ニュース

2016年 4月5日

【報告】名古屋駅前イノベーションハブで前園 涼 准教授(環境・エネルギー領域)の技術シーズ発表しました。

第34回名古屋駅前イノベーションハブ技術シーズ発表会

 

第34回となる今回は「シミュレーション」をテーマに本学 環境・エネルギー領域 前園准教授の技術シーズを紹介しました。

中部地域での産学官連携活動の活性化のため、名古屋駅前イノベーションハブ運営協議会が主催し、中部経済産業局のご協力の下、継続的に名古屋駅前イノベーションハブを舞台に広く産業界の皆様に中部地域の研究機関の技術シーズを発表する催しを隔月で開催しています。

 

日時 平成28年3月30日(水) 14:30~17:45

場所 名古屋駅前イノベーションハブ会議室(愛知県産業労働センター15F 名古屋市中村区名駅4-4-38)

主催 名古屋駅前イノベーションハブ運営協議会

(運営機関:豊橋技術科学大学、名古屋工業大学、三重大学、(公財)中部科学技術センター、
(公財)名古屋産業振興公社、(一財)ファインセラミックスセンター、(一社)中部経済連合会、
国立研究開発法人産業技術総合研究所中部センター)

共催 中部経済産業局、北陸先端科学技術大学院大学

 

 

<プログラム>

シミュレーション関連技術 ~シミュレーション技術の応用に向けて~

14:30     開会

14:30-15:10 「ながれと微粒子集団の相互作用に関する大規模シミュレーション」

名古屋工業大学 大学院工学研究科 創生シミュレーション工学専攻 准教授 渡邊 威

15:10-15:50 「材料特性の改善/ナノ組成チューニングに向けた電子状態シミュレーション応用」

北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報科学専攻( 現:環境・エネルギー領域)

准教授 前園 涼

15:50-16:30 「薄肉構造部材の衝撃エネルギー吸収に及ぼす充填ゴム材料の影響」

豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 機械工学系 教授 足立 忠晴

16:30-16:45 休憩

16:45-17:15 「中部経済産業局の施策紹介」

経済産業省中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 課長補佐 篠田 顕一

17:15     閉会

17:15-17:45 名刺交換および個別相談

 

 

「ながれと微粒子集団の相互作用に関する大規模シミュレーション」
名古屋工業大学 大学院工学研究科 創生シミュレーション工学専攻 准教授 渡邊 威

160330_nagoya1

 

「材料特性の改善/ナノ組成チューニングに向けた電子状態シミュレーション応用」
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報科学専攻 准教授 前園 涼

160330_nagoya2

 

「薄肉構造部材の衝撃エネルギー吸収に及ぼす充填ゴム材料の影響」
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 機械工学系 教授 足立 忠晴

160330_nagoya3

 

「中部経済産業局の施策紹介」
経済産業省中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 課長補佐 篠田 顕一

160330_nagoya4