深澤直人がデザインする生活の周囲展

深澤直人がデザインする生活の周囲展(パナソニック汐留ミュージアム)をみた。(今週は東京と石川を二往復。)深澤直人さんのことはNHKのプロフェッショナルで仕事ぶりを拝見して以来、興味を持っており、昨年、金沢にいらした時には応募して講演を聴きに行ったりもしている。物事をきれいに、整理・整頓するというところ、その追究の仕方に惹かれる。

著名な方だと思うが個展に相当するものは今回初めてとのことで意外だった。パナソニックの製品をいくつかデザインした縁でパナソニック汐留ミュージアムでの展示となったものと思われる。一見すると家具を展示したモデルルームのようでもあり、ついつい展示品(作品)であることを忘れる。リビングを模したコーナーではテーブルランプを下からのぞき見ようとして、ついそこにあったイスに手をかけてしまい、係員に注意される羽目となった。

個々の展示品は深澤氏らしいもので、まぁそうだろうなという感じ。ここでの見所は個々の物ではなく、それらが一緒になって作り出す全体の雰囲気だろう。タイトルにもAMBIENTとある。

本展覧会タイトルである「Ambient」とは直訳すると「環境」ですが、深澤はこの言葉を「周囲」や「雰囲気」と捉えています。深澤は、環境からものの輪郭を導き出していますが、それはつまり、その環境が要請したもの、そこにあるべきものを生み出すことなのです。そのようにして生み出されたものがその場所に投じられることによって、ものと空間が相互に作用し、はじめて「いい雰囲気」が醸し出されるのです。本展覧会では、その「いい雰囲気」を醸し出すことを実践しています。深澤がデザインした「もの」は、生活の中で使用されることにより、さらにその周囲の空気をもデザインすることになるのです。(展覧会の説明から)

というわけでどのような雰囲気を出そうとしたのか読み解こうとした。言葉にすれば凛とした感じ。無駄を排することは厳しさに通じる。日本語英語でいうストイックな感じ。心地よいのだが、こういった「趣味」は世代的には自分たちよりも二世代くらい上のものという感じがする。シンプルに白とか黒で統一して暮らすのが流行ったことがあった。生活感はむしろ感じられないような。。しかし、創作の場には相応しい。要するに人を甘やかさない空間。

リビングだと思う。舞台装置みたいだ。

リビングだと思う。舞台装置みたいだ。

バーカウンターのあるキッチン。スツールが全体を引き締めている。酔えない雰囲気。

バーカウンターのあるキッチン。スツールが全体を引き締めている。酔えない雰囲気。

入り口ホールと思う。来訪者を優しく受け止める空間。

入り口ホールと思う。来訪者を優しく受け止める空間。

バスルームへのアプローチとみた。脱いだ衣類は椅子にかけ、鏡で己の肉体を確認せよとの意味か。痩せられそうだ。

バスルームへのアプローチとみた。脱いだ衣類は椅子にかけ、鏡で己の肉体を確認せよとの意味か。

来訪者と話す空間といった趣。すぐに本題に入れそうだ。

読書室か。集中できそうだ。

廊下の角に照明を配する

廊下の角に照明を配する。自分の位置を光の変化で感じる仕組みか。

子供部屋かな。真面目な子に育ちそう。

子供部屋かな。真面目な子に育ちそうだ。

リカちゃんサイズの加賀友禅を着たリカちゃん撮影会

リカちゃんサイズの加賀友禅を着たリカちゃん撮影会を一人決行した。これにはいろいろ理由があり、9月13日から三日間にわたって金沢大学にて開催する日本認知科学会・全国大会での企画と関係している。加賀友禅をテーマに場の雰囲気を盛り上げようという趣向なのだが、いろいろお金もかかるので資金の足しにすべくポストカードを売ったらどうかという案が浮上し、それが可能かどうかをプロトタイピングして確認するという、そういう経緯。

加賀友禅を着たリカちゃんというものが存在し、この世に30体ほどあるらしいのだが、そのうちの3体が今回この企画でご協力いただいている寺西先生の手元にある。そこでお願いして外に連れ出す許可をもらって撮影会を決行したという次第。男一人、カメラを持って尾山神社と武家屋敷にてリカちゃんを撮影したが、明らかに「変な人」だという自覚があり、大汗かいた。隠すように持ち運んで、でも撮影するときはモデルさんに集中し、連写。

いろいろなことを試してみたが、直射日光は当てない方が良いようだ。てかりが出て人工物っぽく写る。むしろ光が弱い陰で撮った方が人間らしくなるようだ。撮っているうちにだんだん気持ちが通じ合ってきた(笑)。第一回目のカメラリハーサルとしてはうまくいった気がする。

さてこれを売りたいのですが、3枚500円だったら買ってもらえるでしょうか。。

御武家さんの娘が訪れる場所ということでまずは尾山神社を目指します

御武家さんの娘が訪れる場所ということでまずは尾山神社を目指します

池の側で一休み(髪型を何とかしたい)

池の側で一休み(髪型を何とかしたい)

陰影をつけると表情が豊かになる

陰影をつけると表情が豊かになる

だんだん二人だけの世界になってきた

だんだん二人だけの世界になってきた

逆光ですがレフ版で顔を照らして彩度を調整しました

逆光ですがレフ版で顔を照らして彩度を調整しました

翳りのある表情で大人っぽさを演出

翳りのある表情で大人っぽさを演出

人らしくなりました

人らしくなりました

千一億光年トンネル 水戸部七絵

先日のアートシーン(NHK教育)では水戸部七絵の作品も紹介されていて、すさまじい存在感があり興味をもった。映像でみえていないところがあると感じたので実際に見たかった。見られてよかった。

大量の絵の具をつかって平面から立体に盛り上げていく、その度合いが並外れている。絵と彫刻の中間という感じ。その微妙さが面白い。絵を描いているうちにいつのまにか彫刻になってしまったというところが。いや、彫刻というよりは粘土細工か。妙に生々しい。人間の肉体を感じる。

この鮮烈さは、人の生とか死を扱っているせいではないかと思う。赤を塗り重ねて作るこの質感は女性でなければ出せないのではないか。孤独死した老人の精神が見えたらきっとこうなんだろうという気がした。死を描きつつ生き生きとしているのは、この人の才能だろうし、女性のものだという気がした。死が生につながっていく様がかすかにみえる。

生き物を感じる

生き物を感じる

今、何が食べたい?と聞かれて答えた。という感じ。

今、何が食べたい?と聞かれて答えた。という感じ。

教会の地下墓地を思い出した

教会の地下墓地を思い出した

千一億光年トンネル 奥村綱雄

奥村綱雄氏の作品を見に行った。数週間前にNHKのアートシーンで紹介されているのを見て是非とも見たい、見なくてはいけないと思った。最初のチャンスは体の不調で見送ったが、ようやくギャラリーを訪れることが出来た。

布に糸を少しずつ刺して質感のある色彩を作り出すことに惹かれる。「小さな布に1000時間以上」費やすというが、そういう根性物語は別として、それから夜警の仕事の合間に作ったという伝説も別として、作品そのものを見たかった。

ギャラリー地階には 奥村綱雄、Nerhol、水戸部七絵という三人の作品が展示されているのだが、共通するテーマは「2次元と3次元のあいだ」とみた。布に糸を刺していくことで平面ではない、ほのかな凹凸ができる。凹凸が陰を生み出し、質感がでてくる。糸が立体的に光を乱反射することで絵画とは異なった色彩感が得られる。それを追究したのだろう。

もうひとつの特徴は精細な、あるいは繊細な作りにある。細密画に通じる、常識を越えた丁寧さが生み出す超越性がある。じっと見ていると大理石の床のようにも見えてくる。これに類するものを思いつかない。モザイク画のようでもあるが、タイルと糸は質感が違うので似ているとは言い難い。表現の抽象度の高さに惹かれる。敢えて言えばMark Rothkoを思い出させる。でもだいぶ違う。力や構造を感じさせないところがよい。のだろう。

布とは思えない質感がある

布とは思えない質感がある

何針刺したのか数えているらしい

何針刺したのか数えているらしい。どんな計算をしているのだろう。

仕事の過程を見せてくれている

仕事の過程を見せてくれている

裏はこんな感じになっている

裏はこんな感じになっている

サンバ練習会

久しぶりにサンバ練習会に参加した。2年ぶりかな。。体調が万全ではないので見ているだけのつもりだったがガンザを渡されたので気持ちだけ参加した。本番は8月2日下呂温泉(岐阜県)にて、なのだが所用のため参加出来ない。サンバ仲間とも10年以上の付き合いになった。芸術村での練習だったので遠くの方で花火の音がする(北國花火の予行演習)。以前、練習の合間にここから花火を見たね、と言うもそれは10年くらい前の出来事。

芸術村にてサンバ練習

芸術村にてサンバ練習