北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

大木 進野 (オオキ シンヤ) 教授
マテリアルサイエンス系、生命機能工学領域

49件中41-49件目

  • 41. NMRによる超好熱菌Pyrrolidone carboxyl peptidaseのリフォールディング中間体に関する研究,竹内誠,水口峰之,河野隆英,大木進野,油谷克英,森佳洋,篠田裕之,河野敬一,第43回日本生物物理学会,札幌,2005/11/23-25
  • 42. Structural basis of protein phosphatase-1 inhibitor, CPI-17,S.Ohki, M.Eto, K.Yokota & F.Matsuzawa,ICMRBS 21,ハイデラバード・インド,2005年1月
  • 43. カルモデュリンとアルミニウムイオンの相互作用,大木進野,栗田裕之,中富晶子,島原秀登,矢沢道生,第43回日本生物物理学会,札幌,2005/11/23-25
  • 44. 筋制御タンパク質トロポニンとアクチンの結合の構造基盤,村上健次,湯本史明,大木進野,安永卓生,田之倉優,若林健之,第43回日本生物物理学会,札幌,2005/11/23-25
  • 45. Structural Study of Biomolecules as Use for Nano-Materials,S.Ohki,ICCE-11,South Carolina,8-14,Aug,2004
  • 46. トロポニンのアクチン結合の構造的基盤,村上健二,湯本史明,大木進野,安永卓生,田之倉優,若林健之,第42回日本生物物理学会,京都国際会館(京都),2004年12月13-15日
  • 47. ミオシンホスファターゼを阻害するタンパク質CPI-17の構造基盤,大木進野,江藤真澄,横田恭宣,松澤史子,第42回日本生物物理学会,京都,2004年12月13-15日
  • 48. Structure Determination of a Protein Containing an Unusual Amino Acid: Application to CPI-17,S.Ohki,M.Eto,K.Yokota & F.Matsuzawa,NT2004,石川ハイテクセンター(石川),9-10,Sep.2004
  • 49. CPI-17の溶液NMR構造,大木進野,江藤真澄,高田零,清水真人,D.L.Brautigan,甲斐荘正恒,日本プロテインホスファターゼ研究会第1回学術集会,北海道大学(札幌),2003年7月28-29日

≪ 前へ ]  1  2  3