任務終了@モントリール

お仕事終わってモントリールを出る。フランス語圏ということで幾分かの期待はあったが、やはりテーブルの上に塩とこしょうが当たり前のように載っている所はイギリス化していると判断せざるを得ない。街の雰囲気はメルボルンに似ているけど、オーストラリアは食べ物がおいしいと聞いて楽しみにしていたときと同様の落胆を味わった。最後の2食はベトナム料理屋へ行って食べました。

モントリオールの街角

中華街には海外でよくお世話になります。しかし、マックシェイク片手にモバイルフォンでフランス語を話しながらあるいている中国系らしきカナダ人の女の子を見てこれが彼女の先祖が望んだ国際化の姿なのだろうかと一瞬迷いました。近くの店からは「星影のワルツ」中国版が大音声でスピーカーから流れていました。

モントリールの印象(写真)をまとめましたので時間のある方はご笑覧ください。

Comments are closed.