北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

水田 博 (ミズタ ヒロシ) 教授
シングルナノイノベーティブデバイス研究拠点(マテリアルサイエンス専攻・物性解析・デバイス領域)

234件中1-20件目

  • 1. Sub-10-nm Pitch Nanopore Array in Graphene by Helium Ion Beam Milling for Heat Phonon engineering,Marek E. Schmidt, Teruhisa Kanzaki, Mayeesha Haque, Takuya Iwasaki, Manoharan Muruganathan, Shinichi Ogawa and Hiroshi Mizuta,HybridQS Workshop,Zao,10-13 September, 2017
  • 2. Graphene nano-electro-mechanical (NEM) devices for extreme sensing applications,H. Mizuta, F. Seto, M. E. Schmidt, H. Van Ngoc and M. Muruganathan,Simulation of Semiconductor Processes and Devices (SISPAD 2017) Workshop 2 "Simulation of Advanced Sensors",Kamakura, 6 September 2017
  • 3. グラフェンNEMS上でのシングルナノスケールフォノニック結晶の作製,水田 博, Marek Schmidt, Mayeesha Haque, 小川 真一, 衛藤 宏明, Manoharan Muruganathan,応用物理学会フォノンエンジニアリング研究グループ JST「微小エネ」領域合同研究会,熱海,2017年7月14日-15日
  • 4. アトミックカーボンチェン形成過程のその場TEM観察,張 暁賓, 岩下 晋也, Marek Schmidt, Manoharan Muruganathan, 水田 博, 大島 義文,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 5. 高アスペクト比を持つサスペンデッドグラフェンナノリボンの自発的ローリング,神崎 晃悠,シュミット マレク,ムルガナタン マノハラン,水田 博,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 6. トップゲート型グラフェンNEMS素子の作製と評価,瀬戸 文博,ムルガナタン マノハラン,ワン ウェンゼン, シュミット マレク,水田 博,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 7. グラフェン上に吸着したCO2分子が及ぼす電荷移動とクーロン散乱による電流変化への影響,加藤 大貴,ムルガナタン マノハラン,水田 博,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 8. Study of Stability of A-few-donor Quantum Dots with Different Configurations for Room-Temperature Single-Electron Tunneling Operation,KM Tarik Hasan, Arup Samanta, Adnan ,Afiff, Le The Anh, Muruganathan Manoharan, Masahiro Hori, Yukinori Ono, Hiroshi Mizuta, Michiharu Tabe, Daniel Moraru,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 9. Study of Electron Localization Effects in Donor-Acceptor Pairs in Low-Dimensional Si Tunnel Diodes,Gaurang Prabhudesai, Le The Anh, Mitsuki Shibuya, Muruganathan Manoharan, Masahiro Hori, Yukinori Ono, Hiroshi Mizuta, Michiharu Tabe, Daniel Moraru,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 10. First-principles study of inter-band tunnelling current through co-dopants in Si Nano-pn Tunnel Diodes,Manoharan Muruganathan, Daniel Moraru, Michiharu Tabe, Hiroshi Mizuta,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 11. An in-situ Annealing Study of Interlayer Conduction in Twisted Bilayer Graphene,Jothiramalingam Kulothungan, Manoharan Muruganathan, Marek E. Schmidt, Hiroshi Mizuta,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 12. 単一狭窄構造グラフェンナノリボンにおける単キャリアトランジスター操作の研究,WANG Zhongwang,岩崎 拓哉,ムルガナタン マノハラン,水田 博,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 13. 三層グラフェンのヒステリシス現象,岩崎 拓哉, ムルガナタン マノハラン,水田 博,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 14. サスペンデッドCVDグラフェンへのサブ10nmピッチ周期的ナノ孔構造の作製,神崎 晃悠,シュミット マレク,ムルガナタン マノハラン,小川 真一,水田 博,第64回応用物理学会春季学術講演会,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 15. Single-nanometer patterning of graphene by HIM for advanced applications,Hiroshi Mizuta, Marek Schmidt, Teruhisa Kanzaki, Shinichi Ogawa, Manoharan,第64回応用物理学会春季学術講演会シンポジウム「GFIS(電界電離ガスイオン源)ガスイオン顕微鏡技術とその材料・デバイス研究開発への応用:現状と今後の展望」,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 16. Interaction of gas field ionized nitrogen with silicon,Marek Edward Schmidt, Xiaobin Zhang, Yoshifumi Oshima, Le The Anh, Anto Yasaka,Teruhisa Kanzaki, Manoharan Muruganathan, Masashi Akabori, Tatsuya Shimoda, Hiroshi Mizuta,第64回応用物理学会春季学術講演会シンポジウム「GFIS(電界電離ガスイオン源)ガスイオン顕微鏡技術とその材料・デバイス研究開発への応用:現状と今後の展望」,パシフィコ横浜,2017年3月14日-17日
  • 17. グラフェンNEMS技術の最近の展開−単分子センサーから熱フォノンエンジニアリングまで−,水田博, M. E. Schimidt, M. Muruganathan,ナノ粒子・構造応用研究会 第14回公開講演会〜ナノ材料のNEMS/MEMSへの展開〜,日本化学会 化学会館,2017年3月8日
  • 18. Tip-Enhanced Raman characterization of He-ion-irradiated CVD graphene channels,Taharh Zelai, Takuya Iwasaki, Stuart Boden, Harold Chong, Hiroshi Mizuta, and Yoshishinge Tsuchiya,43rd International Conference on Micro and Nanoengineering (MNE 2017),Braga,18-22 September,2017
  • 19. Observation of Single Carrier Transport Behavior in Graphene Nano Constrictions,Zhongwang Wang, Takuya Iwasaki, Manoharan Muruganathan and Hiroshi Mizuta,43rd International Conference on Micro and Nanoengineering (MNE 2017),Braga, 18-22 September,2017
  • 20. Sub 0.5 V bias voltage operation of a triple-topgate graphene tunnel field effect transistor,Shunei Suzuki, Ahmed Hammam, Marek E. Schmidt, Manoharan Muruganathan and Hiroshi Mizuta,Simulation of Semiconductor Processes and Devices (SISPAD 2017),Kamakura,7-9 September,2017

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次へ ≫ ]