北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

長尾 祐樹 (ナガオ ユウキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

195件中121-140件目

  • 121. Layer-by-Layer (LBL) assembled multilayer organic nano-structure at ambient condition,M. A. Rashed, S. Laokroekkiat, M. Hara, S. Nagano, Y. Nagao,JAIST Japan-India Symposium on Materials Science 2015 (JISMS 2015) 2015, 3, 2-3
  • 122. The correlation of the interfacial structure and proton transport properties of Nafion thin film at the Pt interface,Y. Ono, Y. Nagao,JAIST Japan-India Symposium on Materials Science 2015 (JISMS 2015) 2015, 3, 2-3
  • 123. アルキルスルホン化ポリイミド薄膜のライオトロピック液晶性により誘起された規則構造とプロトン伝導性の相関,後藤崚介, 原光生, 長尾祐樹, 永野修作,2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会 2015, 3, 11-14
  • 124. Proton Conductivity Enhancement in Organized Polyimide Thin Films,Y. Nagao, K. Krishnan, M. Hara, S. Nagano,ISPlasma2015 / IC-PLANTS2015 2015, 3, 29
  • 125. 異なる基板上に成膜したNafion薄膜の界面構造とプロトン輸送特性の評価,小野祐太朗, 長尾祐樹,日本化学会第95春季年会(2015) 2015, 3, 26-29
  • 126. 組織構造を有する新規スルホン化ポリイミドのプロトン輸送特性,大野一樹, 後藤崚介, 原光生, 永野修作, 長尾祐樹,日本化学会第95春季年会(2015) 2015, 3, 29
  • 127. Fabrication and Evaluation of Nafion Ultra-thin Film by Inkjet Printing,Y. Guo, Y. Nagao,日本化学会第95春季年会(2015) 2015, 3, 27
  • 128. アルキルスルホン化ポリイミドにおけるライオトロピック液晶性により誘起された規則構造とプロトン伝導性の相関関係,後藤崚介, 原光生, 長尾祐樹, 永野修作,日本化学会第95春季年会(2015) 2015, 3, 27-30
  • 129. Nafion-白金界面構造とプロトン輸送の評価,小野祐太朗, 長尾祐樹,第4回CSJ化学フェスタ2014 2014, 10, 16
  • 130. 組織構造を有する新規スルホン化ポリイミド薄膜のプロトン輸送特性,大野一樹, 大野慶太, 後藤崚介, 原光生, 永野修作, 長尾祐樹,第4回CSJ化学フェスタ2014 2014, 10, 16
  • 131. スルホン化ポリイミド薄膜における組織構造とプロトン輸送,長尾祐樹, Karthik Krishnan, 野呂優喜, 大野一樹, 水野佑, 原光生, 永野修作,第40回固体イオニクス討論会 2014, 11, 16-18
  • 132. Nafion-白金界面構造とプロトン輸送の評価,小野祐太朗, 長尾祐樹,第40回固体イオニクス討論会 2014, 11, 16-18
  • 133. Nafion-白金界面構造とプロトン輸送の評価,小野祐太朗, 長尾祐樹,平成26年度北陸地区講演会と研究発表会 2014, 11, 21
  • 134. Fabrication and Evaluation of Nafion Thin Film by Inkjet Printing,Yanglu Guo, Yuki Nagao,平成26年度北陸地区講演会と研究発表会 2014, 11, 21
  • 135. Metalloporphyrin based multilayer molecular assembly using layer-by-layer technique,Salinthip Laokroekkiat, Tomoyuki Ihara, Takahiro Ohyama, Banjongsak Lamlua, Yuki Nagao,平成26年度北陸地区講演会と研究発表会 2014, 11, 21
  • 136. A novel synthetic approach of Surface attached nano-architecture at ambient condition,Md. Abu Rashed , Salinthip Laokroekkiat, Mitsuo Hara, Shusaku Nagano, Yuki Nagao,平成26年度北陸地区講演会と研究発表会 2014, 11, 21
  • 137. 組織構造を有する新規スルホン化ポリイミド薄膜のプロトン輸送特性,大野一樹, 大野慶太, 後藤崚介, 原光生, 永野修作, 長尾祐樹,平成26年度北陸地区講演会と研究発表会 2014, 11, 21
  • 138. FETによるプロトン輸送と空間電荷密度の制御,小林大謹, 増島弘顕, 早水裕平, 長尾祐樹,平成26年度北陸地区講演会と研究発表会 2014, 11, 21
  • 139. 高プロトン伝導ポリイミド膜の加湿下組織構造,長尾祐樹, 永野修作, Karthik Krishnan, 原光生,名古屋大学ナノテクノロジープラットフォーム 第1回合同シンポジウム 2014, 2, 20
  • 140. ナノプロトニクス燃料電池の創成,長尾祐樹,FIRST国際シンポジウム「『科学技術が拓く2030年』へのシナリオ」 2014, 3, 1

≪ 前へ ]  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫ ]