外部機関との連携の種類について

【共同研究・サービス関係】
(1) 共同研究 外部機関の研究者と本学の教員が共通のテーマで研究を行う制度です。企業から大学へ研究者を派遣していただく派遣型と、それぞれの拠点で研究を分担して実施する分担型があります。
共同研究取扱規則
(2) 受託研究 外部機関からの委託を受けて本学の教員が研究を実施し、その成果を外部機関に報告する制度です。
受託研究取扱規則 
(3) 技術サービス 大学の最新設備を利用して民間・公設の研究機関、試験機関等では対応できない測定・試作・試験を、また、大学の知識を活かして技術指導、コンサルタントなどを実施致します。
技術サービス取扱規則
【外部研究者の指導】
(4) 受託研究員 外部機関から技術者や研究者を研究テーマとともに受け入れ、本学の教員が大学院レベルの指導を行う制度です。
※共同研究、受託研究、受託研究員の受け入れに際しては、本学の審査機関での研究内容や実施能力等の審査、契約の締結等の手続が必要となります。研究成果は公表が原則です。その時期や方法は担当教員とご相談ください。
【知的財産・成果物の提供】
(5)知財・研究成果物の提供、ライセンス ・成果物の種類(試薬・試料・実験動物・植物・細胞株・菌株・遺伝子
試作品・実験装置等・プログラム・データベース) 
※具体的内容物はお問合せ下さい。
【寄附】 
(6) 奨学寄附金 本学の教育・研究の充実発展のため、外部機関や個人から寄附金をお受けする制度です。
奨学寄附金取扱規則
↑ページトップへ