PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

セキュリティ・ネットワーク領域の宮地教授、学生のKarin SUMONGKAYOTHINさんがATIS2016でBest Paper Awardを受賞

 セキュリティ・ネットワーク領域宮地充子教授、学生のKarin SUMONGKAYOTHINさん(博士後期課程3年、セキュリティ・ネットワーク領域・宮地研究室)が、国際会議International Conference on Applications and Technologies in Information Security (ATIS) 2016 において、Best Paper Awardを受賞しました。
 
 本賞は、国際会議 ATIS 2016で採択された論文から最も顕著な成果の論文に贈られる賞であり、宮地教授、Karinさんは論文「Recursive M-ORAM: A Matrix ORAM for Clients with Constrained Storage Space」において、クラウドサーバの安全性を強化する技術である Oblivious RAM(Oblivious Random-Access Machine)を改良した研究が評価され、賞を受賞しました。ATISシリーズは2010年に始まり、第6回は2016年10月26日~28日にオーストラリア・ケアンズで開催されました。


■受賞年月日
 平成28年10月26日

■論文タイトル
 Recursive M-ORAM: A Matrix ORAM for Clients with Constrained Storage Space

■論文概要
 Although oblivious RAM (ORAM) can hide a client's access pattern from an untrusted server, bandwidth and local storage requirements can be excessive. Path ORAM, Matrix ORAM and other schemes can greatly bandwidth cost, but on devices with constrained storage space they require too much local storage. We design a recursive version of Matrix ORAM, where data addresses are stored on the server instead of client,and are recursively accessed with revealing important information.

■受賞にあたって一言
 It is a great honor to received the Best Paper Award from ATIS2016.We would like to thank the collaboration scholarship program JAIST-SIIT-NECTEC. Without them, this award would not be possible.We hope that our scheme will be closed in a real situation.

miyajilab1031jpg.jpg

平成28年11月16日

PAGETOP