北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

その他の国際・国内貢献表示
表示方法:
表示順:

 

 

篠原 健一 (シノハラ ケンイチ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

17件中1-17件目

  • 1. 朝日新聞,ノーベル化学賞の受賞研究「ナノマシン」についてコメントが朝刊(全国版)と電子版に掲載,2016/10/06 -
  • 2. 第9回 日仏先端科学シンポジウム(日本学術振興会 / フランス国民教育・高等教育・研究省、外務・国際開発省、国立科学研究センター),参加研究者(招待)(高分子化学)発表題目:"Single-Molecule Imaging of a Polymer",2015/01/22 - 2015/01/25
  • 3. 日経産業新聞,「分子モーター・人工物で合成実現」研究成果新聞掲載,2011/05/23 -
  • 4. 新潟大学大学院自然科学研究科,非常勤講師,2008/06/01 - 2009/03/31
  • 5. 株式会社情報機構,企業を対象にセミナーを開催した。「機能性高分子の精密合成とポリマー1分子の精密分析 〜明日の研究開発に役立つ、基礎から実験ノウハウまで伝授〜」(東京都大井町きゅりあん4階第2特別講習室),2008/05/14 -
  • 6. 高分子学会北陸支部,平成18年度研究発表講演会運営委員,2006/11/25 - 2006/11/26
  • 7. John Wiley & Sons, Inc.,国際学術誌の表紙を飾る。(J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. 2006, vol.44, no.2, pp.801-809),2006/01/15 -
  • 8. 高分子学会,第53回高分子学会年次大会でプレス発表する研究発表に選定される (総計2,251件のうち、11件),2004/05/21 -
  • 9. 日本工業新聞掲載(研究成果),「発光高分子 ネットワークでゆるやかに接続」,2002/10/02 -
  • 10. 科学新聞掲載(研究成果),「分子ネットワークが光で連絡 高分子一本 構造と発光 "同時観測"」,2002/10/18 -
  • 11. 高分子学会,第51回高分子討論会でプレス発表する研究発表に選定される (総計1,755件のうち、8件),2002/09/27 -
  • 12. Invited: The 2nd SANKEN International Symposium on Chemical and Physical Perspective for Molecular Devices, Osaka University (1999)
  • 13. Committee: Colloquium of Tohoku Branch of the Society of Polymer Science, Japan (2001)
  • 14. 高分子学会 東北支部研究発表会 実行委員 (2001).
  • 15. 第2回 大阪大学 産業科学研究所 国際シンポジウム (1999), 招待.
  • 16. 米国サイエンス誌掲載(研究成果)
  • 17. 日本工業新聞掲載(研究成果),「STMでポリマー分子観察に成功」,2001/09/28 -