北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

島原 秀登 (シマハラ ヒデト) 助教
マテリアルサイエンス系

107件中81-100件目

  • 81. C型肝炎ウイルス由来のNS5Aタンパク質の構造と機能解析,秋月 修,島原秀登,大久保忠恭,小林祐次,,日本分子生物学会,神戸,2000.12
  • 82. C型肝炎ウイルスに対しての防御応答に関与するタンパク質PKRの精製,秋月 修,島原秀登,大久保忠恭,小林祐次,第120回日本薬学会年会,2000.03
  • 83. 好熱菌由来チトクロームc‐552及び常温菌由来チトクロームc‐551の熱安定性に関する研究,谷本祐子,内山進,森口浩志,島原秀登,三本木至宏,第120回日本薬学会年会,2000.03
  • 84. Circular Dichroism Studies of Recombinant Histone Proteins,Kouichi Ohya,Shun Matsuda,Sailaja S.Seeram,Hideto Shimahara,and Shin-ichi Tate,JAIST symposium,Ishikawa,2000
  • 85. 溶液マジック角試料回転を利用した溶液中蛋白質のCSA・残余双極子効果の定量的観測,楯 真一、栗田順一、天谷哲康、島原秀登,第39回NMR討論会,東京,2000.11.8-10
  • 86. NMRによるリボソーム再生因子の構造解析,吉田卓也、内山進、中野博明、樫森啓真、木島広如、大嶋民子、松原 正、岡伸一郎、島原秀登、祭原ゆかり、石野哲也、吉田稔夫、横瀬一輝、大久保忠恭、小林祐次,第39回NMR討論会,東京,2000.11.8-10
  • 87. マジック角試料回転NMRを利用した溶液中蛋白質の残余双極子効果および化学シフト異方性効果の観測,天谷 哲康,島原 秀登,栗田 順一,楯 真一,日本生物物理学会,仙台,2000.09
  • 88. NMRによる異方的スピン間相互作用観測と生物情報学的部分構造探索を利用した新しい蛋白質立体構造予測法の開発,栗田 順一,佐藤 賢二,天谷 哲康,島原 秀登,楯 真一,日本生物物理学会,仙台,2000.09
  • 89. C型肝炎ウイルス由来のNS5Aタンパク質の構造と機能解析,秋月 修,島原 秀登,大久保 忠恭,小林 祐次,日本生物物理学会,仙台,2000.09
  • 90. ユビキチンC末端ヒドロラーゼの触媒機能発現に関わるヒスチジン残基のNMR解析,島原秀登 小林祐次,日本応用酵素協会,大阪,1999.11
  • 91. ユビキチンを用いた大腸菌融合タンパク質発現系の構築,小谷定治,島原秀登,中野博明,西川宗,柴田靖崇,小林祐次 ,日本生化学会,横浜,1999.10
  • 92. NMR法を用いた酵母由来Ubiquitin C-terminal hydrolaseにおけるHis残基の挙動解析,西川宗, 柴田靖崇, 島原秀登, 吉田卓也, 小林祐次,第119回日本薬学会,1999.03
  • 93. トリプトファンの変異による3-メチルアデニンDNAグリコシラーゼII(AlkA)の酵素機能の変化−立体的類似構造を持つ酵素を基にした分子機能の設計−,中野博明, 片平裕子, 島原秀登, 山縣ゆり子, 小林祐次, 藤井敏, 真田正幸, 関口睦史, 中別府雄作,,第10回日本蛋白工学会, 第49回タンパク質構造討論会合同会,1998.09
  • 94. 3-メチルアデニンDNAグリコシラーゼ(AlkA)の機能発現に関する立体構造基盤,中野博明、片平祐子、島原秀登、小林祐次、藤井敏、真田正幸、中別府雄作、関口睦夫、山縣ゆり子,DNA Repair, Recombination and Mutagenesis '99ワークショップ,1999.02
  • 95. 炭酸脱水酵素の活性発現に果たすヒスチジン残基の役割のNMRによる解析−酵素の活性部位に多く存在するHis残基の機能解明にむけて,島原秀登,小林祐次,第24回日本応用酵素協会研究発表会,大阪,1998.11
  • 96. カルデスモン-カルモジュリン相互作用解析,柴田靖崇, 内山進, 小林薫, 吉田恭子, 小笠原貴志, 小林祐次, 島原秀登, 京極好正,,第118回日本薬学会,1998.04
  • 97. 骨形成因子I型レセプター細胞外ドメインの発現および精製,八田知久, 夏目徹, 島原秀登, 山田朗, 京極好正, 上野直人, 山崎俊正, 小林祐次,,第9回日本蛋白工学会,1997.05
  • 98. NMR法を用いたユビキチンC末端ヒドロラーゼにおけるヒスチジンの挙動解析,島原秀登,平成9年度後期蛋白質研究所研究報告会,大阪,1997.12
  • 99. ウシ脳由来カルモジュリン(CaM)のcDNA解析,柴田靖崇, 小林祐次, 島原秀登, 京極好正,第117回日本薬学会,1997.03
  • 100. 安定同位体標識とNMRによって解析したHis残基のtautomerism −炭酸脱水酵素His64の機能解明にむけて−,島原秀登, 吉田卓也, 清水真人, 京極好正, 崎山文夫, 加藤武司, 森山穂積, 岸田健一, 田野保雄, 小林祐次,第47回タンパク質構造討論会,大阪,1996.10

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6 次へ ≫ ]