学会活動 


日本ハラールサインエス学会会員各位


〜2021年度シンポジウム・研究大会 開催のお知らせ〜


平素は学会運営にご協力を賜りまして誠にありがとうございます。

2021年度のシンポジウム・研究大会を下記の日程で開催することになりました。

少し落ち着いてはきましたが、新型コロナ禍の状況が不透明でもあり、本年はオンライン形式での開催を予定しております。会員の皆様、是非奮ってご参加をお待ちしています。


         記


日時:2021年11月19日(金)

      13:00 ~ 14:30  一般発表

      15:00 ~ 17:30  特別企画 国際シンポジウム

                                                      ポスター(PDF, JPG) 

                      プログラム(更新版)(PDF


参加希望者は下記の方法でお申込みください。


2021年度シンポジウム・研究発表会は本年度までの会費納入済みの本学会会員に参加資格があります。非会員が参加希望される場合は、次のいずれかの方法でお申込みください。

(1)大会参加費として当日までに3,000円(学生は2,000円)を納入いただく

(2)2021年10月31日までに会員入会申込みをして、入会が理事会で後日承認され、年会費3,000円(学生は2,000円)を納入いただく


ただし、一般発表を希望される方は必ず(2)の方法でお願いします。その場合は、入会が学会理事会で大会までに承認されることが必要です。


◎参加希望申込

  参加希望票にご記入の上、学会事務局あてにメール添付でお送りください。

               

◎一般発表申込


一般発表希望者は 『参加希望票(WORDPDF)』 と併せて、『研究発表予定のテーマ ・ 氏名 ・ 発表内容要旨(400字程度)を記載した文書(書式は自由ですが横書きでお願いします)』を


学会事務局宛に10月22日(金)までにメール添付にてお送りください。


発表希望者が多数の場合の調整を含めて理事会で検討し、ご希望通りご発表いただける場合には11月2日(火)までに学会事務局からご本人に通知します。


御意に添えない場合もあり得ますので、理解のほどお願いいたします。


      [ 書類送付先:halalscience.jp@gmail.com ]


-------------------------------------------------------------


【 2021年度シンポジウム・研究発表会 参加希望票 】


ご氏名:


ご所属:


会員区別:   [ 個人会員 | 団体会員 | 非会員 ]   (該当する部分以外を削除ください)


Email アドレス:


        ※   参加希望票等送付先 学会事務局


Email: halalscience.jp@gmail.com

-------------------------------------------------------------


主催 日本ハラールサイエンス学会 halalscience.jp

吹田市山田丘2-7 大阪大学吹田キャンパス内

06-6879-4087


 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2021年度 年会費納入のお願い

 2021年度の年会費の納入をお願いいたします。2021年度年会費については学会の指定口座に随時納入をお願いします。支払いの場合には領収書は発行いたしませんが、必要な場合には事務局に問い合わせください。指定口座情報はこのページの下方にあります。

  会費

 ① 個人会員

  一般会員 年会費:3,000(事業年度43)

  学生会員 年会費:2,000(事業年度43)

 ② 団体会員

  年会費(一口)20,000(事業年度43)

  企業,団体の方が対象です。申込口数に制限はありません。


●「ハラールサイエンスの展望」を出版しました。

出版社(シーエムシー出版)のサイト


*質問は、halalscience.jp@gmail.comへ問合せください。

 学会設立趣意書

DSCN1814

 日本ハラールサイエンス学会(英語名称 Japan Society for Halal Science and Technology; 略称JAHAS)は、ハラールサイエンスやハラール産業の領域において科学技術の専門知識が妥当なかたちで適用されることを願い、関連の知識や情報の精度を高め、深化させ、さらには広く普及させること、そして、学術研究者と実務者等との効果的な連携を促進し、国内外での関連課題の追究や実践的解決も図れるような体制を整備すること、等を主な目的として設立いたします。

 当学会は自然科学やテクノロジーの分野はいうまでもなく、人文・社会科学の領域も広く網羅します。「ハラールサイエンス」は、狭義には自然科学分野に限定した意味で使われ、それが現在世界でのハラール認証過程で重視されています。しかし、当学会では「ハラールサイエンス」という語をより広義に用い、自然科学のみならず、人文・社会科学分野の研究もふくめて、包括的にとらえることが肝要であると認識します。たとえば、ハラールに関わる消費者やハラール商品生産活動に携わる企業家や実務者の行動実態や考え方などについての社会科学的調査も広義のハラールサイエンス研究の中に位置づけます。ハラールサイエンスの枠組みをこのように包括的に設定することによって、現代におけるあらゆる分野の科学的方法論や専門知識を十全に活用して、ハラールに関するさまざまな現象についての学術研究ならびに実践的な貢献を同時に推進していきます。さらに当学会は、ハラールサイエンスやハラール産業に関心をもつ自然科学、人文・社会科学の研究者のみならず、ハラールに何らかの関わりのある限り、食品、医療、薬品、化粧品、獣医学、衣料品、物流、観光、金融、保険、経営等のさまざまな分野の実務者の加入も歓迎します。当学会は、ハラールに関わる諸問題についての考え方や情報を会員が相互に交換し共有できる場を提供し、学術上も実践上も互いに生産的かつ問題発見的な方向性を探れる共通舞台を築いていきたいと考えます。以上から、当学会は学界、行政、非営利団体、企業などの幅広い分野におよぶ多様なご専門分野の皆様の積極的なご支援とご参加を切に期待するものです。


<学会の主な活動方針>

  1. 自然科学、人文・社会科学の領域を網羅しつつ、ハラールまたはハラール産業に関わる主題について会員間での知識・情報の交換と共有の場を提供し、その課題や問題点について議論し、相互理解を促進するような共同のプラットフォームを構築する。具体例を挙げれば、国内外におけるハラール基準の不統一の問題、ハラール屠畜に先行するスタニング法の是非、発酵食品やそのアルコール度、包装素材等についての科学的議論、等々。
  2. 当学会員と関連の国際組織との橋渡し
  3. 国内外の行政機関、企業・産業組織、学術研究団体等の相互間の仲介と連携の促進
  4. 関連の専門家たちを一堂に集めた会議の開催
  5. 日本語/英語での研究成果の公開または刊行など


  学会長挨拶    

日本ハラールサイエンス学会にご関心をお寄せいただいている皆様へ

謹啓

菊花の候、皆様におかれましてはますますご活躍のことと存じます。

平素より当学会には温かいご支援とご協力を賜り、あらためて厚く御礼申し上げます。

日本ハラールサイエンス学会(Japan Society for Halal Science and TechnologyJAHAS)は2018116日に開催いたしました発足記念シンポジウムを経て、同年1226日に正式に設立されました。その後、本年2月には本学会の執行部を中心に監修、執筆しました『ハラールサイエンスの展望』(バイオテクノロジーシリーズ、シーエムシー出版)を刊行し、4月にはマレーシアのマラ工科大学、ブルネイのスルタン・シャリフ・アリ・イスラーム大学と本学会との共催で、第4回国際ハラール会議(INHAC 2019)の開催を我が国で初めて実現し、皆様のご協力を得て、盛会裡に終えることができました。今後もこのような内外での調査研究活動を積極的に推進し、同時に、さまざまな関連産業分野への学知の還元も図って行く所存です。そのためには多くの皆様の活発なご参加とご協力が不可欠であるのは申すまでもありません。

つきましては、このたび本学会への入会案内を作成し、皆様にお送りすることにいたしました。学会事務局や入会申請書などはこれまでも学会ウェブサイトを通じて周知して参りましたが、入会案内を通じて本学会の趣旨と概要をあらためて皆様にご理解いただくことが肝要と考えた次第です。過去半年間ほどは事務局体制の整備に思いのほか時間を要し、ご案内をお知らせするのが遅くなって恐縮ですが、よろしくご理解ください。この入会案内をご覧いただき、是非多くの皆様が本学会の趣旨にご賛同の上、積極的にご入会いただき、さらにご関心のありそうな友人や知人にも随時周知賜り、学会の発展にご尽力くださいますよう切にお願い申し上げます。

末筆ながら、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

謹白

20191111

日本ハラールサイエンス学会

会長  富沢 壽勇

  入会案内   

主な活動・会費・その他

  会則    

会則(2019年4月29日)

  入会申請書    

•個人会員用(WORDPDF

•団体会員用WORDPDF

  入会方法    

入会申請書(WORD)に必要事項を記入の上、事務局宛halalscience.jp@gmail.comへ添付で、送付ください。

 入会までの流れ

①入会申込書 (学会HP halalscience.jpからダウンロード可)を添付して、halalscience.jp@gmail.comに送信

②入会審査

③入会決定通知書の送付(学会より)

④ご入金

 領収書の発行は行っておりません。

銀行で発行の振込明細書等をもちまして領収書の代わりとさせていただきますが、必要な場合は申込書送付アドレスへご連絡をお願いいたします。     

 学会理事会(役員会)

●会長     

富沢壽勇(静岡県立大学国際関係学部特任教授)

●副会長    

民谷栄一(大阪大学大学院工学研究科特任教授)

●事務局・総務・会計 

住村欣範(大阪大学グローバルイニシアティブ・センター准教授)

波山カムルル(大阪大学グローバルイニシアティブ・センター特任教授)

神田陽治(北陸先端科学技術大学院大学知識科学系教授)

民谷栄一同上

●産学連携担当 

吉田員則日本食品分析センター・理事・九州支所長・彩都研究所長

レモン史視(日本ハラール協会理事長)

●国際連携担当 

波山カムルル同上

レモン史視同上

●広報・渉外  

神田陽治同上

レモン史視同上

 事務局

〒564-0871 

大阪府吹田市山田丘2-7 大阪大学吹田キャンパス ウエストフロント 

日本ハラールサイエンス学会(事務局)

halalscience.jp@gmail.com

郵便物を事務局に送付する場合には、以下の住所宛にお願いします。

「〒564-0871 府吹田市山田丘2-1 吹田阪大内郵便局留め置き」

 指定口座

ゆうちょ銀行

店名:四〇八 (読み ヨンゼロハチ)

店番:408

預金種目:普通預金

口座番号:37439721   (ゆうちょ銀行からの振込の場合:8桁)

口座番号:3743972      (ゆうちょ銀行以外からの振込の場合:7桁)

口座名:日本ハラールサイエンス学会

依頼人名にお名前の他、ご所属を明記ください。

 ホームページ管理

KOHDA Youji,  Email address:  kohda@jaist.ac.jp 

© 2021