知的財産に関する業務と機能

開示発明のスクリーニング

企業との関係、研究資金源、発明関与者、利益相反、商業化のポイント、権利化に関する教員の意向などをチェックします。

開示発明の帰属判定

スクリーニングの結果や特許性、活用可能性等に基づき、大学帰属・発明者帰属のいずれかを決定します。

大学帰属発明の権利化

特許出願、中間処理、権利の維持・管理を行います。

大学帰属発明の活用

ライセンス活動や企業等への譲渡を行います。

※開示発明とは職員等から届出のあった発明のことです。