PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

環境・エネルギー領域の増田助教が金森財団の研究助成に採択

 環境・エネルギー領域増田貴史助教が金森財団の研究助成に採択されました。

 金森財団は、日本の近代化を支えたモノづくりに従事する職人のこだわりの精神を受け継ぎながら、これからの時代の要請に対応した課題を取り上げた学術研究並びに事業に対して助成を行っております。

■採択期間
 平成28年12月1日-平成29年11月30日

■研究課題
「SiC塗料とナノ鍛造プロセスの融合」

■研究概要
 本研究では、難加工性材料であるSiCで超微細加工を実現する方法論を提案します。近年、様々な機能性材料を塗料から作製しようという動きが活発です。そこで私たちは、近代電子産業の中枢にあるSiとSiCの塗料化に取組んできました。塗料の特徴は、液体が故の加工性の高さにあります。本研究では、古来より伝わる伝統技法である鍛造をナノサイズにスケールダウンし、そこに私たちが開発した液体SiCを組み合わせます。この「ナノ鍛造プロセス」による液体SiCの直接加工技術を追求し、構造由来の機能を持った付加価値の高いSiC半導体素子の創出を目指します。

■採択にあたって一言
 この度は本助成に採択され、たいへん光栄で嬉しく思います。金森財団および選考委員の皆様に心より感謝申し上げます。また、本研究を進めるにあたり熱心にご指導を頂きました下田教授、また多くのご助言を頂きました研究室のメンバー及びスタッフの方々にも深く感謝致します。

平成28年11月21日

PAGETOP