北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

渡邉 貴嘉 (ワタナベ タカヨシ) 講師
マテリアルサイエンス系、生命機能工学領域

94件中1-20件目

  • 1. Inter- and intramolecular photocrosslink of proteins through incorporation of nonnatural amino acids,Rumi Shiba, Takayoshi Watanabe, Takahiro Hohsaka,The 6th International Symposium on Dynamical Ordering of Biomolecular System for Creation of Integrated Functions.,Shizuoka,January
  • 2. 光クロスリンクアミノ酸の部位特異的導入によるタンパク質の分子間および分子内光クロスリンク,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,日本化学会第98春季年会,船橋,2018年3月
  • 3. 抗原依存的蛍光変化を示すN末端蛍光標識抗体の開発,福永圭佑・DIAN Novitasari・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,日本化学会第98春季年会,船橋,2018年3月
  • 4. 光クロスリンク機能を有する非天然アミノ酸の部位特異的導入によるタンパク質の分子間および分子内光クロスリンク,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,第18回日本蛋白質科学会年会,新潟,2018年6月26日-28日
  • 5. N末端特異的修飾による抗体薬物複合体の合成,渡邉貴嘉・森下昌輝・芳坂貴弘,第12回バイオ関連化学シンポジウム,大阪,2018年9月9日-11日
  • 6. 光架橋性非天然アミノ酸の導入によるタンパク質の分子間および分子内光架橋,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,第12回無細胞生命科学研究会,柏,2017年11月27日、28日
  • 7. A novel IgG-based fluorescent probe showing increased fluorescence upon binding of antigen,Keisuke Fukunaga・Dian Novitasari・Takayoshi Watanabe・Takahiro Hohsaka,The 6th Official Conference of the International Chemical Biology Society, ICBS2017,Shanghai (China),Oct.17-20th, 2017
  • 8. 抗原応答性蛍光プローブ抗体の開発,福永圭佑・Dian Novitasari・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,第11回バイオ関連化学シンポジウム,東京,2017年9月7日-9日
  • 9. N末端蛍光標識IgGによる抗原のリアルタイム蛍光検出,芳坂貴弘・福永圭佑・Dian Novitasari・渡邉貴嘉・阿部亮二・大橋広行,第17回日本蛋白質科学会年会,仙台,2017年6月20日-22日
  • 10. 光機能基を有する非天然アミノ酸を導入したタンパク質の分子間および分子内光架橋,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,第11回バイオ関連化学シンポジウム,東京,2017年9月7日-9日
  • 11. IgG抗体のN末端選択的化学修飾による抗原応答性蛍光プローブの開発,福永圭佑・渡邉貴嘉・Dian Novitasari・芳坂貴弘,日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会,札幌,2017年6月7日-9日
  • 12. 光機能基を有する非天然アミノ酸導入によるタンパク質の分子間および分子内光架橋,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,第17回日本蛋白質科学会年会,仙台,2017年6月20日-22日
  • 13. 非天然アミノ酸の導入によるタンパク質の分子間および分子内光架橋,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,日本化学会第97春季年会,横浜,2017年3月16日-19日
  • 14. Novel method for position-specific protein PEGylation using aromatic amine-containing non-natural amino acid,Takayoshi Watanabe,1st International Symposium on Bioscience and Biotechnology in JAIST,Ishikawa,March, 2016
  • 15. Position-specific protein PEGylation through incorporation of aromatic amine-containing non-natural amino acid,Takayoshi Watanabe,IISc-JAIST Joint Workshop on Functional Inorganic and Organic Materials,Ishikawa,March, 2016
  • 16. Novel Method for site-specific protein PEGylation using aromatic amine-containing non-natural amino acid,Takayoshi Watanabe,8th Japan-Korea Seminars on Biomolecular Science: Experiments and Simulation,Okazaki,February, 2016
  • 17. リポソーム内アミノアシルtRNA合成酵素のin vitro分子進化法の開発と非天然アミノ酸を導入したタンパク質の合成への応用,渡邉貴嘉・植田淳子・松浦友亮・芳坂貴弘,第10回バイオ関連化学シンポジウム,金沢,2016年9月
  • 18. モノクローナルIgGのN末端選択的な蛍光標識と抗原の蛍光検出,福永 圭佑・渡邉 貴嘉・Novitasari Dian・阿部 亮二・大橋 広行・芳坂 貴弘,日本化学会第96春季年会,京田辺市,2016年3月
  • 19. 遺伝コード化された抗体由来蛍光タンパク質プローブの開発,HUYNH NHAT Kim Phuong・渡邉 貴嘉・芳坂 貴弘,日本化学会第96春季年会,京田辺市,2016年3月
  • 20. In vivo及びIn vitro蛋白質発現系を使用した光機能基を有する非天然アミノ酸のタンパク質への導入,芝るみ・渡邉貴嘉・芳坂貴弘,第10回バイオ関連化学シンポジウム,金沢,2016年9月

 1  2  3  4  5 次へ ≫ ]