ピアノを調律してもらった

備忘録的ですが、ピアノを調律してもらいました。かなり響きが乱れてきていたのをすっきり綺麗にしてもらいました。伊藤さん(富山ピアノサービス)に感謝です。先の冬は例年になく寒かったせいで暖房をいつもよりも焚いたところが多かったらしく、どこの家のピアノも同じような狂い方をしているとのことでした。うちのピアノの場合は高音の方がだいぶおかしくなっていてオクターブが合わなかったりして、ひどいことになっていました。熱と蒸気で膨らんだり、縮んだりしているうちに弦が緩んだのでしょう。しっかり調律してもらって別の楽器のように蘇りました。ピアノが我が家にやってきて約1年になりますが、だいぶ落ち着いてきたように思います。家に馴染んできたというか。

最近はショパンの練習曲をまず弾くのを日課としていますが、特に目をつぶって弾けるように練習中です。その方が体の使い方の自由度が上がる気がするから。ただゆっくりとしか弾けないのが歯がゆいです。そのうちスピードが上がってくるのを期待しています。

そういえば昨晩、舘野泉さんがテレビに出ていました。(クローズアップ現代 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3201.html)どのお話も感心して聞きましたが、絶望の中、息子さんが持ってきた譜面をみてまたピアノが弾けると気づいたという話をしているときに感極まって涙ぐんでいて、、あぁなんかすごいなぁ、素晴らしいなぁと思いました。音楽に対する愛情と熱意。自分に足りないのはそれだなぁとつくづく思い知らされました。

Comments are closed.