北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

長尾 祐樹 (ナガオ ユウキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

227件中61-80件目

  • 61. 高プロトン伝導性高分子薄膜,Y. Nagao,第30回秋季シンポジウム - 日本セラミックス協会 2017, 9, 19-21
  • 62. スルホン化ポリイミド薄膜における側鎖構造のプロトン伝導性への影響,小野祐太朗, 後藤崚介, 原光生, 永野修作, 安部隆, 長尾祐樹,第66回高分子討論会 2017, 9, 20-22
  • 63. ラメラ構造を有するスルホン化ポリイミド薄膜のプロトン伝導性,長尾祐樹, Karthik Krishnan, 小野祐太朗, 後藤崚介, 原光生, 永野修作, 安部隆,第66回高分子討論会 2017, 9, 20-22
  • 64. 加湿アニール法を用いた両親媒性高分子の高配向ラメラ構造膜とその異方イオン伝導,江端一輝, 後藤崚介, 長尾祐樹, 山本俊介, 三ツ石方也, 永野修作, 松井淳,第66回高分子討論会 2017, 9, 20-22
  • 65. Polymer Interface and Proton Conduction,Y. Nagao,JSPS191 meeting 2017, 9, 29
  • 66. Interfacial Molecular Structure and Proton Transport Characteristics of Polymer Thin Films for Fuel Cells,Y. Nagao,SCIX2017 2017, 10, 8-13
  • 67. Synthesis of Multilayer Organic Thin Film with Variable Densities by Layer-by-Layer (LbL) Deposition Technique,M. A. Rashed, M. Hara, S. Nagano, Y. Nagao,251st American Chemical Society National Meeting & Exposition 2016, 3, 13-17
  • 68. 水が誘起するpoly(N-dodecyl acrylamide)の均一ラメラ構造形成,橋本侑宜, 佐藤琢磨, 永野修作, 長尾祐樹, 山本俊介, 三ツ石方也, 松井淳,第65回高分子学会年次大会 2016, 5, 25-27
  • 69. P3HT/PCBM 積層型太陽電池の素子特性に及ぼすチオフェン環の配向角度の影響,伊東嶺, 小野祐太朗, 酒井平祐, 長尾祐樹, 村田英幸,第63回応用物理学会春季学術講演会 2016, 3, 19-22
  • 70. Poly(N-alkylacrylamide)の水環境下における一軸配向ラメ ラ構造形成に対するアルキル側鎖依存性,江端一輝, 橋本侑宜, 佐藤琢磨, 永野修作, 長尾祐樹, 山本俊介, 三ツ石方也, 松井淳,第65回高分子学会年次大会 2016, 5, 25-27
  • 71. Y. Nagao,赤外MAIRSを用いた燃料電池材料の研究,第5回分光イノベーション研究会 2016, 5, 26-27
  • 72. アルキルスルホン化ポリイミド主鎖一軸配向膜のライオトロピック液晶構造解析,後藤崚介, 原光生, 長尾祐樹, 永野修作,平成28年度繊維学会年次大会 2016, 6, 8-10
  • 73. Y. Nagao,Proton transport property in organized polyimide thin films,The 8th International Conference On Technological Advances Of Thin Films and Surface Coatings 2016, 7, 12-15
  • 74. Multilayer Thin Film of Porphyrin Coordination Networks by Surface-Induced Assembly (SIA) approach,S. Laokroekkiat, M. Hara, S. Nagano, Y. Nagao,錯体化学会第66回討論会 2016, 9, 10-12
  • 75. 組織構造を利用した高プロトン伝導性ポリイミド薄膜,Y. Ono, R. Goto, M. Hara, S. Nagano, T. Abe, Y. Nagao,第65回高分子討論会 2016, 9, 14-16
  • 76. アゾベンゼンメソゲンとスルホ基を側鎖に持つランダム共重合体のスメクチック相とラメラ構造,後藤崚介, 原光生, 小野祐太朗, 長尾祐樹, 永野修作, 関隆広,第65回高分子討論会 2016, 9, 14-16
  • 77. poly(N-alkylacrylamide)が水中で形成するラメラ構造の解析とイオニクス材料への展開,江端一輝, 後藤崚介, 永野修作, 長尾祐樹, 山本俊介, 三ツ石方也, 松井淳,第65回高分子討論会 2016, 9, 14-16
  • 78. 加湿アニールによるpoly(N-dodecyl acrylamide)のラメラ構造化機構,橋本侑宜, 後藤崚介, 長尾祐樹, 山本俊介, 三ツ石方也, 永野修作, 松井淳,第65回高分子討論会 2016, 9, 14-16
  • 79. 赤外多角入射分解分光法(MAIRS)による燃料電池用プロトン交換膜の構造同定,小野祐太朗, 長尾祐樹,FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム2015(大阪) 2015, 5, 19
  • 80. 赤外多角入射分解分光法(MAIRS)による燃料電池用プロトン交換膜の構造同定,小野祐太朗, 長尾祐樹,FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム2015(東京) 2015, 5, 21

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫ ]