北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

宮地 充子 (ミヤジ アツコ) 教授
情報科学系、セキュリティ・ネットワーク領域

64件中1-20件目

  • 1. (特別講義)「公開鍵暗号の実用例」,宮地 充子,海上自衛隊,幹部に対する通信保全に関する課程教育,海上自衛隊,2018/7/3
  • 2. (招待講演)``Efficient Exception-Free Elliptic Curve Scalar Multiplication",宮地 充子,Central China Normal University,2018/4/16
  • 3. (招待講演)``How to Enhance the Security of IoT Devices",宮地 充子,LINE and Intertrust Security Summit Exploring Technologies for Trusted Apps and Services,JR新宿ミライナタワー,2017/5/17
  • 4. (Keynote Speech)Elliptic Curve Cryptosystems for IoT devices,Atsuko Miyaji,The 19th International Conference on Information and Communications Security(ICICS2017),Beijing, China,2017/12/7
  • 5. (Keynote Speak) ``Privacy-Preserving Big Data Analysis",Atsuko Miyaji,The 10th International Conference on Network and System Security(NSS 2016),Taipei, Taiwan,2016/9/29
  • 6. 医療データの利活用とプライバシ保護技術について,宮地 充子,第18回 フィジカルヘルスフォーラム,金沢市アートホール,2016/03/17
  • 7. (招待講演)「安全・安心社会を実現するセキュリティ基盤」,宮地充子,第13回 情報科学技術フォーラム、情報処理学会・電子情報通信学会,筑波大学,2014/9/4
  • 8. Further Application on RFID with Privacy-Preserving,Atsuko Miyaji,The 1st International Conference on Future Data and SecurityEngineering, FDSE 2014,Ho Chi Minh City, Vietnam,2014/11/19-21
  • 9. (特別講義)「公開鍵暗号技術の活用事例」,宮地 充子,海上自衛隊,幹部に対する通信保全に関する課程教育,2014/2
  • 10. (特別講義)「公開鍵暗号技術の活用事例」,宮地 充子,海上自衛隊,幹部に対する通信保全に関する課程教育,2013/2
  • 11. (解説)``情報セキュリティの標準化動向について 〜ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2013年4月ニース会議報告〜",宮地充子, 近澤 武, 竜田敏男, 渡辺 創, 松尾真一郎, 大熊建司,情報セキュリティ研究会(ISEC),札幌コンベンションセンター,2013/7/18
  • 12. (パネルディスカッション)「新時代の情報セキュリティ」,宮地 充子,情報処理学会 第75回 全国大会,東北大学 川内キャンパス,2013/3/8
  • 13. (招待講演)「情報のグローバル化とプライバシー」,宮地 充子,情報処理学会 第75回 全国大会,東北大学 川内キャンパス,2013/3/8
  • 14. (パネルディスカッション)「医療情報と暗号化・匿名化」,宮地 充子,MELT up 講演会,中央大学後楽園キャンパス,2013/9/13
  • 15. (パネルディスカッション)「社会保障・税の番号制度の実務的課題」,宮地 充子,情報処理学会研究会,金沢工業大学 扇が丘キャンパス,2013/9/12
  • 16. ネットワークコーディングに適したMACの一考察,浅野貴哉, 宮地充子,面和成,The 30th Symposium on Cryptography and Information Security, SCIS2013, 2B4-1,京都,2013年1月
  • 17. ``Efficient and Secure Elliptic Curve Scalar Multiplication",Atsuko Miyaji,Tianjin University,Tianjin, China
  • 18. ワイヤレスセンサネットワークにおける自己治癒機能を有する鍵共有方式の検討,飯田 達朗,面 和成,宮地 充子,IPSJ SIG Tech. Rep., Vol.2011-CSEC-52,2011年3月
  • 19. 匿名IDベース暗号を用いたセキュアチャネルフリー検索可能公開鍵暗号方式の一般的構成法,江村 恵太, 宮地 充子, 面 和成,The 2011 Symposium on Cryptography and Information Security, SCIS2011, 4C2-6,2011年1月
  • 20. ``Various techniques on Efficient and Secure Elliptic Curve Scalar Multiplication",Atsuko Miyaji,The 14th International Conference on Information Security and Cryptology (ICISC 2011),Seoul, South Korea,2011/12/1

 1  2  3  4 次へ ≫ ]