PCサイトを見る

ニュース・イベント

受賞

学生のMonika Patelさんが第65回高分子学会北陸支部研究発表会において優秀研究賞を受賞

学生のMonika Patelさん(博士後期課程3年、物質化学領域松村研究室)が、第65回高分子学会北陸支部研究発表会において優秀研究賞を受賞しました。

第65回高分子学会北陸支部研究発表会は、高分子学会の北陸支部が毎年開催する研究発表会で、高分子化学部門と高分子構造・高分子物理部門と高分子機能部門において発表された研究から各1件優秀な研究発表を行ったと認められた学生に与えられる賞です。今回は高分子機能部門における受賞です。


■受賞年月日 
 平成28年11月12日

■論文タイトル
 An amphiphilic polypeptide based shell linked micelle- hydrogel composite for dual drug release
 (二重薬剤放出制御に向けた両親媒性両性電解質ポリペプチドミセルゲル)

■論文概要
 カチオンとアニオンそれぞれの両親媒性ペプチドによるミセルを、特殊な手法で架橋することで、pH、架橋密度、組成などにより内包された二つの薬物の徐放性を独立に制御することに成功した。複数の薬物をそれぞれのタイミングで徐放するデュアルドラッグデリバリーシステムの確立に期待できる。

■受賞にあたって一言
 I am deeply obliged and honored that my presentation in 65th Annual Meeting of the Japanese Society for Polymer Science (SPSJ), Hokuriku Branch was selected as the best presenter award. So, I would like to take this opportunity to express my deepest gratitude to my supervisor Prof. Kazuaki Matsumura for his guidance and encouragement throughout. I am also thankful to organizers, who found my work worthy of this award and acclamation. This will motivate me to do better in my future research. And of course, this award has to be shared with all my lab mates, it comes from joint efforts of all. And finally, I want to thank JAIST for providing brilliant opportunities to present our research in various conferences.

matsumuralab1124.jpg

平成28年11月25日

PAGETOP