北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

谷池 俊明 (タニイケ トシアキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

132件中1-20件目

  • 1. Applications of Chemiluminescence in Materials Screening,Toshiaki Taniike,JAIST World Conference 2018,Nomi, Japan,Mar. 5-6, 2018
  • 2. Materials Screening Based on Chemiluminescence,Toshiaki Taniike,JAIST Japan-India Symposium on Materials Science 2018,Nomi, Japan,Mar. 5-6, 2018
  • 3. データ科学で迫る固体重合触媒の構造性能相関,谷池 俊明, 寺野 稔,第3回キャタリストインフォマティクスシンポジウム,東京,2017年11月22日
  • 4. ポリオレフィンナノコンポジットの開発,谷池 俊明,プラスチック成形加工学会 第161回講演会,大阪,2017年12月13日
  • 5. 固体触媒の構造性能相関に見るマテリアルズインフォマティクスの現状,谷池 俊明,第7回「MI2 新材料探索のためのデータ科学」チュートリアルセミナー,東京,2018年1月15日
  • 6. 触媒的酸化反応における化学発光法の応用,谷池 俊明,第11回ケミルミネッセンス研究会,東京,2017年3月26日
  • 7. ハイスループット化学発光イメージングを用いた抗酸化剤配合の最適化,谷池 俊明,第13回次世代ポリオレフィン総合研究会,東京,2017年8月23-24日
  • 8. マテリアルズインフォマティクスとその現在位置,谷池 俊明,第2回設計情報駆動研究会,金沢,2017年10月22-23日
  • 9. High-throughput chemiluminescence imaging and machine-learning aided stabilizer formulation,Toshiaki Taniike,32nd PDDG Conference,Taormina, Italy,Sept. 3-7, 2017
  • 10. Ziegler-Nattaナノ触媒を用いた超高分子量ポリエチレン微粒子の合成,谷池 俊明, 播戸 裕典, Chammingkwan Patchanee, 寺野 稔,第12回次世代ポリオレフィン総合研究会,東京,2017年8月3-4日
  • 11. Ziegler-Nattaオレフィン重合に置ける構造性能相関,谷池 俊明,石油学会第60回年会(第66回研究発表会),東京,2017年5月23-24日
  • 12. High-Throughput Screening for Materials Exploration,Toshiaki Taniike,The 3rd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2016),Nomi, Japan,Mar. 4-7, 2016
  • 13. Impact of Support Architecture on Polymerization Performance of Ziegler-Natta Catalysts Studied by Multivariate Analysis,Toshiaki Taniike, Toshiki Funako, Minoru Terano,4th Blue Sky Conference,Sorrento, Italy,Jun. 27-Jul. 1, 2016
  • 14. 化学発光イメージングを応用した高分子材料のハイスループット寿命評価,谷池 俊明,第9回ケミルミネッセンス研究会,東京,2016年3月11日
  • 15. ポリオレフィンの研究開発におけるスループットの向上,谷池 俊明, Chammingkwan, Patchanee, 寺野 稔,第11回次世代ポリオレフィン総合研究会,東京,2016年8月4-5日
  • 16. 計算化学を利用した固体触媒の研究,谷池 俊明,第10回触媒道場,能美,2016年8月30-31日
  • 17. リアクターグラニュール技術を用いた新規ポリオレフィン系ナノコンポジットの開発,谷池 俊明,ポリマー材料フォーラム,能美,2016年11月14日
  • 18. 多変量解析を用いたZiegler-Natta触媒の構造性能相関,谷池 俊明, 舟子 俊樹, 寺野 稔,第8回岩澤コンファレンス,名古屋,2016年12月5-6日
  • 19. Chemiluminescence Imaging as a Powerful Screening Tool for Polymer Degradation and Stabilization,Toshiaki Taniike, Naoki Aratani, Minoru Terano,6th International Conference on Polyolefin Characterization,Shanghai, China,Nov. 6-9, 2016
  • 20. 化学発光法を用いた高効率スクリーニング,谷池 俊明,第10回ケミルミネッセンス研究会,東京,2017年3月14日

 1  2  3  4  5  6  7 次へ ≫ ]