北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

鵜木 祐史 (ウノキ マサシ) 教授
情報科学系、ヒューマンライフデザイン領域

291件中121-140件目

  • 121. 日本語音声の子音知覚は振幅包絡の変調成分の制御により変化するのか?,西野恭生,宮内良太,鵜木祐史,日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2014-110, pp. 63-68,那覇市IT創造館,2014/02/09
  • 122. Study on speech watermarking based on formant enhancement,Shengbei Wang and Masashi Unoki,電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-98, pp. 57-62,東北大学・電気通信研究所,2014/01/28
  • 123. 背景雑音を考慮した音声伝送指標のブラインド推定法の検討,宮崎昇和,森田翔太,鵜木祐史,電子情報通信学会技術報告,Vol. EA2013-88, pp. 1-6,金沢大学サテライト,2013/12/13
  • 124. 変調スペクトルに着目したモノラル音源方向推定法の検討,安藤将,森川大輔,鵜木祐史,第28回信号処理シンポジウム, pp. 188-193,Kaikyo Messe Shimonoseki,2013/11/21
  • 125. 変調伝達関数に基づく雑音残響に頑健な音声区間検出法の検討,森田翔太,鵜木祐史,ルーシュガン,赤木正人,第28回信号処理シンポジウム, pp. 614-619,Kaikyo Messe Shimonoseki,2013/11/21
  • 126. 音韻修復現象に着目した半開示音声スクランブル法の検討,山本克彦,朱治,鵜木祐史,青木直史,電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-78, pp. 59-64,県立広島大学サテライトキャンパスひろしま,2013/11/15
  • 127. 音声の各周波数帯域の振幅包絡に含まれる言語情報,西野恭生,宮内良太,鵜木祐史,日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2013-94, pp. 547-552,神戸セミナーハウス,2013/10/10
  • 128. 査読を受ける心がまえと編集委員の心がまえ,西村明,鵜木祐史,日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2013-105, pp. 611-616,神戸セミナーハウス,2013/10/11
  • 129. Study on Method for Estimating F0 of Steady Complex Tone in Noisy Reverberant Environments,Kenichiro Miwa and Masashi Unoki,9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,Beijing, China,2013/10/17
  • 130. Watermarking method for speech signals based on modifications to LSFs,Shengbei Wang and Masashi Unoki,9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,Beijing, China,2013/10/17
  • 131. 経験的モード分解と変調スペクトルを用いた音声区間検出と雑音除去の同時処理,金井康昭,森田翔太,鵜木祐史,電子情報通信学会技術報告,EA2013-25, pp. 145-150,岡山大学,2013/05/17
  • 132. Study on digital watermarking for speech signal based on LSFs modification,Shengbei Wang and Masashi Unoki,電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-7, pp. 37-42,高知城ホール,2013/05/24
  • 133. Study on Speech Watermarking Based on Modifications to LSFs for Tampering Detection,Shengbei Wang and Masashi Unoki,電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-34, pp. 233-238,札幌コンベンションセンター,2013/07/18
  • 134. 残響音声からの音声伝達指標のブラインド推定法の検討,鵜木祐史,佐々木恭平,宮内良太,赤木正人,電子情報通信学会技術報告,Vol. EA2013-44, pp. 63-68,北海道医療大学,2013/07/19
  • 135. 音韻修復現象に着目した音声半開示スクランブル法の検討,山本克彦,朱治,鵜木祐史,青木直史.,平成25 年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-18,金沢大学,2013/09/21
  • 136. Improvements to Creativity in Singing Abilities Based on Perspective of Studies on Interaction between Speech Production and Auditory Perception,Masashi Unoki and Kazushi Nishimoto,KICSS 2012,Melbourne, Australia,2012/11/
  • 137. 音響信号に対する情報ハイディング技術の評価基準,西村 明,荻原 昭夫,鵜木 祐史,近藤 和弘,薗田 光太郎,岩村 惠市,立花 隆輝,Proc. SCIS 2012 (The 29th Symposium on Cryptography and Information Security),Kanazawa,2012/02
  • 138. 振幅変調成分の動きの知覚と検出に関する研究,矢野雄大,宮内良太,鵜木祐史,赤木正人,日本音響学会聴覚研究会資料,2012-H-11, Vol. 42, No. 1, pp. 59-64,沖縄,2012/02
  • 139. 音響信号に対する情報ハイディングの評価基準,西村 明,荻原 昭夫,鵜木 祐史,近藤 和弘,薗田 光太郎,岩村 惠市,立花 隆輝,日本音響学会2012年度春季研究発表会講演論文,3-1-24, pp. 811-814,神奈川大学,2012/03
  • 140. 音信号の振幅変調成分の違いが音の聴き取りやすさに与える影響,矢野雄大,宮内良太,鵜木祐史,赤木正人,日本音響学会2012年度春季研究発表会講演論文,2-8-8, pp. 1511-1514,神奈川大学,2012/03

≪ 前へ ]  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 次へ ≫ ]