北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

著書表示
表示方法:
表示順:

 

 

松見 紀佳 (マツミ ノリヨシ) 教授
マテリアルサイエンス研究科(マテリアルサイエンス専攻・物質デザイン・創出領域)

18件中1-18件目

  • 1. 高性能リチウムイオン電池開発最前線,松見紀佳,NTS,2013,286-296
  • 2. 全固体リチウムイオン二次電池の開発と製造技術/ホウ素の特性を活用した有機・無機ハイブリッド型イオンゲル電解質,松見紀佳,サイエンス&テクノロジー,2012,116-128
  • 3. コンバーテック、多糖を活用したリチウムイオン2次電池向け有機・無機ハイブリッド型イオンゲル電解質,松見紀佳、中村祐介、加賀田昭人、吉岡伸章、青井啓悟,加工技術研究会,2010,P66
  • 4. ヘテロ元素の特性を活かした新機能材料、第4章リチウムイオン輸送材料としての有機ホウ素系電解質の設計,松見紀佳,シーエムシー出版,2010,P31-P42
  • 5. 月刊機能材料、リチウムイオン2次電池向け有機・無機ハイブリッド型イオンゲル電解質,松見紀佳,シーエムシー出版,2010,P42
  • 6. Materials Stage、クルクミン由来の機能材料〜バイオベースポリマーから太陽電池向け材料まで,松見紀佳、青井啓悟,Materials Stage, 技術情報協会,2011,7-11
  • 7. Advanced、有機ホウ素化学を活かしたリチウムイオン2次電池向け電解質材料の設計,松見紀佳,(財)北陸先端科学技術大学院大学支援財団,2011,8-10
  • 8. 高分子、有機ホウ素系電解質のイオニクスと新展開,松見紀佳,高分子学会,2009,58(11), P818-819.
  • 9. プラスチックス、カレーの黄色色素クルクミンを利用したバイオベースポリマー,松見紀佳、中村菜美子、眞野晃一、青井啓悟,工業調査会,2009,60(10), P61-64
  • 10. コンバーテック、カレーの黄色色素からつくる環境調和型プラスチック,松見紀佳、中村菜美子、青井啓悟,加工技術研究会,2008,36(2), P48-51
  • 11. Macromolecules Containing Metal and Metal-Like Elements,“Organoboron Polymer Electrolytes for Selective Lithium Cation Transport”,Matsumi, N.; Ohno, H.,John Wiley & Sons, Inc.,2007,P175-196
  • 12. 植物由来プラスチックの高機能化とリサイクル技術、クルクミンを原料とした機能性高分子の合成,中村菜美子、松見紀佳、青井啓悟,サイエンス&テクノロジー,2007,P322-327
  • 13. 高分子、ホウ素と高分子との間に新機能を求めて,松見紀佳,高分子学会,2007,56 (8), 631.
  • 14. イオン液体II―驚異的な進歩と多彩な近未来、含ホウ素系イオン液体及びイミダゾール―ボラン錯体,松見紀佳、大野弘幸,シーエムシー出版,2006, P199-202
  • 15. 化学と工業、ホウ素原子の空のp軌道を活かした機能性有機ホウ素高分子の創出,松見紀佳,日本化学会,2004,57(2), P119-122
  • 16. 高分子、イオン伝導性有機ホウ素高分子による選択的イオン輸送,松見紀佳,高分子学会,2002,51(2), P88.
  • 17. 高分子加工、ホウ素を含む新しい pai共役系の構築,松見紀佳、中條善樹,加工技術研究会,2000,49(3), 98-105.
  • 18. Contemporary Boron Chemistry, “A New Class of pai-Conjugated Organoboron Polymers”,Matsumi, N.; Chujo, Y., Royal Society of Chemistry,2000,P51-58.