北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

小矢野 幹夫 (コヤノ ミキオ) 教授
融合科学系、マテリアルサイエンス系、環境・エネルギー領域

33件中1-20件目

  • 1. Development of Printing Thermoelectric Module and Quest of New Thermoelectric Materials for Energy and Environmental,Mikio Koyano,JSAP-KPS K-J Joint Symposium (2017年10月26日,韓国 慶州市コンベンションセンター)[ [E] Pioneer: Energy harvesting tech.].
  • 2. マクロに見た熱電材 ミクロに見る熱電変換,小矢野 幹夫,宮田 全展,Pham Xuan Thi,第77回応用物理学会秋季学術講演会(2016年9月16日,朱鷺メッセ,新潟コンベンションセンター),[分科企画シンポジウム (9.4熱電変換,16.2エネルギーハベスティング,合同 Mフォノンエジニアリグ「熱電変換の現在と未来:ZTはどこまで上がるのか?」].
  • 3. Thermal conductivity in quasi-one-dimensional transition-metal trichalcogenides,Mikio Koyano, Hayato Kamei, and Shunsuke Nishino,The 3rdd International Conference on Thermoelectrics, (July 6-14, 2014, NASHVILLE, TN, USA),NASHVILLE, TN, USA
  • 4. Ink-Jet Printed Thermoelectric Module,Mikio Koyano, Yojiro Maeda, Koichiro Suekuni, Go Nakamoto, Hideo Iwasaki, Tatsuya Shimoda, Tetsushi Tanaka, Katsushi Fukuda, Hirokuni Hachiuma, Seijiro Sano, Makio Kurisu,The 32nd International Conference on Thermoelectrics,Kobe, JAPAN,July 4, 2013
  • 5. 硫化鉱物テトラへドライトCu12Sb4S13の構造・電子物性,末國晃一郎,西堀英治,真木祥千子,尾崎泰助,小矢野幹夫,日本物理学会 2013年秋季大会,徳島大学 常三島キャンパス,2013年9月25−28日
  • 6. P-type Amorphous Oxide Semiconductors Ln-Ru-O from Solution Processing,Jinwang Li, Eisuke Tokumitsu, Mikio Koyano, and Tatsuya Shimoda,2011 Fall meeting, Materials Research Society,Boston, USA,Nov.28-Dec.2, 2011
  • 7. スピネル化合物CuyFe4Sn12Se32の電子輸送現象,末國晃一郎,鶴田光次郎,有賀智紀,小矢野幹夫,日本物理学会第67回年次大会,関西学院大学,2012年3月24-27日
  • 8. 硫化鉱物テトラへドライトCu12-xNixSb4S13の低い熱伝導率と高い熱電性能,末國晃一郎,鶴田光次郎,國井勝,西当弘隆,太田道広,山本淳,小矢野幹夫,第九回日本熱電学会学術講演会(TSJ2012),東京工業大学,2012年8月27-28日
  • 9. Thermoelectric Properties of mineral tetrahedrites,K. Suekuni, K. Tsuruta, T. Ariga, and M. Koyano,31th International Conference on Thermoelectrics, Arlboag, Denmark,2012年7月9-12日
  • 10. Thermoelectric properties of mineral tetrahedrites,K. Suekuni, K. Tsuruta, T. Ariga and M. Koyano,31st International Conference on Thermoelectrics, ICT/ECT Joint Conference 2012,Aalborg, Denmark,July 9-12, 2012
  • 11. インクジェット技術を用いたマイクロ熱電モジュールの開発,小矢野幹夫,第4回マイクロ・ナノ工学シンポジウム[マイクロ・ナノと熱電変換],北九州国際会議場・西日本総合展示場(北九州市),2012年10月22-24日
  • 12. カルコゲナイドスピネルCuyFe4Sn12X32 (X = S, Se)の可変領域ホッピング伝導と低熱伝導率,末國晃一郎,鶴田光次郎,有賀智紀,小矢野幹夫,2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会,神奈川工科大学,2011年3月24-27日
  • 13. Thermoelectric Properties of Selenospinel Cu8-xFe4Sn12Se32,K. Suekuni, M. Kunii, H. Nishiate, M. Ohta, A. Yamamoto, and M. Koyano,30th International Conference on Thermoelectrics, Traverse City, Michigan, USA(July 17-21, 2011)
  • 14. Single crystal growth of Bi-Sb-Te thermoelectric materials by halide chemical vapor transport technique,M. Koyano, J. Tanaka, K. Suekuni and T. Ariga,30th International Conference on Thermoelectrics, Traverse City, Michigan, USA(July 17-21, 2011)
  • 15. スピネル化合物Cuy(Fe1-xCox)4Sn12Se32の可変領域ホッピングと熱電物性,末國晃一郎,鶴田光次郎,有賀智紀,小矢野幹夫,日本物理学会 2011年秋季大会,富山大学,2011年9月21-24日
  • 16. Thermoelectric properties of selenospinel Cu8-xFe4Sn12Se32,K. Suekuni, M. Kunii, H. Nishiate, M. Ohta, A. Yamamoto and M. Koyano,30th International Conference on Thermoelectrics (ICT2011),Traverse city, Michigan, USA,,2011年7月17-21日
  • 17. 可変領域ホッピング伝導体CuyFe4Sn12Se32の熱電物性,末國晃一郎,鶴田光次郎,有賀智紀,國井勝,太田道広,山本淳,小矢野幹夫,第八回日本熱電学会学術講演会,北海道大学,2011年8月8-9日
  • 18. スピネル化合物Cuy(Fe1-xCox)4Sn12Se32の可変領域ホッピング伝導と熱電物性,末國晃一郎, 鶴田光次郎, 有賀智紀, 小矢野幹夫,日本物理学会2011年 秋季大会(富山大学,2011年9月21日(水) - 24日)[領域8(強相関系分野ー高温超伝導、強相関f電子系など)].
  • 19. Measurement of Local Peltier Constant at a Micro Contact,M. Koyano, and N. Akashi,International Conference on Thermoelectrics 2008, (3 - 7 Augst 2008, Corvallis, Oregon) [G.b.5, 6 Augst 2008]
  • 20. ナノコンタクト型熱電物性測定装置の作製 III,明石直也, 小矢野幹夫,2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会(日本大学理工学部 船橋キャンパス,3月29日),[29p-P13-3, 9.4 熱電変換]

 1  2 次へ ≫ ]