北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

島原 秀登 (シマハラ ヒデト) 助教
マテリアルサイエンス系

107件中61-80件目

  • 61. Development of Support Tool for NMR Spectrum Analysis,Shouji Tatsumoto,Kenji Satou,Akihiko Konagaya,Jun'ichi Kurita,Hideto Shimahara,Shin-ichi Tate,International Conference on Mathematics and Engineering Techniques in Medicine and Biological Sciences,Las Vegas,USA,2003.06.23-26
  • 62. 分光学的手法を用いたヌクレオソーム高次構造変換過程の解析Structural changes of the nucleosome induced by binding of chromatin architectural proteins,島原秀登,材料科学研究科セミナー-バイオ領域のフロントランナー,石川,2002.11
  • 63. 高分子量蛋白質を対象とした残余双極子効果観測技術の開発,楯真一、村瀬八重子、三井崇裕、島原秀登,第41回NMR討論会,東京,2002.11
  • 64. 非ヒストン蛋白質HMG-2のNMRによる立体構造解析とDNA構造制御機構解析,仲谷幸司、上林円、栗田順一、島原秀登、甲斐荘正恒、吉田充輝、楯 真一,日本生化学会北陸支部,金沢,2002.05
  • 65. ヒストン蛋白質とヌクレオソーム構造変換因子の相互作用解析,島原秀登、大屋孔一、松田俊、平野孝明、Seeram, Sailaja、楯 真一,日本生化学会北陸支部,金沢,2002.05
  • 66. 組み換えヒストン再構成ヌクレオソームを用いたHMG14蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析,松田俊、平野孝明、大屋孔一、Seeram S. Sailaja、島原秀登、楯 真一,日本生化学会,京都,2001.10
  • 67. 溶液中蛋白質の15N化学シフト異方性観測とその応用,楯 真一、栗田順一、島原秀登,NMR討論会,京都,2001.11
  • 68. HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析,栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一,日本生物物理学会,吹田,2001.09
  • 69. HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析,栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一,日本蛋白質科学会,吹田,2001.06
  • 70. 組み換えヒストンによる再構成ヌクレオソームを用いたクロマチン・リモデリング因子HMG-14とヌクレオソームの相互作用解析,島原 秀登、松田 俊、平野 孝明、楯 真一,日本分子生物学会,横浜,2001.12
  • 71. NMRスペクトル解析支援ツールの開発,辰本将司、佐藤賢二、栗田順一、島原秀登、楯 真一,NMR討論会,京都,2001.11
  • 72. HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析,栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一,NMR討論会,京都,2001.11
  • 73. NMRスペクトル解析支援ツールの開発,辰本将司、佐藤賢二、栗田順一、島原秀登、楯 真一,日本生物物理学会,吹田,2001.09
  • 74. 組み換えヒストン再構成ヌクレオソームを用いたHMG14蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析,松田 俊,平野孝明,大屋孔一,栗田順一,Seeram S.Sailaja,島原秀登,楯 真一,日本分子生物学会,横浜,2001.12
  • 75. Efficient protein structure determination by NMR based on residual dipolar couplings and local structure search in the protein structure database,S.Tate,K.Sato,T.Amaya,J.Kurita,and H.Shimahara,International Conference on Structural Genomics 2000,Yokohama,2000.11
  • 76. The magic angle sample rotation to observe anisotropic 15N chemical shifts of protein in a dilute liquid crystalline phase,S.Tate,J.Kurita,T.Amaya,and H.Shimahara,,Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conference,Florida,USA,2000.03
  • 77. 組み換えヒストンを用いたヌクレオソーム再構成系の構築とHMG14/17蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析,島原秀登,Seeram S.Sailaja,大屋孔一,楯 真一,日本生化学会,横浜,2000.10
  • 78. NMR analysis of Histone-HMG14 interactions,Seeram S.Sailaja,島原秀登,大屋孔一,楯 真一,日本分子生物学会,神戸,2000.12
  • 79. 組み換えヒストンを用いたヌクレオソーム再構成系の構築とHMG14/17蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析,島原秀登,Seeram S.Sailaja,大屋孔一,楯 真一,日本分子生物学会,神戸,2000.12
  • 80. NMRスペクトル解析支援ツールの開発,辰本将司,佐藤賢二,栗田順一,島原秀登,楯 真一,第39回NMR討論会,東京,2000.11

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6 次へ ≫ ]