PCサイトを見る

ニュース・イベント

お知らせ

ヒューマンライフデザイン領域の西本一志教授の研究グループが、WISS 2016ワークショップにおいて、プロフィール写真の理想と現実の乖離を緩和させる研究成果を発表

 ヒューマンライフデザイン領域西本一志教授の研究グループは、株式会社 Diverse(東京都渋谷区、代表取締役社長:津元 啓史)の「Diverse 技術研究所」とともに、加工後のプロフィール写真から徐々に「盛り」を減少させ、その変化に被験者が気づくかどうかの調査を実施、この研究成果を、12月14日(水)に、24th Workshop on Interactive Systems and Software 2016 (WISS 2016)において、発表しました。

24th Workshop on Interactive Systems and Software 2016 (WISS 2016)は、日本ソフトウェア科学会、インタラクティブシステムとソフトウェア研究会が主催するインタラクティブシステムの大型ワークショップです。

■研究テーマ
 プロフィール写真の理想と現実の乖離を緩和させるDating Service の検討

■研究概要
 デーティングサービスで自分の写真を加工(盛る)することは一般的になってきており、加工された写真は相手に魅力的に映ることが多く、オンライン上でのコミュニケーションがより円滑に進む可能性があります。しかし、実際に対面する際に加工されたプロフィール写真によって作られた理想と現実に乖離があると、相手にネガティブな印象を与えかねません。そこで我々は、コミュニケーション開始時には加工した写真を使い、これを徐々に加工前の状態に戻すことで実際の対面時に相手に与えるギャップ感を緩和させるシステムの構築を目指し、被験者に加工が徐々に減少する写真を提示し、変化に気がつくかを調査しました。

■調査結果
 加工の度合いにもよりますが、人間の顔画像を加工後から加工前へと変化させたとしても閲覧者はその変化に気づきにくいということが判明しました。しかし、顔や度合いにもよりますが、顔のパーツ(目や鼻)を加工した場合は顔の輪郭を加工し小顔にするよりも、変化に気がつきやすい可能性がでてきました。また、5秒間の動画では変化が急激に起きますが、その分変化に認知できるわけではない可能性が示唆されました。

■今後の展開
 10名の被験者に7箇所加工済みの写真から未加工の写真に変化することを伝えた上で変化部分を確認したが、全ての変化に気づいたものはおらず、一人あたり最大で2箇所、平均1.2箇所であった。変化にかける時間が長いほど気づきづらい事が推測されるため、本調査結果を踏まえ、相手に与える印象の影響を緩和させるコミュニケーションツールの開発や実サービスでの利用が期待されます。

用語説明
※デーティングサービス(Dating Service)
 海外における恋愛・婚活支援サービスの呼称であり、主にオンラインのサービスを指す。

平成28年12月15日

PAGETOP