北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

島原 秀登 (シマハラ ヒデト) 助教
マテリアルサイエンス系

107件中61-80件目

  • 61. 非修飾ヒストンから再構成したヌクレオソームに対するDnmt3aとDnmt3bのDNAメチル化活性,竹島秀幸,末武勲,島原秀登,楯真一,田嶋正二,第26回日本分子生物学会年会,神戸,2003.12.10-13
  • 62. 分光学的手法を用いたヌクレオソーム高次構造変換過程の解析Structural changes of the nucleosome induced by binding of chromatin architectural proteins,島原秀登,材料科学研究科セミナー-バイオ領域のフロントランナー,石川,2002.11
  • 63. ヒストン蛋白質とヌクレオソーム構造変換因子の相互作用解析,島原秀登、大屋孔一、松田俊、平野孝明、Seeram, Sailaja、楯 真一,日本生化学会北陸支部,金沢,2002.05
  • 64. 非ヒストン蛋白質HMG-2のNMRによる立体構造解析とDNA構造制御機構解析,仲谷幸司、上林円、栗田順一、島原秀登、甲斐荘正恒、吉田充輝、楯 真一,日本生化学会北陸支部,金沢,2002.05
  • 65. 高分子量蛋白質を対象とした残余双極子効果観測技術の開発,楯真一、村瀬八重子、三井崇裕、島原秀登,第41回NMR討論会,東京,2002.11
  • 66. 組み換えヒストン再構成ヌクレオソームを用いたHMG14蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析,松田 俊,平野孝明,大屋孔一,栗田順一,Seeram S.Sailaja,島原秀登,楯 真一,日本分子生物学会,横浜,2001.12
  • 67. HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析,栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一,日本蛋白質科学会,吹田,2001.06
  • 68. HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析,栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一,日本生物物理学会,吹田,2001.09
  • 69. NMRスペクトル解析支援ツールの開発,辰本将司、佐藤賢二、栗田順一、島原秀登、楯 真一,日本生物物理学会,吹田,2001.09
  • 70. 組み換えヒストン再構成ヌクレオソームを用いたHMG14蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析,松田俊、平野孝明、大屋孔一、Seeram S. Sailaja、島原秀登、楯 真一,日本生化学会,京都,2001.10
  • 71. 溶液中蛋白質の15N化学シフト異方性観測とその応用,楯 真一、栗田順一、島原秀登,NMR討論会,京都,2001.11
  • 72. HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析,栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一,NMR討論会,京都,2001.11
  • 73. NMRスペクトル解析支援ツールの開発,辰本将司、佐藤賢二、栗田順一、島原秀登、楯 真一,NMR討論会,京都,2001.11
  • 74. 組み換えヒストンによる再構成ヌクレオソームを用いたクロマチン・リモデリング因子HMG-14とヌクレオソームの相互作用解析,島原 秀登、松田 俊、平野 孝明、楯 真一,日本分子生物学会,横浜,2001.12
  • 75. C型肝炎ウイルス由来のNS5Aタンパク質の構造と機能解析,秋月 修,島原 秀登,大久保 忠恭,小林 祐次,日本生物物理学会,仙台,2000.09
  • 76. NMRによる異方的スピン間相互作用観測と生物情報学的部分構造探索を利用した新しい蛋白質立体構造予測法の開発,栗田 順一,佐藤 賢二,天谷 哲康,島原 秀登,楯 真一,日本生物物理学会,仙台,2000.09
  • 77. マジック角試料回転NMRを利用した溶液中蛋白質の残余双極子効果および化学シフト異方性効果の観測,天谷 哲康,島原 秀登,栗田 順一,楯 真一,日本生物物理学会,仙台,2000.09
  • 78. NMRによるリボソーム再生因子の構造解析,吉田卓也、内山進、中野博明、樫森啓真、木島広如、大嶋民子、松原 正、岡伸一郎、島原秀登、祭原ゆかり、石野哲也、吉田稔夫、横瀬一輝、大久保忠恭、小林祐次,第39回NMR討論会,東京,2000.11.8-10
  • 79. 溶液マジック角試料回転を利用した溶液中蛋白質のCSA・残余双極子効果の定量的観測,楯 真一、栗田順一、天谷哲康、島原秀登,第39回NMR討論会,東京,2000.11.8-10
  • 80. Efficient protein structure determination by NMR based on residual dipolar couplings and local structure search in the protein structure database,S.Tate,K.Sato,T.Amaya,J.Kurita,and H.Shimahara,International Conference on Structural Genomics 2000,Yokohama,2000.11

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6 次へ ≫ ]