「我らのブントは菩薩と呼ばれる」または霊的ボルシェヴィズム

ときどきふと、あの人はどうなったのかなと思い出すことがある。常弘成(とわひろなり)氏とは新秩序研究会主催のイベントで会った。会ったのはその一度きりだが、不思議な魅力を放つ人物だった。日本新秩序運動の経緯については、桂 桂『戦争機械』に書かれている。これを読んで懐かしく感じた。武田洋一氏と常氏が主軸となって、そこに武邑氏が加わるという妙なアンサンブルだった。われわれを彼らと引き合わせたのは、その当時 Fool’s Mate で編集の仕事をしていた知人だったと思う。申し訳ないことに彼の名前を忘れた。たぶん1983年の出来事で我々は大学生だったし、彼も20代半ばだったはずだ。

http://www.asyura2.com/sora/bd12/msg/67.html に、

「常は七〇年代には黒色戦線系のアナキストだったが、八〇年に鈴木邦男率いる新右翼、一水会に加盟。当時、その名ばかりが喧伝された国家社会主義者同盟(ファシスト・ブント)の牛嶋大輝との交流を経て、八三年、「霊的ボルシェヴィズム」をキーコンセプトに、このころよりファーストネームを“崇元”と改めた武田とともに新秩序研究会(日本新秩序運動)を発足させている。そのあたりの事情については、翌八四年、ブリュッセルのインディペンデント・レーベル「クレブスキュール」所属アーティストの来日を記念して出された大型パンフ『MUSIQUE EPAVE』での武田へのインタヴュー「エソテリック・シティ東京」がよく伝えている。その頭の部分を少し引いておこう。」

とあるが、大型パンフ『MUSIQUE EPAVE』を作成したのが彼だと思う。なぜ Fool’s Mate と八幡書房がくっつくのか解せなかったが、彼の個人的な活動だったと理解する。Fool’s Mate は関係ない。

武田氏は業界の顔だったし、武邑氏は徐々に売れ出していた頃だったから、我々は彼らに興味があってイベントに参加した。そのイベントは新秩序研究会の決起集会になるはずだったらしいのだが、会場に来たのは我々だけ、という寂しい状況で、Fool’s Mate の彼が動員力のなさを武田氏に怒られていた。彼らが話したことはよく覚えていないが、

「わたしが、昨年、日本民族主義運動の最良の部分とともに、出口王仁三郎の未完の世界革命を継承するものとして日本新秩序運動(JAPAN NEW ORDER=NO!)を組織した」

と武田氏が言ったようだから、大本教の思想を再興するものだったようだ。一方で「ボルシェビキ」といった革命用語も使うので、ロシア革命がなぜ右翼と共闘するのか訳が分からなかったが、一緒に鼎談を聞いていた共同通信社のSさんが「これは俺がやりたかったことなんだ!先を越された」とわめいていて困惑した。確か、ポスターに「我らのブントは菩薩と呼ばれる」と大書されていて、この意味はいまだにわからない。

菩薩の像が大勢並んだ光景が背景になっていた(新秩序研のポスター)。写真は無関係

菩薩の像が大勢並んだ光景が背景になっていた(新秩序研のポスター)。写真は無関係

全体、よくわからない集会だったが、常氏が不思議な魅力を湛えており、我々の注意を惹いた。ほかの二人はともかくとして常氏だけはまともだね、というのが我々の一致した意見だった。若者の勝手な思い込みと思って聞き流していただきたい。黒色戦線系のアナキストがなぜ大本教と共鳴するのかわからなかったが、リーダーに相応しい人物と感じた。とはいえ結局、我々は新秩序研とは結託しなかった。「オカルト業界の懲りない駄々っ子たち」によれば、武田氏とは1984年にお金のトラブルで手を切ったらしい。世評は知らないが、武田氏も力のある人物だし、武邑氏の優秀さはその後の活躍が物語っている。この三人が活動を続けていたら面白いことになっただろうに(残念)という気持ちが最近、生じた。

こんなことを思い出すのは、内田樹氏が最近、天皇制について発言するからである。(「天皇制についてのインタビュー (内田樹の研究室)」)。内田氏の言わんとすることはよく理解できるが、最後のところでしっくり来ない。その原因を考えていて、アナーキストの方に親近感があるからではないかと思うようになった。アナーキストの原型は私にとって常弘成氏である。「我らのブントは菩薩と呼ばれる」のスローガンも自分に少し近づいた。内田氏は天皇制を支持するが、私は大本教の方を支持する。アナーキストだから。私に影響を与えた人達はアナーキストか神父だった。カトリックにもアナーキストはいる。南米あたりに。結局、そのあたりの考え方に共感するものらしい。ということに最近気づいた。

ところで、アナーキストは「左翼」と違う。そこの違いが本当にはよくわからないのだが。新秩序研と関わったせいで、我々のサークル(W大で学生だった頃)は右翼系列と見なされたらしく、革マル派の人が我々が校内に貼ったメンバー募集のポスターを片っ端から破いたり、捨てたりした。浅羽さんが率いていた幻想文学会も同様の目に遭ったみたいだから、見境がない。言論封殺をする、ろくでもない奴らというのが革マル派に対する私の見解である。思想は関係ない。その系統の左翼団体は皆嫌いである。明言しておきたい。それから、アナーキストはそこに含まれない。

Comments are closed.