吾, 山本哲徳, 水上卓, 島原秀登, 長尾秀実, 西川清,第45回日本生物物理学会,横浜,2007.12.21-23
  • 51. 炭酸脱水酵素IIの触媒機構−His64の互変異性とプロトントランスファ機能の相関−,島原秀登、吉田卓也、水上卓、中沢隆、長尾秀実、大久保忠恭、小林祐次,第3回日本炭酸脱水酵素研究学術集会 学術奨励賞受賞,東京,2007.09.22
  • 52. NMR Approach to His-64 Involved in Proton-Transfer Mechanism in Catalysis of Carbonic Anhydrase,Shimahara, H., Yoshida, T., Nakazawa, T., Ohkubo, T., & Kobayashi, Y.,12th European Conference on the Spectroscopy of Biological Molecules,Paris, France,2007.09.01-06
  • 53. ヒトヒストンシャペロンhNAP-1のin vitro, in vivoにおける機能解析,野田勝紀,内山進,西義則,島原秀登,Carol V.Robinson,小林祐次,福井希一,第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,横浜,2007.12.11-15
  • 54. Carbonic Anhydraseの反応機構−His64の互変異性とプロトントランスファ機能の相関−,島原秀登,吉田卓也,水上卓,中沢隆,長尾秀実,大久保忠恭,小林祐次,第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会,横浜,2007.12.11-15
  • 55. 分子生物学的シミュレーションによるアズリン−シトクロムc551複合体のドッキング構造に関する研究,西川佳吾,山本哲徳,杉山歩,Acep Purqon,水上卓,島原秀登,長尾秀実,西川清,第21回分子シミュレーション討論会,金沢,2007.1126-28
  • 56. ヒト組替えタンパク質を用いたクロマチン再構築,野田勝紀、島原秀登、楯真一、岩崎憲治、鷹岡昭夫、内山進、松永幸大、福井希一,第57回染色体学会 ,千葉,2006.11
  • 57. カルモデュリンとアルミニウムイオンの相互作用,大木 進野,栗田 裕之,中富 晶子,島原 秀登,矢沢 道生,日本生物物理学会,2005.10
  • 58. ヌクレオソームにパッケージされたDNAのDnmt3aとDnmt3b1によるメチル化,竹島秀幸,末武 勲,島原秀登,楯 真一,田嶋正二,第27回日本分子生物学会年会,神戸,2004.12
  • 59. ヒト組換えタンパク質を用いたクロマチンの再構築,野田 勝紀, 島原 秀登, 楯 真一, 岩崎 憲治, 鷹岡 昭夫, 内山 進, 松永 幸大, 福井 希一,第27回日本分子生物学会,神戸,2004.12
  • 60. 非修飾ヒストンから再構成したヌクレオソームに対するDnmt3aとDnmt3bのDNAメチル化活性,竹島秀幸,末武勲,島原秀登,楯真一,田嶋正二,第26回日本分子生物学会年会,神戸,2003.12.10-13

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6 次へ ≫ ]