北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

富取 正彦 (トミトリ マサヒコ) 教授
マテリアルサイエンス系、応用物理学領域

221件中1-20件目

  • 1. 非接触AFMによるジュール熱散逸測定から評価したGe/Si(111)-(7×7)表面の表面抵抗,藏大輝、富取正彦、新井豊子,弟78回応用物理学会秋季学術講演会,愛知県、名古屋市、名古屋国際会議場,2018/9/18−21
  • 2. FM-AFMを利用した金ナノ接点の電気伝導と力学特性の相関解析,見寺悠伽、村上拓、橋本遼太、石塚慧介、大島義文、富取正彦、新井豊子,弟78回応用物理学会秋季学術講演会,愛知県、名古屋市、名古屋国際会議場,2018/9/18−21
  • 3. 局所応力印加下での表面液相エピタキシャル成長で形成した表面突起構造の断面構造解析,西村高志、富取正彦,弟78回応用物理学会秋季学術講演会,愛知県、名古屋市、名古屋国際会議場,2018/9/18−21
  • 4. Surface resistivity change detected by non-contact atomic force microscopy through Joule heat energy transfer,Toyota Arai, Daini Kura, Ryo Inamura, Masahiko Tomitori,The 21st International Conference on Non-contact Atomic Force Microscopy,Porvoo, Finland,2018/09/17-21
  • 5. Surface resistance change of Ge islands grown on Si(111)-(7×7) evaluated by Joule heat energy in non-contact atomic force microscopy,Daily Kura, Masahiro Tomitori, Toyoko Arai,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai International Center, Sendai, Miyagi,October 21–25, 2018
  • 6. Calcium phosphate precipitation sensitive to TiO2(110) surface nanostructure,Akira Sasahara, Tatsuya Murakami, Masahiko Tomitori,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai International Center, Sendai, Miyagi,October 21-25, 2018
  • 7. 常圧酸素中での加熱によるルチル型酸化チタン(110)表面のナノ構造変化,笹原亮、村上達也、富取正彦、大西洋,日本表面真空学会 学術講演会,神戸国際会議場、神戸、兵庫,2018/11/19-21
  • 8. Nanomechanical responses of epitaxial silicone on ZrB2(0001) examined by non-contact atomic force microscopy,Makoto Nogami, Antoine Fleurence, Yukiko Yamada-Takamura, Masahiko Tomitori,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai International Center, Sendai, Miyagi,October 21–25, 2018
  • 9. Measurements of electronic conductance and mechanical properties of gold point contacts based on frequency modulation atomic force microscopy,H. Mitera, T. Murakami, R. Hashimoto, K. Ishizuka, Y. Oshima, M. Tomitori, T. Arai,14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14),Sendai International Center, Sendai, Miyagi,October 21–25, 2018
  • 10. 疑似体液に浸漬させた構造規定酸化チタン表面のナノスケール解析,笹原亮、村上達也、富取正彦,日本セラミックス協会 2017年 年会,日本大学 駿河台キャンパス、東京都千代田区,2017/3/17-19
  • 11. Ex-situ STM and XPS analysis of TiO2(110) surfaces to humid environments,A. Sasahara, T. Murakami, and M. Tomitori,Symposium on Surface Sciences and Nanotechnology ―25th Anniversary of SSSJ Kansai,International Community House, Kyoto,2017/1/25–26
  • 12. 非接触原子間力顕微鏡で検出されるエネルギー散逸機構の研究,稲村竜、藤井幹大、富取正彦、新井豊子,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜、神奈川県横浜市,2017/3/14-17
  • 13. 自然酸化シリコン表面上に自己組織的に形成・配置された銅ロッド構造,坂本拓朗、西村高志、富取正彦,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜、神奈川県横浜市,2017/3/14-17
  • 14. 周波数変調原子間力顕微鏡を応用した金ナノ接点の力学的特性の解析,村上拓、橋本遼太、石塚彗介、長井肇、大島義文、富取正彦、新井豊子,日本物理学会 第72回年次大会,大阪大学 豊中キャンパス 大阪府豊中市,2017/3/17-20
  • 15. Si(111)-(7×7)表面を試料とした非接触原子間力顕微鏡で検出されるエネルギー散逸機構の研究,稲村竜、藏大輝、富取正彦、新井豊子,日本物理学会 第72回年次大会,大阪大学 豊中キャンパス 大阪府豊中市,2017/3/17-20
  • 16. 高温・局所歪印加によるシリコン突起構造の形成と先端部への金属キャップ形成 ,西村高志、富取正彦,2017年真空・表面科学合同講演会 第37回表面科学学術講演大会 第58回真空に関する連合講演会,横浜市立大学 金沢八景キャンパス 神奈川県横浜市,2017/8/16-19
  • 17. 非接触原子間力顕微鏡のエネルギー散逸計測を利用したSi(111)-(7x7)表面の隠れた原子変位の検出,新井豊子、稲村竜、藏大輝、富取正彦,2017年真空・表面科学合同講演会 第37回表面科学学術講演大会 第58回真空に関する連合講演会,横浜市立大学 金沢八景キャンパス 神奈川県横浜市,2017/8/16-19
  • 18. マイカ表面上に成長した極薄水膜内の水和構造の観察,新井豊子、佐藤昴平、飯田明日香、富取正彦,2017年真空・表面科学合同講演会 第37回表面科学学術講演大会 第58回真空に関する連合講演会,横浜市立大学 金沢八景キャンパス 神奈川県横浜市,2017/8/16-19
  • 19. 非接触原子間力顕微鏡のエネルギー散逸計測で捉えるSi(111)-(7x7)表面のSi吸着原子の原子変位,新井豊子、稲村竜、藏大輝、富取正彦,第78回応用物理学秋期学術講演会,福岡国際会議場 国際センター 福岡サンパレス 福岡県福岡市,2017/9/5-8
  • 20. 周波数変調原子間力顕微鏡によるナノ水膜/マイカ界面の特性評価,新井豊子、佐藤昴平、飯田明日香、富取正彦,第78回応用物理学秋期学術講演会,福岡国際会議場 国際センター 福岡サンパレス 福岡県福岡市,2017/9/5-8

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫ ]