北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

鵜木 祐史 (ウノキ マサシ) 教授
情報科学系、ヒューマンライフデザイン領域

274件中1-20件目

  • 1. Investigation of spikegram-based signal representation for speech fingerprints,Dung Kim Tran and Masashi Unoki,電子情報通信学会EMM研究会,IEICE Technical Report, EMM2017-35, pp. 241-246, 内田洋行東京本社ショールーム,2017/07/15
  • 2. 変調周波数帯域の制御が雑音駆動音声の感情知覚に与える影響の検討,朱治, 宮内良太, 荒木友希子,鵜木祐史,日本音響学会2017年度秋季研究発表会講演論文, 3-Q-33, pp. 1491-1494,愛媛大学,2017/09/27
  • 3. 気導・骨導の遅延聴覚フィードバックにおける呈示方法の検討,鳥谷輝樹,鵜木祐史,日本音響学会2017年度秋季研究発表会講演論文, 3-Q-46, pp. 1529-1532,愛媛大学,2017/09/27
  • 4. 聴覚モデルに基づいたラウドネスの計算,鵜木祐史,「心地よい音をはかる技術・つくる技術2017」シンポジウム,自動車技術会,発明会館,2017/02/
  • 5. Methods for Concavity Detection in Singular Spectrum,Jessada Karnjana and Masashi Unoki,IEICE Technical Report, EMM2015-94, pp. 105-110,屋久島環境文化村センター,2016/03/02
  • 6. 気導・骨導の遅延聴覚フィードバックが発話に与える影響,鳥谷輝樹, 鵜木祐史,電子情報通信学会応用音響研究会IEICE Technical Report, EA2016-34, pp. 19-24,国民宿舎能登小牧台,2016/10/
  • 7. 雑音駆動音声の感情知覚と振幅包絡線情報の関係にする検討,朱 治, 宮内 良太, 荒木 友希子, 鵜木 祐史,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 2, H-2016-17, pp. 73-76,九州大,2016/03/04
  • 8. 様々な刺激を呈示して測定した耳音響放射音の特徴解析,宮内良太,木谷俊介,鵜木祐史,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 2, H-2016-20, pp. 89-94, 九州大,March 2016.,九州大,2016/03/04
  • 9. Study on Source-filter Model Based Hybrid Speech Watermarking,Shengbei Wang, Nhut Minh Ngo, Masashi Unoki,IEICE Technical Report, EMM2015-69, pp. 49-54,東北大・通研,,2016/01/19
  • 10. 室内インパルス応答のラメータ逆推定検討,石川 大介,柏原 大介,鵜木 祐史,平成28年度電気関係学会, G-2,福井工大,2016/09/13
  • 11. 変調伝達関数モデルを利用した音声送指標の検討,柏原 佑太,鵜木 祐史,平成28年度電気関係学会, G-1,福井工大,2016/09/13
  • 12. 様々な狭帯域雑音下で計測した単音誘発耳音響放射,木谷俊介,鵜木祐史,宮内良太,2016年度日本音響学会秋季研究発表会資料,2-P-19, pp. 599-600,富山大学,2016/09/15
  • 13. Study on Effects of Speech Production during Delayed Auditory Feedback for Airconducted and Bone-Conducted Speech,Teruki Toya, Daisuke Ishikawa, Ryota Miyauchi, Kazushi Nishimoto and Masashi Unoki,International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP 2016), 7PM2-1-3,Honolulu,2016/3/
  • 14. Study on Audio Watermarking Scheme based on Singular-Spectrum Analysis and Psychoacoustic Model,Jessada Karnjana, Masashi Unoki, Pakinee Aimmanee, and Chai Wutiwiwatchai,2016年度日本音響学会秋季研究発表会資料,1-P-45, 富山大学,pp. 531-534,富山大学,2016/09/14
  • 15. 変調フィルタバンクを用いた感情音声の変調スペクトル分析の検討,朱 治,宮内 良太,鵜木 祐史,日本音響学会2016年度春季研究発表会講演論文, 2-Q-21,横浜桐蔭大,2016/03/
  • 16. Comparative Study on Robustness of Synchronization Information Embedded into an Audio Watermarked Frame,Jessada Karnjana, Pham Hoang Bao Nhien, Shengbei Wang, Nhut Minh Ngo, and Masashi Unoki,IEICE Technical Report, EMM2015-83, pp. 41-44, March 2016.,屋久島環境文化村センター,,2016/03/02
  • 17. 変調伝達関数モデルを利用した音声伝送指標の検討,柏原佑太, 鵜木祐史,電子情報通信学会応用音響研究会IEICE Technical Report, EA2016-33, pp. 13-18,,国民宿舎能登小牧台,2016/10
  • 18. 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討,鵜木祐史,石川大介,柏原佑太,小林まおり,赤木正人,電子情報通信学会応用音響研究会IEICE Technical Report, EA2016-61, pp. 79-84,大分コンパルホール,2016/11/18
  • 19. Singular-Spectrum-Analysis-Based Speech Watermarking for Tampering Detection,Jessada Karnjana and Masashi Unoki,電子情報通信学会EMM研究会IEICE Technical Report, EMM2016-63, pp. 55-60,大分コンパルホール,2016/11/17
  • 20. 非線形な刺激誘発耳音響放射成分の時間応答,木谷俊介, 鵜木祐史, 宮内良太,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 2, H-2017-15, pp. 559-562,京都市立芸大,2017/03/

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫ ]