乙女の金沢展

前夜、少し早いのだが誕生日を口実に近所の焼肉屋へ行って思う存分、肉を食べた。先週は時差ボケのせいなのか睡眠障害で2時間しか眠れなかった日もあったのだが焼肉効果なのか8時間眠れた。朝から荒れ模様で雷が鳴り、雹が降る騒がしさだったのだが、一時目が覚めたものの眠り続けることができた。良質のタンパク質と十分な睡眠のお蔭か、すっかり体調/気分とも良くなり、心地よくピアノに向かうことができた。Lisztの曲など、普段は途中で息切れするのだが余裕で最後まで練習曲を弾き通すことができた。子供の頃から肉で育ってきているのだから仕方がない。体は正直だ。

気温10度に満たない寒さで、断続的に雨や雹が降りそそいでいたのだが、「乙女の金沢展」に行った。いろいろな手工芸の作家さんと話ながら物を選ぶことが出来る貴重な機会だから。着くなり冷たい雨が降り注ぎ、風が吹き、結構気持ちが萎えた。(関連する Twitter の投稿を参照のこと。)しかしめげずにテントを周り、木地さんのところで木の皿を買い、久しぶりに会った大西さんから新作のお皿を譲り受け、収穫があった。豆半(吉橋の若のお店)で桜餅も手に入れられたし。一時間ほど会場となっている「しいのき迎賓館」周辺を歩き回るうち雨が止み、陽が差してきた。閉会前の一時間ほど(のみ)であったが明るく、暖かくなってよかった。ゆっくり会場を回ることが出来た。

閉会間際になって雨が上がり日が差してきた@乙女の金沢展

閉会間際になって雨が上がり日が差してきた@乙女の金沢展

直前まで冷たい雨が降り注ぎ、風が吹いていたことが信じられないくらいの好天になった

直前まで冷たい雨が降り注ぎ、風が吹いていたことが信じられないくらいの好天になった

大西さんの作品。大西さんとは彼が研修生だった頃から始まって10年来のお付き合い。腕が上がった。

大西さんの作品。大西さんとは彼が研修生だった頃から始まって10年来のお付き合い。腕が上がった。

Comments are closed.