ホーム > 体制

体制

 プロジェクト全体の運営について、現在、理事・副学長を委員会(調整委員会及び実行委員会)のトップとしたマネジメント体制としていますが、外部有識者を含む実行委員会については学長が委員長を務めるものとし、また、定期的にプロジェクトの状況報告を学長に行うことにより、トップマネジメントのリーダシップによる迅速なアクションが維持できる体制とします。