Category Archives: Pleyel - Page 2

ピアノは空を飛ぶ

ロンドンの倉庫に収まったピアノは10月21日、日本の運送業者に回収され、日本への旅路につく。

日本への移送を待つピアノ(その1)

日本への移送を待つピアノ(その1)

日本への移送を待つピアノ(その2)

日本への移送を待つピアノ(その2)

輸送前に一旦箱を解体し、台となっている木材4本が認証済みのものに取り替えられた。すべての手続きを終えて11月6日、成田空港へ到着した。そして11月9日土曜日、関西空港へ移送された。そこで11月11日に通関の手続きを済ませ、名実共に国内に入った。7月15日にピアノを購入する決意をして以来、18週間(約4ヶ月)の月日が流れていた。

あとは国内に輸送のみ。11月15日に国内輸送の業者に引き渡され、ピアノは一旦神戸にある倉庫に収められる。関西空港からすぐにも富山にあるピアノ技術者のもとへと送られるかと思ったのだが、、、輸送に時間がかかるようで12月初旬か中旬になると言われた(!)。ロンドンから空輸したのに、国内で一ヶ月足止めか(?)と途方に暮れたが、まぁここまで来たら仕方がない。山は越えたのだから後は構えて待つことにした。

その後、体調不良となり、帯状疱疹との診断を受ける。ピアノの輸送だけが原因とは思えないが、それもストレスになったのかもしれない。痛む胸を抱えつつ、お世話になった人たちにお礼のメッセージを送った。Aさんには無事ピアノが届いた旨、報告した。お礼の品を贈ろうとしたが何もしていないからと辞去され、Tさんを紹介できてよかったですとおっしゃった。まったくその通りでTさんの助けがなかったらピアノは運べなかった。Tさんにも謝意を伝えたが、迅速に情報を頂けたので的確に処置できましたと謙遜された。

思うに、ピアノを運べたのは運が良かった。AさんとTさんに出会えなかったらピアノをマルタから運び出せなかっただろう。日本の便利さに慣れていると何でも輸入できる気になるが、ヨーロッパは依然として秘境だ。特にマルタのような辺境の島は。経験のない者が手を出すと痛い目に遭う。

とはいえ話としてはこの方が面白い。Rubinsteinがいみじくも書いていた。悲惨な体験ほど後になって面白い話になると。彼はナポリの離れ小島に観光に行った際、騙されて帰りの船に乗れず、男色の男に誘拐・監禁されそうになったところを二階から飛び降りて逃げた。その箇所でそう書いていた。とんでもない体験の方が話としては面白くなるということだ。マルタから古いピアノを運んだ話はこれでほぼ終わる。楽しんでもらえるほど悲惨な体験だったかは疑問だが。

今日、ピアノを調整してもらうピアノ技術者の人に問い合わせたところ既にピアノは工房に届いていた。そういうわけで明日はそれを見に行く。ピアノはここから80 km の距離にある。車で一時間のところに。

旅するピアノ

ピアノがマルタからイギリスまでトラックで運ばれると聞いて少し安心した。というのも船で運ぶとピアノに潮風が当たってよくないという人がいるからだ。本当のところはわからない。船に積み込むまで(あるいは船から降ろした後)屋外に放置される時間が長いことの方が問題という人もいた。運送会社は船よりトラックが安全だという。リスクは低いに越したことはないからトラックで運んでくれるのはありがたかった。

マルタからイギリスまでは2,853km離れていて、車での移動だと運転し続けて30時間かかる。一日8時間運転したとして4日間というところだろうか。かなりの距離だ。途中、ローマ、パリなどの大都市の近くを通っていくようだ。

マルタからイギリスまでの道のり

マルタからイギリスまでの道のり

結構な距離があるので時間もかかるが、ピアノがその経路でロンドンまで行きたいのだろう。なぜならば、、、

そのピアノはパリ近郊の工場で1884年に製造された後、すぐにロンドンの支店に出荷された。ロンドンでどのような生活をしていたのかはわからないが、貴族の邸宅に据え置かれたのではないか。その年Pleyelが販売したもののなかで最も高価なピアノだから、注文があってロンドンへ送った可能性が高い。店頭に並べておいて買い手が付くのを待つような品ではない。

その後のピアノの足取りはつかめていない。我々が知っているのは、Mが買う前はローマにあったということだけだ。スペイン階段の近くにあったらしい。M自身はローマ近郊のアンティークショップでそのピアノに出会っている。その時(2000年)Mが撮影した写真をみると、重厚な造りの部屋で品の良い調度品に囲まれている。前の持ち主が誰だったのか、なぜピアノを手放したのかはわからない。どのようにしてロンドンからそこまで来たのかも。何しろピアノがロンドンへ送られたのは130年前のことなのだ。私の祖父が生きていれば約100歳。さらにその前の世代のことになるから誰かが書き残してくれない限り、ピアノの由来はわからない。おそらく第二次世界大戦前には大陸に渡っていたであろうけれど。(ロンドンにあったとすればドイツ軍の爆撃で燃えていただろうから。)

ピアノが置かれていたローマ近郊のアンティークショップ

ピアノが置かれていたローマ近郊のアンティークショップ

ピアノの側に佇むMの奥様

ピアノの側に佇むMの奥様

上の写真はMが撮影したもので、以下の資料のp.177-180より転載
http://jean.louchet.free.fr/pleyel.pdf

出典: Musique / Music (Jean Louchet piano pages)
http://jean.louchet.free.fr/Music.html

ピアノがマルタからローマとパリを経由してロンドンへ運ばれることになったとき、私はそのピアノが昔いたところを見たいのだと思った。もしそのピアノが人間だったら、そしてもうすぐ日本へ移り住むことを知っていたら、自分が以前過ごした土地を訪ねて、昔を懐かしみ、別れを告げたいと思うだろう。ピアノがヨーロッパに戻ることはない。だからこれらの土地を訪れるのは彼女にとって最後の機会なのだ。

ローマ、ミラノ、パリ、これらの都市を通るとき、ピアノは何を思い出すのだろう。ヨーロッパが二つの大戦を経験する前の、すべてが美しく幸せだった日々だろうか。彼女を歌わせた優れたピアニストたちのことだろうか。サロンに集い、その美しい音色に耳を傾ける高貴な人々の姿だろうか。その前に座って曲を書き続けた作曲家の姿だろうか。

彼女は冒険を好む。ドーバー海峡を三度も越えて再びロンドンに戻ろうとしている、今度は日本に行くために。私には彼女の真意がわからない。でも何か、きっといいことを思いついたのだろう。私はそれを手伝うために呼ばれた。ピアノがどのようにして日本に運ばれるのか、思い悩んでも仕方がない。何か問題が起きたとしてもそれを乗り越えて、いずれ日本にやってくる。そして日本の人たちを驚かせる。彼女はその機会を楽しみにしているのだ。

10月9日夜、Mから連絡があった。ピアノはイギリスに到着し、ロンドン近郊の倉庫に収まった。

Essexの倉庫に届いたピアノ

Essexの倉庫に届いたピアノ

ISPM15

ピアノはなかなかマルタを出なかった。ようやく9月20日にMから連絡があり、ピアノはほかの荷物と別便で送られること、また船ではなくトラックにて輸送されるとのことだった。イギリスには10月2日に到着する予定だという。ピアノ単独で届くので引き取りも簡単となった。イギリス到着後はロンドン近辺の倉庫に収められるので、そこに取りに行くだけでよい。スイス時計のような正確さでトラックからトラックへ、Mの家の前でピアノを引き継げるとは思えなかったので、この変更はありがたかった。翌日9月21日にはCITESの許可証も送られてきた。すべては順調だった。ここまでは。

新たな問題は9月24日、運送会社Tさんからの問い合わせによって発覚した。最初の質問は梱包された状態でのサイズと重さに関することで、これは調べればすぐわかることだった。二つ目の質問は”ISPM15″という規制に関係することで、この基準を満たしたことを示す認証の印が梱包材についているかどうかというものであった。

“ISPM15″のことはこのとき初めて聞いた。調べてみたところ、梱包に使われる木材については、これをすべて燻蒸し、中に潜んでいる害虫を駆除することを求めるものであった。過去、梱包材を介して病害虫が輸出先に渡り、当地の生態系を乱したという苦い経験が多発したため、そうしたことが起こらないよう、このような規制が設けられたらしい。

日本に輸入する場合、使われる梱包材はこのISPM15の基準を満たしていなければならない。ISPM15の基準を満たしていなかったら、荷物は元の国へ送り返すか、その場で破棄・焼却処分となる。そしてその費用は受取人の負担となる。

重大な問題なのでMに問い合わせた。Mは「嫌な予感がするな」とつぶやいた。数日後、報告があり、ピアノはISPM15を意識して梱包されていないと判明した。梱包材は大部分が合板でその部分は対象外だが、台の部分は「木材」が使われており、それはISPM15の基準を満たしていないという。少なくともEU圏内はISPM15の規制がかからないため、そういう部材を使ってしまったらしい。

さて、どうするか。マルタかイギリスかどちらかで梱包を一度解き、箱を分解して台の部分を交換しなければならない。9月27日時点で、ピアノはまだマルタにあり、なかなか運び出されない。ここでまた梱包業者にピアノを戻して、箱を組み直すと少なくとも数日はかかるだろう。その間にトラックが出てしまったらまた次の便を一月近く待つ羽目になる。多少、高くつくかもしれないがロンドンで組み立て直した方が輸送機関が短くなるのではないかと思われた。

その旨、Tさんに伝えて対応を依頼した。また余計にお金がかかりそうで頭が痛かったが仕方がない。そのまま輸送して日本で問題に気づき、またイギリスへ送り返さなければならないなんていうことになったら目も当てられない。問題が明らかになって良かったと考えなければ。

その時、マルタから日本まで直接ピアノを送っていたら、ISPM15を満たさない部材が使われていたかもしれないということに気づいた。プロだからそんなことはしないかもしれないが、ピアノをそういう形で日本へ送ったことのある人は誰も関わっていなかったから、気づかれないまま輸出されてしまったかもしれない。少なくともC社と梱包についてやりとりしたときにそういう話題は出なかった。だから問題が起きる可能性は高かったと思われる。

マルタのようなヨーロッパの辺境から荷物を送るときのリスクは高いと思った。たまたまロンドンを経由することとなり、日本への輸送に慣れた人が関わってくれたから何とかなったけど、もしマルタから日本へピアノが直行していたらどうなったことか。こういうのを不幸中の幸いというのだろうか。それとも簡潔に、「幸い」なのだろうか。

失ったもの

マルタの税関から受けた嫌がらせのせいで予定が大幅に狂った。マルタから日本まで一気に空路でピアノを運ぶはずだったが、一度イギリスまで運び、そこから日本へ送り直さなければならなくなった。マルタでCITESの許可を得る準備をしていたがそれも無駄となり、イギリスでCITESの手続きをする必要が出てきた。これまで手配したことすべてが無駄になり、余計な仕事が増えて、ゼロからやり直すことになった。

マルタの税関が我々から徴収した罰金が540ユーロ(約7万円)。その他の損害はマルタからイギリスへの運送料、それから運送料に比べれば僅かだがCITESの手続きに要した申請料も無駄になった。マルタの税関が得たものに比べて我々が失ったものがいかに大きいことか。イギリスでピアノを積み替えるのにも費用がかかる。

損害は大きかったがどうしようもない。50パーセントの税金を課されるよりはましだ。50パーセントの税金なんて聞いたこともない。しかも自国の文化財でもないものに課すなんて。狂気の世界からピアノを運び出すことができてよかったと思うことにした。

とはいえその時点でピアノはまだマルタにある。Mはほかの家財とピアノをコンテナに詰め込み、船便で送ると言っていた。Mが家財をイギリスの新居に運び込むとき、我々のトラックが待ち構えていてピアノを受け取り、日本へ運ぶ手続きを始めるという段取りだ。

9月5日、イギリスでのCITES手続きについて調べ始める。多少、手数料が高いが(37GBP)、メールにて受け付けてくれることがわかった。一通り調べて、手続きの仕方をMに知らせた。それを受けてMは申請書に記入する住所をどうするか思案した。彼らはイギリスに移ってきたばかりで仮住まいだ。ここで変なことを書いてイギリスの税関と揉めたくない。マルタからピアノを輸出していると知れたら面倒なことにならないだろうか。事前にピアノの検査があるとしたらやっかいだが、かといってピアノを家には入れられないし。イギリスに住んで使っていたピアノを日本へ輸出するというストーリーに合わない。困ったな。

対する私からの返答は次の通り。ピアノが海上輸送中にCITESの手続きを始めるのがいいかどうか、私にもわからない。誰にもわからないだろう。安全策をとってピアノがイギリスに到着するまで待つというのもひとつの手だろう。とりあえず申請書を提出してしまうという方法もある。仮に手続きが順調に進んでピアノ到着前に問い合わせがあるかもしれないが、その時は待ってもらえばよい。そんなにすぐに物事は進まないと思うけどね。

書類に記入する住所については住む場所が見つかってからでもよいと思う。でも申請時にピアノが実際にイギリスにあるかどうかは問題にならないんじゃないかな。というのも検査官が実際に倉庫にやってくるまでは書類審査で進んでいくから。

どうだろう、直接電話して聞いてみたら?名前をあかす必要は無いだろう。ピアノが輸送中だからといって罰金を科されるようなことはなさそうだよ。問題は、申請できるかどうか、手続きを始められるかどうかということではないかな。つまり、ピアノが到着する前に申請できるのか、届くまで待たなければならないのか、その条件の違いでしかない。もし検査官がピアノが国内になければ手続きできないと言ったら、届くのを待てばいいだけじゃないだろうか。

申請時にピアノが輸送中だったと知れたところで、彼らがその後永遠に申請を受け付けないとは思えない。ピアノが届くまで待つように指示はするかもしれないけど。申請書を提出する前に聞けばいいだけなんじゃないか?素朴すぎるかな、この考え方は。

それから税関と揉めたくないことについては同感。ピアノの検査についてだけど、調べた限りでは現物が自宅にある必要は無いみたいだ。ピアノを梱包して倉庫に運び入れた後で検査を受けるのが通常の手順であるかのように書いている解説があるから。

ピアノをイギリスから送った場合、輸出と見なされるかどうかという点についてだが、確かにそれは輸出ということになるだろう。ただピアノがヨーロッパ圏外に輸出される時は無税らしいよ。日本に輸入するときは関税ではないけど消費税がかかる。ただ君には関係ないことだよね、それは。

ただ少し背筋が寒くなったことはある。製造後50年以上経った物品はアンティーク品と見なされて輸出許可が必要と書かれていた。一瞬これはまずいと思ったけど、この規則にはひっかからないとわかった。規制されるのは「並外れて」重要な文化遺産で、その判断基準は価格だ。43,484GBP(約726万円)というのがその基準で、我々のピアノはそれより安いから対象外だ。もうひとつ別の規則で65,000GBP(1000万円以上)のものにかかってくるのもあるけれど、もちろんそれとも無関係。そもそもイギリスに関係ないものは対象外。

マルタとの違いは、これが税を取り立てるための仕組みではないことだ。純粋に国宝を守るための審査であって、許可を得るために手数料とか税金を徴収されることはない。国宝だと見なされれば国外に持ち出せないし、保護する必要もなかろうと判断されれば持ち出せる。それだけのことだ。文化財の保護というのは、こういうものだよね、本来。

9月9日夜、MからCITESの手続きを始めたとの連絡があった。Pleyel社からの製造証明書が功を奏したらしく、何事もなく受け付けられた。これが文明国というものだ、と思った。

マルタの暗い面

9月4日夜遅く、Mから連絡があった。結局、税関に罰金540ユーロ(約7万円)を払って赦してもらったという。ピアノを取られそうだったから他に方法がなかったとのこと。Aさんに送ってもらった手紙と書類をマルタの税関に見せたが、「マルタにはマルタの法律があります」といって一顧だにしなかったという。ピアノは今、マルタで最高の業者に梱包してもらっている。イギリスから先、日本までの輸送を早急に手配しよう、という文でメッセージは終わっていた。

税関と裁判で争うという選択肢もあったと思うが、Mもほかの荷物と一緒にピアノを運び出したかっただろうから、罰金を払って解放してもらうほかなかったのかもしれない。イギリスへの引っ越しを控えて多忙な中、税関や文化遺産管理局に行って交渉したり、輸出業者や弁護士と対策を相談したりしていたのだから、それ以上のことを彼に求めるのは酷だろう。

しかし、マルタ税関のやり口は道義に反する。そもそもピアノをアンティーク品だと言い張るなら、最初にMが手続きしに行ったときに書類の不備(記入の間違い)を指摘すべきだった。税関がアンティーク品か楽器かの判断ができなかったので文化遺産管理局に判断を仰いだというのであれば納得だが、そうだとしたら文化遺産管理局が判断を下した後にMが嘘をついていたと弾劾するのはおかしい。後になって「間違い」とわかったことを以て、最初の時点で「嘘をついた」という結論を出すことはどんな詭弁を弄しても不可能だろう。最初の時点では申請の仕方が正しいか間違っているか判断できなかったのだから。

Mからの申請を文化遺産管理局に回し、アンティーク品だと言わせた上で申請を差し戻し、虚偽の税を申告したと訴えるのは作為だ。彼らは最初からそれがアンティーク品だと知っていた。(アンティーク品とするつもりだった。)ただ自分たちはそのことを知らないという芝居を打ち、判断を別の部署に任せたのだ。そして判断が下された後、自分たちが騙されていたとわめいて相手を非難する。なんという卑怯なやり口だろうか。彼らは最初から罰金をせしめるつもりだったのだ。Mが自分の家財としてピアノを運び出したら彼らは手を出せない。ピアノ代金の50パーセントを税として徴収することはできないのだ。だからMが嘘をついたと主張して、罰金をとることだけを考えていたのだ。

もちろん彼らとて我々がそのことを見抜いていないとは思っていないだろう。しかし見抜かれていたとわかっていても、主張を引っ込めるようなことはしないだろう。そんなことをしたら儲けを失うことになる。彼らにはおそらくそれなりのノルマがあるのだ、目標税収のようなものが。自分たちが詐欺を働いているということがわかっていても、罪の意識にさい悩まされて行いを改めるようなことはしないだろう。彼らを罰する人はいないのだから。国ぐるみで詐欺を働いているのだから。彼らは権力を与えられ、それを濫用しているのだ。

私はマルタの人たちからいろいろな点で恩義を受けているが、税関との一件でこの国の暗い一面を見せつけられて裏切られた気持ちがした。Mが言うように、マルタは事あるごとに外国人から金をむしり取ろうとする。正当な理由は何もない。お前たち外国人は金を持っているんだから少しくれよという乞食の精神があるだけだ。いっそのことユーロは外国人用の貨幣、地元民は昔ながらのマルタリラを使い、あらゆる物についてユーロとリラで違う料金設定にすればよい。30年前の中国がそんな感じで二種類の貨幣が流通していたが、それに倣えばいいのだ。

Mがマルタを出る理由がわかった気がした。