PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

サイエンスヒルズこまつで子ども向け科学教室「シルエットパズルで遊ぼう!」を開催

 7月31日(日)、サイエンスヒルズこまつにおいて、「JAISTサイエンス&テクノロジー教室」を開催しました。同教室は、小松市との包括連携協定に基づく青少年の理科離れ解消に向けた取組のひとつであり、サイエンスヒルズこまつがJR小松駅前に開館して以来、毎年実施しているものです。

 今年度の第1回目「シルエットパズルで遊ぼう!」は2回に分けて行われ、約30名の子どもが参加しました。先端科学技術研究科(ゲーム・エンターテインメント領域)の上原 隆平教授が講師となって、200年以上にわたって世界各国で親しまれてきた歴史あるパズル「タングラム」と「清少納言知恵の板」を使った簡単なパズル問題を出題しました。また、最後に、本学が開発した新しいシルエットパズル「JANGRAM」についても紹介しました。
 子どもたちは、ジグソーパズルとは全く違った初めて見るパズルに目を輝かせながら、一生懸命、問題を解いていました。

info20160803-1.jpg
info20160803-2.jpg
info20160803-3.jpg

平成28年8月3日

PAGETOP