北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

谷池 俊明 (タニイケ トシアキ) 准教授
マテリアルサイエンス系、物質化学領域

125件中1-20件目

  • 1. マテリアルズインフォマティクスとその現在位置,谷池 俊明,第2回設計情報駆動研究会,金沢,2017年10月22-23日
  • 2. High-throughput chemiluminescence imaging and machine-learning aided stabilizer formulation,Toshiaki Taniike,32nd PDDG Conference,Taormina, Italy,Sept. 3-7, 2017
  • 3. Ziegler-Nattaナノ触媒を用いた超高分子量ポリエチレン微粒子の合成,谷池 俊明, 播戸 裕典, Chammingkwan Patchanee, 寺野 稔,第12回次世代ポリオレフィン総合研究会,東京,2017年8月3-4日
  • 4. Ziegler-Nattaオレフィン重合に置ける構造性能相関,谷池 俊明,石油学会第60回年会(第66回研究発表会),東京,2017年5月23-24日
  • 5. 化学発光法を用いた高効率スクリーニング,谷池 俊明,第10回ケミルミネッセンス研究会,東京,2017年3月14日
  • 6. リアクターグラニュール技術を用いた新規ポリオレフィン系ナノコンポジットの開発,谷池 俊明,ポリマー材料フォーラム,能美,2016年11月14日
  • 7. High-Throughput Screening for Materials Exploration,Toshiaki Taniike,The 3rd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2016),Nomi, Japan,Mar. 4-7, 2016
  • 8. Impact of Support Architecture on Polymerization Performance of Ziegler-Natta Catalysts Studied by Multivariate Analysis,Toshiaki Taniike, Toshiki Funako, Minoru Terano,4th Blue Sky Conference,Sorrento, Italy,Jun. 27-Jul. 1, 2016
  • 9. 化学発光イメージングを応用した高分子材料のハイスループット寿命評価,谷池 俊明,第9回ケミルミネッセンス研究会,東京,2016年3月11日
  • 10. Chemiluminescence Imaging as a Powerful Screening Tool for Polymer Degradation and Stabilization,Toshiaki Taniike, Naoki Aratani, Minoru Terano,6th International Conference on Polyolefin Characterization,Shanghai, China,Nov. 6-9, 2016
  • 11. 多変量解析を用いたZiegler-Natta触媒の構造性能相関,谷池 俊明, 舟子 俊樹, 寺野 稔,第8回岩澤コンファレンス,名古屋,2016年12月5-6日
  • 12. In-Silico Design of Solid Catalysts based on High-Precision Surface Modeling,Toshiaki Taniike,JAIST-Tianjin University 2017 Academic Symposium on Information Science & Materials Science,Nomi, Japan,Jan. 17, 2017
  • 13. 計算化学を利用した固体触媒の研究,谷池 俊明,第10回触媒道場,能美,2016年8月30-31日
  • 14. ポリオレフィンの研究開発におけるスループットの向上,谷池 俊明, Chammingkwan, Patchanee, 寺野 稔,第11回次世代ポリオレフィン総合研究会,東京,2016年8月4-5日
  • 15. High precision molecular modeling for structure-performance relationship of alkoxysilane donors in Ziegler-Natta propylene polymerization,Toshiaki Taniike, Minoru Terano,Asian Polyolefin Workshop 2015,Tokyo, Japan,Nov. 23-27, 2015
  • 16. High-throughput chemiluminescence imaging for structure-performance relationship study on polymer anti-oxidants,Toshiaki Taniike, Koyuru Nakayama, Naoki Aratani,World Polyolefin Congress 2015,Tokyo, Japan,Nov. 23-27, 2015
  • 17. ポリマー多検体寿命評価のための化学発光イメージング装置の開発と応用,谷池 俊明, 荒谷 尚樹, 寺野 稔, 佐藤 哲,マテリアルライフ学会 第19回春季研究発表会,東京,2015年2月27日
  • 18. Polyolefin Nanocomposite and Degradation: New Reactor Granule Technology and HTP Chemiluminescence Imaging,Toshiaki Taniike,JAIST Japan-India Symposium on Materials Science,Nomi, Japan,Mar. 2-3, 2015
  • 19. 遺伝子アルゴリズムを用いた非経験的構造探索:触媒一次粒子の構造決定へ,谷池 俊明, 相原 亮一, 寺野 稔,第10回次世代ポリオレフィン総合研究会,東京,2015年8月6-7日
  • 20. In-Situ Grafting of End-Functionalized Polypropylene to Nanoparticles for Performant Nanocomposites,Toshiaki Taniike, Patchanee Chammingkwan, Msahito Toyonaga, Minoru Terano,10th International Symposium on Weatherability,Ota, Japan,Jul. 2-3, 2015

 1  2  3  4  5  6  7 次へ ≫ ]