春の訪れ@マルタ

今週は復活祭の週とのことで街中のあちらこちらで宗教的儀式が進行していた。マルタ人によれば復活祭の方がクリスマスより親しみを感じるという。それを聞いて思うところがあった。クリスマスは北方の習慣だ。ドイツに住んでいてそう感じた。それと比べるとマルタでは確かに復活祭の方がしっくりくる。これは地中海文化らしい。古来、Astarteという女神がいて、フェニキア人も信仰していたという。マルタにも神殿があったらしい。ローマ人がやってきてそれをアフロディテ(美の女神)と習合した。マルタの人達がAstarteを信仰したと聞いて腑に落ちた。ここは生命の豊穣さを感じさせる。

今回、地中海の島々の歴史について学ぶところが多かったが、これらの島々がスペインや英国、フランスなどに占領されたとき、そこには文化の衝突があったと思う。北方の厳格な神々に地中海の神々は抑圧・抹殺された。豊穣と美、性愛の象徴である Astarte が表面上消し去られたのもその流れのなかでの出来事といえる。バルセロナがスペイン中央政府と衝突を繰り返したり、ギリシアが経済政策をめぐってドイツと揉めるのも、深層にはこれらの文化的衝突があるように思われる。

西の方の海岸に連れて行ってもらった。地中海の光と空気をたくさん味わった。

西の方の海岸に連れて行ってもらった。地中海の光と空気をたくさん味わった。

マルタ人が石をどのように扱ってきたのかを教わった。日本人が木に対していただく感覚に近い。

マルタ人が石をどのように扱ってきたのかを教わった。日本人が木に対していだく感覚に近い。

教会ではすべてが「どぎつい」のだがその理由がわかってすっきりした。生命とその豊穣を讃えているのである。

教会ではすべてが「どぎつい」のだがその理由がわかってすっきりした。生命とその豊穣を讃えているのである。

Comments are closed.