北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

講演発表表示
表示方法:
表示順:

 

 

冨田 尭 (トミタ タカシ) 助教
情報科学系、セキュリティ・ネットワーク領域

15件中1-15件目

  • 1. 統計的モデル検査における偏向分布洗練手法,冨田尭,日本ソフトウェア科学会第33回大会講演論文集,東北大学片平キャンパス, 宮城,2016
  • 2. 実現可能性の必要条件に基づいた不完全リアクティブシステム合成,冨田尭, 萩原茂樹, 島川昌也, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第32回大会,早稲田大学西早稲田キャンパス, 東京,2015
  • 3. 可能な限り仕様を満たすリアクティブシステムの合成,冨田尭, 上野篤史, 萩原茂樹, 島川昌也, 米崎直樹,第22回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2015),天童市, 山形,2015
  • 4. 協調的リアクティブシステムの合成手法,冨田尭, 上野篤史, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第31回大会,名古屋大学東山キャンパス, 愛知,2014
  • 5. 確率的環境下において平均利得時間論理仕様を実現する最適マルコフ決定過程の自動合成法,冨田尭, 山崎徹郎, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第30回大会,東京大学本郷キャンパス, 東京,2013
  • 6. Mean-Payoffを記述可能な線形時間論理,冨田尭, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第29回大会,法政大学小金井キャンパス, 東京,2012
  • 7. A Formal Ontology of Interactions with Intensional Quantitative Semantics,Takashi Tomita, Naoko Izumi, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,Workshop on Computation: Theory and Practice 2012 (WCTP2012),De La Salle University, Manila, Philippines,2012
  • 8. A Temporal Logic with Mean-Payoff Constraints,Takashi Tomita, Shin Hiura, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,14th International Conference on Formal Engineering Methods (ICFEM 2012),Kyoto, Japan,2012
  • 9. 確率的モデル検査を用いた生命システムの振舞い解析,冨田尭,第47回人工知能学会分子生物情報研究会 (SIG-MBI),慶應大学日吉キャンパス, 神奈川,2011
  • 10. 頻度オペレータを導入した線形時間論理に対する統計的手法を用いた確率的モデル検査,冨田尭, 萩原茂樹, 伊藤宗平, 樋浦信, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第28回大会,那覇市, 沖縄,2011
  • 11. Probabilistic Temporal Logic with Frequency Operators and Its Model Checking,Takashi Tomita, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,13th International Workshop on Verification of Infinite-State Systems (INFINITY'11),Taipei, Taiwan,2011
  • 12. 頻度オペレータを導入したProbabilistic CTLとそのモデル検査アルゴリズム,冨田尭, 萩原茂樹, 樋浦信, 伊藤宗平, 米崎直樹,情報処理学会第73回全国大会,東京工業大学大岡山キャンパス, 東京,2011
  • 13. Qualitative Inference Rules for Analysis of Biological Object Interactions,Takashi Tomita, Naoko Izumi, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,9th International Conference on Bioinformatics,Waseda University, Tokyo, Japan,2010
  • 14. 2-Layered Formal Interaction Ontology among Biological Processes with Quantitative Semantics,Takashi Tomita, Naoko Izumi, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,CBI-KSBSB Joint Conference,Busan, Korea,2009
  • 15. 量的関係を考慮した生体内の阻害・活性化機能の形式相互作用オントロジー,冨田尭, 泉直子, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第25回大会,筑波大学東京キャンパス, 東京,2008