北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

大木 進野 (オオキ シンヤ) 教授
ナノマテリアルテクノロジーセンター

49件中1-20件目

  • 1. Introduction of NMR at JAIST,S. Ohki,JAIST JAPAN-INDIA Symposium on Materials Science 2017,JAIST, Ishikawa,2017/3/6-7
  • 2. Structure-Function Relationship of a New Kv1.2-Selective Scorpion Toxin, Mesomartoxin,X.Wang, Y.Umetsu, S.Zhu & S.Ohki.,27th ICMRBS,Kyoto,2016.8.21-26
  • 3. SS結合を有するタンパク質の構造生物学,大木進野,第5回岐阜構造生物学・医学・論理的創薬研究会シンポジウム,岐阜薬科大,2016.3.10
  • 4. 糸状菌エフェクターNIS1は高等植物のPRR複合体における複数の因子を攻撃する,入枝泰樹、森正之、山田晃嗣、大木進野、齋藤宏昌、寺内良平、高野義孝,植物病理学会,岡山,2016.3.21-23
  • 5. Protein NMR; From methodology to application,S. Ohki,BICON2015,Jaipur, India,2015.9.20-26
  • 6. NMR Study of Plant Defensin-like Peptides,S.Ohki, Y.Umetsu & M.Mori,XXVI ICMRBS,Dallas,2014.8.24-29
  • 7. 植物細胞を用いたタンパク質の発現とディフェンシン様ペプチドのNMR研究,梅津喜崇、森正之、大木進野,第52回 日本生物物理学会,札幌,平成26年9月25〜27日
  • 8. 植物細胞発現系を用いた植物由来ホルモンの立体構造解析,梅津喜崇、森正之、大木進野,第53回NMR討論会,大阪,2014年11月4〜6日
  • 9. 植物培養細胞を用いた標識試料の調製方法とその応用例,大木進野,第53回NMR討論会,大阪,2014年11月4〜6日
  • 10. 調製が困難なタンパク質の発現技術の開発,森正之、梅津喜崇、大木進野,第6回北陸合同バイオシンポジウム,石川,2013年11月8-9日
  • 11. アクチンの発現系の確立に向けて,森正之、梅津喜崇、大木進野,第51回日本生物物理学会,京都,2013年10月28-30日
  • 12. 調製が困難なタンパク質の発現技術の応用,大木進野、竹内誠、森正之,第6回北陸合同バイオシンポジウム,石川,2013年11月8-9日
  • 13. 気孔密度を調節するペプチドホルモンの構造と機能,大木進野、竹内誠、森正之,第51回NMR討論会,名古屋,2012年11月8〜10日
  • 14. Roles of calmodulin C-terminal residues in target activation,Dung Vu Van, Yoshitaka Umetsu & S. Ohki,日本生化学会北陸支部会,金沢,2012年5月26日
  • 15. The NMR structure of stomagen reveals the basis of stomatal density regulation by plant peptide hormones,S.Ohki, M.Takeuchi & M.Mori,The 4th NIBB-MPIPZ-TLL Symposium,Okazaki,2012.11.18-21
  • 16. 気孔の数を制御するペプチドホルモンの構造と機能,大木進野、竹内誠、森正之,第12回日本蛋白質科学会,名古屋,2012年6月20-22日
  • 17. Uniform and Site-specific 13C-labeling in Proteins Using Plant BY-2 Cells with Inducible Virus Vectors,M. Takeuchi, M. Mori & S. Ohki,ISNMR2011 (International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011. 第50回NMR討論会記念国際シンポジウム),横浜,2011/11/15-18
  • 18. 極低濃度で組織化挙動を示す超巨大多糖類サクランの構造解析,立山誠治、岡島麻衣子、大木進野、金子達雄、河添宏、小山直之,第60回高分子討論会,岡山,2011年9月28日〜30日
  • 19. MYPT1のC末端側フラグメントの構造と機能,大木進野,森俊輔,岩岡諒,松澤史子,江藤真澄,日本生物物理学会,徳島,2009年10月30日〜11月1日
  • 20. 新規な手法で調製したタンパク質試料の品質評価,森正之,竹内誠,大木進野,第8回ナノテクシンポジウム,奈良,2010年3月19日

 1  2  3 次へ ≫ ]