北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

鵜木 祐史 (ウノキ マサシ) 教授
情報科学系、ヒューマンライフデザイン領域

288件中1-20件目

  • 1. 雑音環境が駆動声の個人性・感情知覚に与える影響,川村 美帆,朱 治,鵜木 祐史,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 48, no. 2, H-2018-35, pp. 175-180,那覇,2018/03
  • 2. 加振信号を用いた骨導音声の伝達特性分析,鳥谷 輝樹, Peter Birkholz, 鵜木 祐史,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 48, no. 2, H-2018-34, pp. 169-174,那覇,2018/03
  • 3. End-to-end speech emotion recognition using 3-d convolutional recurrent neural networks based on modulation spectral features,Zhichao Peng, Zhi Zhu, Masashi Unoki, Jianwu Dang, Masato Akagi,日本音響学会2018年度春季研究発表会講演論文, 2-Q-10, pp. 163-166,日本工業大学,2018/03
  • 4. 残響が雑音駆動音声の個人性・感情知覚に与える影響の検討,朱治, 関谷伸一, 鵜木祐史,日本音響学会2018年度春季研究発表会講演論文, 3-P-2, pp. 1286-1289,日本工業大学,2018/03
  • 5. 長時間平均スペクトルに着目した骨導音声の伝達特性の分析,鳥谷輝樹,Peter Birkholz, 鵜木祐史,日本音響学会2018年度春季研究発表会講演論文, 3-P-5, pp. 1297-1300,日本工業大学,2018/03
  • 6. 変調スペクトルに着目した騒音抑圧法の検討,磯山拓都,鵜木祐史,IEICE Technical Report, EA2017-168, vol. 117, no. 515, pp.361-366,南の美ら花 ホテルミヤヒラ(石垣島),2018/03
  • 7. 発話音声を用いた骨導音声の伝達特性の分析,鳥谷輝樹,Peter Birkholz, 鵜木祐史,IEICE Technical Report, EA2017-167, vol. 117, no. 515, pp. 355-360,南の美ら花 ホテルミヤヒラ(石垣島),2018/03
  • 8. 線形予測符号化方式におけるスペクトル拡散型音声電子透かしの検討,並河伶弥,鵜木祐史,IEICE Technical Report, EMM2017-79, pp. 13-16,奄美市名瀬公民館,2018/03
  • 9. 聴覚モデルに基づいたラウドネスの計算,鵜木祐史,「心地よい音をはかる技術・つくる技術2017」シンポジウム,自動車技術会,発明会館,2017/02/
  • 10. Investigation of spikegram-based signal representation for speech fingerprints,Dung Kim Tran and Masashi Unoki,電子情報通信学会EMM研究会,IEICE Technical Report, EMM2017-35, pp. 241-246, 内田洋行東京本社ショールーム,2017/07/15
  • 11. 変調周波数帯域の制御が雑音駆動音声の感情知覚に与える影響の検討,朱治, 宮内良太, 荒木友希子,鵜木祐史,日本音響学会2017年度秋季研究発表会講演論文, 3-Q-33, pp. 1491-1494,愛媛大学,2017/09/27
  • 12. 気導・骨導の遅延聴覚フィードバックにおける呈示方法の検討,鳥谷輝樹,鵜木祐史,日本音響学会2017年度秋季研究発表会講演論文, 3-Q-46, pp. 1529-1532,愛媛大学,2017/09/27
  • 13. 音声・非音声の変調スペクトルの特徴分析に関する検討,磯山拓都, 鵜木祐史,IEICE Technical Report, EA2017-49, pp. 29-34, 牛岳温泉リゾート,2017/10
  • 14. 雑音駆動音声の言語・非言語知覚と室内音響特性による影響の検討,関谷伸一, 朱治, 鵜木祐史,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 7, H-2017-100, pp. 551-556,牛岳温泉リゾート,2017/10
  • 15. Analysis of Complex Kalman Filtering in Speech Enhancement,Nguyen Minh Dat,鵜木祐史,SIPシンポジウム,pp. 227-232,マリオス盛岡地域交流センター,2017/11
  • 16. 高次統計量を用いた音声・非音声の変調スペクトルの特徴分析に関する検討,磯山拓都,鵜木祐史,SIPシンポジウム,pp. 366-371,マリオス盛岡地域交流センター,2017/11
  • 17. Study on the relationship between modulation spectral features and the perception of nonlinguistic information with noise-vocoded speech,Zhi Zhu, Ryota Miyauchi, Yukiko Araki, Masashi Unoki,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 8, H-2017-124, pp. 89-94,オークランド大学,2017/12
  • 18. Study on speech privacy protection by controlling speech transmission index in simulated room,Masashi Unoki, Yuta Kashihara, Maori Kobayashi, Masato Akagi,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 8, H-2017-125, pp. 95-100,オークランド大学,2017/12
  • 19. 変調伝達関数モデルを利用した音声送指標の検討,柏原 佑太,鵜木 祐史,平成28年度電気関係学会, G-1,福井工大,2016/09/13
  • 20. 室内インパルス応答のラメータ逆推定検討,石川 大介,柏原 大介,鵜木 祐史,平成28年度電気関係学会, G-2,福井工大,2016/09/13

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫ ]