共同研究・サービス関係 – 共同研究

 外部機関の研究者と本学の教員が共通のテーマで研究を行う制度です。産・学・官の立場でそれぞれのアイデアと意見を交換しながら研究を進めることにより創造的な研究成果が期待できます。
外部機関から研究者を派遣し本学を研究の場とするタイプと、外部機関と本学が研究を分担してそれぞれの研究室で研究を進めるタイプを選択できます。

ご費用 外部機関のご負担は次のとおりです。

□直接経費 
共同研究のために特に必要となる設備購入費、消耗品費、光熱水料、旅費等の直接的な経費
□受入研究員の研究料

研究者を本学に受け入れることで必要な経費(1人当たり年額消費税込432,000円)。ただし、研究員の派遣が無い場合は不要です。

特許の取扱い

 通常の場合、大学と外部機関の共有となりますが、その持ち分はお互いの寄与度によって決められます。特許の実施は外部機関側で行うこととなりますが、その外部機関、又は外部機関が指定するものに優先的に実施させることもできます。

↑ページトップへ