北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 所属別一覧表研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

島原 秀登 (シマハラ ヒデト) 助教
マテリアルサイエンス系

107件中1-20件目

  • 1. 貝由来炭酸脱水酵素ナクレインのカルシウム結合部位の解析,Hideto Shimahara, Muhamad Koyimatu, Yuji Kobayashi,第53回日本生物物理学会,金沢,2015.09.13-15
  • 2. 炭酸脱水酵素の機能発現と構造に関する理論的研究,Muhamad Koyimatu, Kimikazu Sugimori, Hidemi Nagao, Hideto Shimahara,第53回日本生物物理学会,金沢,2015.09.13-15
  • 3. Theoretical Study of Tautomerization and Conformations of His64 in Human Carbonic Anhydrase II,Koyimatu Muhamad,Shimahara Hideto,Sugimori Kimikazu,Saito Hiroaki,Kawaguchi Kazutomo,Nagao Hidemi,第8回分子科学討論会,広島,2014.09.21-24
  • 4. 炭酸脱水酵素の触媒反応に見られるプロトン移動の解明に向けた実験・理論的アプローチ,島原 秀登,ムハマド コイマツ,杉森 公一,齋藤 大明,川口 一朋,長尾 秀実,第8回分子科学討論会,広島,2014.09.21-24
  • 5. 教育活動に関するショートレクチャー −修士学生学内発表会に関する評価メッセージについて−,島原秀登,第3回若手教員授業研究会−金沢大学サテライト・プラザ,金沢,14.01.08
  • 6. Theoretical Study of a pi-stacking Interaction Effect to the Orientation of His64 of Carbonic Anhydrase,Muhamad Koyimatu, Hideto Shimahara, Kimikazu Sugimori, Tetsuya Sugimori, Kazutomo Kawaguchi, Hiroaki Saito, Hidemi Nagao,第7回分子科学討論会,京都,2013.9.24-27
  • 7. Π-stacking Interaction between Heterocyclic Rings in a Reaction Field of Biological System,Muhamad KOYIMATU, Hideto SHIMAHARA, Kimikazu SUGIMORI, Kazutomo KAWAGUCHI, Hiroaki SAITO, and Hidemi NAGAO,The 12th Asia Pacific Physics Conference (APPC12),Chiba,Jul 14-19, 2013
  • 8. Chemical Exchange between Two Conformations within His64 in a Mutant of Carbonic Anhydrase Is Sufficiently Slow on the NMR Timescale炭酸脱水酵素のある変異体のHis64の2つの配向の間の化学交換はNMR時間軸上十分遅い,島原 秀登,第 51 回日本生物物理学会年会,京都,2013.10.28-30
  • 9. Theoretical Study of p-stacking Interaction in Carbonic Anhydrase,M. Koyimatu, H. Shimahara, K. Kawaguchi, H. Saito, and H. Nagao,International Symposium on Computational Science 2013,Kanazawa,2013.02.18-21
  • 10. 炭酸脱水酵素を用いた固体炭酸の作成に関する研究,島原秀登,産学意見交換会,石川,2013.10.11
  • 11. 酵素触媒を用いた二酸化炭素捕捉技術の開発,島原秀登,環境科学会2013年会,静岡,2013.09.03-04
  • 12. 理系大学院における留学生に対する教育 −英語による個別指導を中心に−,島原秀登,大学コンソーシアム石川主催2013年度 第1回FD・SD研修会,石川,2013.10.23
  • 13. Hydrogen-bonding Network and His64 in Carbonic Anhydrase,炭酸脱水酵素の水素結合ネットワークとHis64(金沢大院・理1,北陸先端大院・ナノ2,金城大・医療3,阪大院・薬4,奈女大・理5)Muhamad Koyimatu,島原 秀登,杉森 公一,岩山 将士,杉森 哲也,川口 一朋,齊藤 大明,吉田 卓也,中沢 隆,大久保 忠恭,小林 祐次,長尾 秀実,第6回分子科学討論会,東京,2012.09.18-21
  • 14. QM法とNMR法を用いて炭酸脱水酵素活性部位の水素結合ネットワークで起こるプロトン輸送を読み解く,島原 秀登,杉森 公一,Muhamad Koyimatu,長尾 秀実,大久保 忠恭,小林 祐次,第6回分子科学討論会,東京,2012.09.18-21
  • 15. Theoretical Model for Assessing Properties of Local Structures in Metalloprotein,M. Koyimatu, H. Shimahara, M. Iwayama, K. Sugimori, K. Kawaguchi, H. Saito1, and H. Nagao,The 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems,Sendai,2012.12.02-07
  • 16. An Approach to Water Molecule Dynamics Associated with Motion of Catalytic Moiety,,Hideto Shimahara, Kimikazu Sugimori, Muhmad Koyimatu, Hidemi Nagao, Tadayasu Ohkubo, and Yuji Kobayashi,The 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems,Sendai,2012.12.02-07
  • 17. QM法とNMR法を用いた炭酸脱水酵素の反応機構の解明,島原秀登,The 1st MPC WorkShop 共用計算機ユーザ研究交流会,北陸先端科学技術大学院大学,2012.10.02
  • 18. 炭酸脱水酵素を用いた二酸化炭素分離回収技術を有する膜の作成,島原秀登,産学意見交換会,石川,2012.05
  • 19. 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発,島原秀登,ベンチャービジネスラボラトリーテクニカルレビュー,石川,2012.01.26
  • 20. 創薬とCO2捕捉バイオミメティックスにHis調節型水素結合リレー経験則を応用,島原秀登,第11回国際バイオテクノロジー展/技術会議 BIOtech2012,東京,2012.04.25-27

 1  2  3  4  5  6 次へ ≫ ]