北陸先端科学技術大学院大学 [JAIST] - 研究者総覧
現在ページ トップページ 検索結果研究者紹介>全件表示

発表論文表示
表示方法:
表示順:

 

 

冨田 尭 (トミタ タカシ) 助教
情報科学系、セキュリティ・ネットワーク領域

20件中1-20件目

  • 1. Simple Synthesis of Reactive Systems with Tolerance for Unexpected Environmental Behavior,Shigeki Hagihara, Atsushi Ueno, Takashi Tomita, Masaya Shimakawa, Naoki Yonezaki,Proceedings of the 4th FME Workshop on Formal Methods in Software Engineering (FormaliSE '16),pp. 15-21,2016
  • 2. 統計的モデル検査における偏向分布洗練手法,冨田尭,日本ソフトウェア科学会第33回大会講演論文集,13 pages,2016
  • 3. ハイブリッドシステムの統計的モデル検査,石井大輔, 冨田尭, 米崎直樹,2016年電子情報通信学会総合大会,2016
  • 4. Safraless LTL Synthesis Considering Maximal Realizability,Takashi Tomita, Atsushi Ueno, Masaya Shimakawa, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,Acta Informatica, Special Issue on Synthesis,Accepted on 20th Sept. 2016
  • 5. 実現可能性の必要条件に基づいた不完全リアクティブシステム合成,冨田尭, 萩原茂樹, 島川昌也, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第32回大会講演論文集,17 pages,2015
  • 6. 環境許容性のあるリアクティブシステム合成法,上野篤史, 冨田尭, 島川昌也, 萩原茂樹, 米崎直樹,電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 114,No. 510,pp. 7-12,2015
  • 7. 可能な限り仕様を満たすリアクティブシステムの合成,冨田尭, 上野篤史, 萩原茂樹, 島川昌也, 米崎直樹,第22回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2015),pp. 77-86,2015
  • 8. An Efficient Implementation of Satisfiability Checking for LTL with Mean-Payoff Constraints,Takashi Tomita, Takahito Kimura, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,Workshop on Computation: Theory and Practice 2014 (WCTP 2014),2014 (To be published)
  • 9. 確率頻度時間論理の統計的モデル検査,冨田尭, 萩原茂樹, 伊藤宗平, 米崎直樹,コンピュータソフトウェア,Vol. 31,No. 3,pp. 336-356,2014
  • 10. 平均利得時間論理とそれを用いた検証・最適化手法,冨田尭, 萩原茂樹, 米崎直樹,コンピュータソフトウェア,Vol. 31,No. 2,pp. 93-117,2014
  • 11. 協調的リアクティブシステムの合成手法,冨田尭, 上野篤史, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第31回大会講演論文集,10 pages,2014
  • 12. 確率的環境下において平均利得時間論理仕様を実現する最適マルコフ決定過程の自動合成法,冨田尭, 山崎徹郎, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第30回大会講演論文集,27 pages,2013
  • 13. A Formal Ontology of Interactions with Intensional Quantitative Semantics,Takashi Tomita, Naoko Izumi, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,Workshop on Computation: Theory and Practice 2012 (WCTP 2012), Proceedings in Information and Communications Technology,Vol. 7,pp. 13-33,Springer, 2013
  • 14. A Temporal Logic with Mean-Payoff Constraints,Takashi Tomita, Shin Hiura, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,14th International Conference on Formal Engineering Methods (ICFEM 2012), Lecture Notes in Computer Science,Vol. 7635,pp. 249-265,Springer, 2012
  • 15. Mean-Payoffを記述可能な線形時間論理,冨田尭, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第29回大会講演論文集,15 pages,2012
  • 16. 頻度オペレータを導入したProbabilistic CTLとそのモデル検査アルゴリズム,冨田尭, 萩原茂樹, 樋浦信, 伊藤宗平, 米崎直樹,情報処理学会第73回全国大会講演論文集,Vol. 1,pp. 235-236,2011
  • 17. 頻度オペレータを導入した線形時間論理に対する統計的手法を用いた確率的モデル検査,冨田尭, 萩原茂樹, 伊藤宗平, 樋浦信, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第28回大会講演論文集,13 pages,2011
  • 18. 条件付頻度を扱えるように拡張したLTLによるリアクティブシステム仕様の充足可能性判定,樋浦信, 冨田尭, 萩原茂樹, 伊藤宗平, 米崎直樹,ディペンダブルシステムワークショップ&シンポ ジウム (DSW&DSS 2011),11 pages,2011
  • 19. Probabilistic Temporal Logic with Frequency Operators and Its Model Checking,Takashi Tomita, Shigeki Hagihara, Naoki Yonezaki,13th International Workshop on Verification of Infinite-State Systems (INFINITY'11), Electronic Proceedings in Theoretical Computer Science,Vol. 73,pp. 79-93,Open Publishing Association, 2011
  • 20. 量的関係を考慮した生体内の阻害・活性化機能の形式相互作用オントロジー,冨田尭, 泉直子, 萩原茂樹, 米崎直樹,日本ソフトウェア科学会第25回大会講演論文集,13 pages,2008