Top
Photo Drawings Software Writing Reading Memo Study Profile Bookmark 

Study

文系卒・社会人でJAISTへの入学を考えている方の参考に。 授業についていけるだろうか不安だと思いますので、 授業内容がつかめるよう試験問題や提出したレポートも公開しておきます。

わたし自身、レポート作成のおかげでLaTexを覚えることができたの ですが、LaTexの書き方について参考となる実例が少なく苦労しました。 そこで、LaTexソースも公開します。

家計

収入

会社を辞めて入学する場合、在職中の貯金に主に頼ることになると思います。 わたしの場合、入学時の貯金は150万ほどでした。 退職時には300万ありましたが、 半年間プラプラしているうちに消えてしまいました。 入学直前まで退職すべきではなかったと思います。

日本育英会の奨学金は、修士の場合、月84,000円です。

博士課程に限ったことですが、アメリカの大学院と同様に、 研究室の予算から学生に給料が支払われるケースもあります(わたしがそうでした)。

また、これも博士課程に限ったことですが、 学術振興会の特別研究員となれば月2、30万を給料としてもらえます。 ただし、これはJAISTでは年に一人いるかいないかというレベルです。

授業料

現在、授業料が年間50万とかなり高額です。 授業料免除制度があるので、申請をお勧めします。

ただし、最近では全額免除はまず認められないそうです。 半額免除を狙うことになりますが、独立生計であれば認められるのでは ないでしょうか。少なくとも私の場合、申請はすべて通りました。

判定基準となる家族構成/収入額を挙げた資料を授業料免除の説明会で配布 していました。厚生課(kousei@jaist.ac.jp)に問い合わせれば教えてもらえ ると思います。

また、短期修了すれば当然その分の授業料が不要になります。 短ければ良いというものでもないですが、私としては2年間は長すぎ、 1年半ぐらいがちょうどよかったかなと思います。

支出

寮に入居し、授業料半額免除してもらい、 JAISTに引きこもって学問に専念して過ごすのであれば、 月々の支出は
住居光熱費15,000
食費30,000
授業料25,000
税・保険等15,000??
85,000
ぐらいにおさめることができます。 したがって、 貯金がそれほどなくても日々の生活は奨学金でほとんどまかなえます。 (ただし、育英会奨学金は給付ではなく貸与なので修了後に返済しなければ なりません。)

生活

クルマ

クルマがないとかなり不便です。 食料品・日用品を買うにも、最寄りのスーパーはJAISTから 山を越えて川を渡って5km先です。 大規模な店となると町を二つ三つ越えた10km先になります。 自分で持つか、クルマを持っている友人を見つけるか、 またはJAISTバスに頼ることになります。

私の場合、修士の2年間はバスに頼りきりで、山を下りるのは週一回スーパー で1週間分の食糧を買い出しするときぐらいでした。 ですが、クルマは自分で持っていた方がかなり便利です。

学内の駐車場代は月1000円のみです。付近のアパートも駐車場付きがほとん どです。3月になると学内のnet-newsに「クルマあげます」(売りますでは なくて)との記事が投稿されるので、学内の誰かに頼んでこれで手にいれれ ば安上がりです。

田舎の理系大学ですので、服装に気を遣う必要はありません。 秋葉原スタイルで十分でしょう。

わたしは二年間を次の服装で通しました。

春夏
Tシャツ+短パン
秋冬
ダウンコート+Tシャツ+ジーンズ
とくに春夏はほとんど寝起きのままです。

学内に食堂はありますが、あまり期待しないほうがよいでしょう。 利用者数が少ないので仕方無いことだとは思います。

かといって、周囲(少なくとも歩いていける範囲)に、 他に食堂はわずか(NTTの社内食堂と、喫茶店兼飲み屋)しかありません。

わたしはJAISTにいる間に自炊をおぼえました。 JAISTでの一番の収穫はこれだったように思います。

JAIST入学前は、巣鴨で63,000円の1ルーム(約6畳、エアコンなし、電気コンロ) に住んでいましたが、 こちらでは、その家賃で2LDKや借家に住めます。 もちろん駐車場、エアコン、ガスコンロつき。 1Kぐらいなら、3万円台から見付けることができるでしょう。 (JAIST直近は若干高いようですが。) ただし、これらはいずれもJAISTからは多少距離があるので(少なくとも徒歩圏外)、 クルマを持っていることが前提となります。

クルマがない、お金がない、学業に専念したいのであれば、 JAIST学内に学生寄宿舎があります。 寄宿料は8千円、光熱費が私の場合5千円ほどでした。 ただし、部屋は狭いです。

学業

入学試験

社会人入学の体験記にあたると、 合格するまでに1年は受験勉強に専念する必要があるなどと書いてあります。 そういうものかと思って、わたしも会社を辞めてしまいましたが、 それからひと月後の試験で受かってしまいました。

JAISTのWebページにも書いてあるように、 JAISTの入学試験は他大学にくらべ通りやすくなっています。 社会人の場合はさらに基準が甘くなっているのではと思います。 わたしも面接の出来は散々でした。 ですので、JAISTの入試準備のために会社を辞める必要はないと思います。 それに、合格して入学するまでの間に心変わりしないとも限りません。

授業難易度

授業についていえば、まったく、人によります。 入試の倍率は低く、したがって学生の学力はかなりバラついています。 学校としても、大量に留年者を出すわけにはいかないので、 授業内容のレベルは低く設定されがちです(年々易しくなっているそうです)。 さらに今年(2002)からは、4月初めに試験を受けて合格すれば単位を与えられ講 義を受けなくてよいという制度ができました。 講義を受けるにしても、教科書や配布資料をきちんと読んでおけば、未経験 であってもついていけると思います。

ただし、数学とプログラミングについては、いずれかをある程度分かってい ないと修了に必要な単位をとるのが大変かも知れません。 プログラミングについていえば、CかJavaが必要です。(PrologやMLを使う授 業もありますが、これらについては未経験を前提とした授業なので問題ないで しょう。)といっても、書かされるプログラムは100から200行ほどの サイズです。

入試に受かってしばらくすると、JAISTから、「これは読んでおけ」という 書籍のリストが送られてくるので、入学前に読んでおくことをおすすめしま す。学期が短く授業の進度が早いので、入学後は気持が焦ります。最初の4 ヶ月は落ち着いて勉強する時間がありません。

修論主テーマ、副テーマ、研究室ゼミについては、研究室によりけりですが、 サボらなければ修了はさせてもらえると思います。 (6人中5人留年という研究室も例外的にありますが。)

2000/04-2000/05(I-1)

研究室配属はこの学期の総得点で決まるので、 多めに履修しておいた方が良いと思います。 また、この1-1期に3科目で90点以上をとることができれば、 短期終了に挑戦する資格を得られます。 これまでの最短記録は1年半だそうです。 研究室配属はこの学期の総得点で決まる。
やる気にあふれている時期でもあるので、多めにとる。

地方から来ている人が多いし理系だからなのだろう。
学生さんは素朴な感じで、女の子は化粧もしてないしで 田舎の高校のクラスのようで微笑ましい。
上京して大学入ったとき、都会の学生の華やかさに 圧倒されたのを思い出した。
その時とはまた別の意味で新鮮だ。

I113:オートマトン(渡部先生)
たいへん分かりやすい。しかし、渡部先生は東工大に戻ってしまわれた。 非常に残念。
「入門講義」ではあるが、レベルは他の講義と違わない。
証明問題など高校以来なので、試験のときはえらく緊張してしまった。
成績は、二回の試験と毎週の宿題による。

I217:プログラミング方法論(二木先生)
前半はML、後半はCafe OBJ。
参考書である「プログラミング言語」(武市正人)・ 「ML for working programmer」(L.C.Paulson)は勉強になる。
「プログラミング言語」はHaskell系のGoferでプログラムが記述されている。 HaskellはMLと並ぶ関数型言語界の二大勢力のひとつなので、 ここで慣れておいたことが後で論文を読む際に役に立った。 そのほか、「継続」の考え方もこの本で学んだ。
「ML for working programmer」は二冊めに読むべき本。 MLをはじめて学ぶには適当ではないが、 入門書より上のレベルの本はほかにあまりない。 前半はモジュールの話やちまちまとしたアルゴリズムの話ばかりで読んでいると眠くなるが、 後半はパーザや定理証明系などまとまったプログラム例が出てくるので面白い。 とくにパーザはレポート作成にも参考になった。
(ちなみに、わたしの指導教官がMLの教科書を出版されました。)

Cafe OBJを学べる貴重な機会。 項書換え系とはなんぞや、という基礎的なレベルから講義して欲しかった。 参考になる書籍が見当たらなかったので、 user's manualのみ読了(Cafe OBJ reportは数学の用語が分からなかったため 挫折)。

成績は、4回のレポートと1回の試験による。
(講義のHP) (提出したレポート: No. 0  No. 1  No. 2  No. 3)

2002年度のI217HP 試験問題・解答例などを含む。)

I224:システムソフトウェア特論(篠田先生)
篠田先生目当てに受講。 「BSDを256倍使うための本」(アスキー)から引用すると、 篠田先生は「日本で最高、いや多分世界でもTOPレベルのハッカーである(もう 書き切れないくらいの偉業を成し遂げた人だ)」。 わたしがJAISTを選んだのも、篠田先生がいらっしゃったからだ。 ネットワークに興味があったわけではないが、 それほどすごい人がいるなら、悪い学校ではないだろうと判断した。
成績は、3回のレポート(単純なシェル、パイプをくわえたシェル、HTTPサーバの作成)による。
UNIXプログラミングははじめてで、Cプログラミングも久しぶりだったので勉強になった。
Autoconf,Automakeもこのレポートではじめて使う。
(レポート: No.1(No.2で上書きしてしまったので消滅)  No.2  No.3  )

I211:数理論理学(大堀先生)
こまごまとした多くの規則にとまどわされるが、 冷静にそれらを機械的に適用していけば意味が通じる。
図書館から借りた教科書が「当り」だった。 訂正や、つまずきそうな個所の解説など、書き込みが加えられていて、助かっ た。教訓:「汚い教科書を借りるべし。」
論理学をプログラミング言語研究に応用しようというのが、 わたしがいま所属している研究室の方針のひとつとなっている。 この講義でもっと勉強しておけば良かったと、最近感じる。
成績は、2回の試験による。
(試験問題と答案:
中間試験:ps  pdf  LaTex
期末試験:ps  pdf  LaTex)

2000/06 - 2000/07 (I-2)

いずれの分野にも興味はなかったのでコメントも余りない。
人工知能・自然言語は教科書読んでおけば大丈夫。
離散数学は教科書読んでもよく分からず。

I215:人工知能特論(佐藤先生)
「人工知能」岩波講座ソフトウェア科学に沿った内容。
佐藤先生は京大に戻られた。
成績は、4回の小テストと1回の試験による。 そのほかオプションで自由課題レポート。
(レポート:自由課題)

I223:自然言語処理I(奥村先生)
「自然言語処理」岩波講座ソフトウェア科学に沿った内容。
奥村先生は東工大に戻られた。
成績は1回の試験による。
A4一枚に限り資料持ち込み可だった。 時間かけて作ったがあまり役に立たず。
(作成した持ち込み資料: ps  pdf  LaTexソース)

I216:離散数学(平石/宮地先生)
文系出身者は、数学関係ではこの講義ぐらいしか単位をとれないのでは。
前半と後半で講師が替る。
前半:グラフ理論や集合など。
後半:群、体、環、、、。
成績は、毎週のレポートと、前後半それぞれ1回の試験による。
(前半のレポート:(手書きで作成したので公開不能)
前半の試験問題: ps  pdf  LaTexファイル(tar.gz)
後半のレポート: No.1(ps,pdf)  No.2(ps,pdf)  No.3(ps,pdf)  No.4(ps,pdf)  No.5(ps,pdf)  No.6(ps,pdfNo.1-6のLaTexファイル(tar.gz)

I413:理論計算機科学
I422:高機能アーキテクチャ
こんなプログラムを作っ てみました。役に立つかも。
(この講義をわたしは受講していません。)

2000/08

わたしのとっていた講義では「夏休みの宿題」は無かったが、 レポートの締め切りを8月中に設定している講義もある。
この時期に、関数型言語、論理型言語の実装について の書籍を読んだ。

TOEFL
夏と冬の二回、JAIST校内でITP-TOEFL(ITP=Institutional Testing Program) という廉価版のTOEFLを受験できる。 ITP-TOEFLはTOEFLの過去問を使った試験で、受験料は安いが、 スコアをアメリカへの留学申請には使うことができない。 JAISTで博士後期課程への学内進学を申請する際には TOEFLスコアで450が必要となるが、 これはITP-TOEFLのスコアであっても構わない。 そのほか、このITP-TOEFL、もしくは正式のTOEFLで500以上のスコアを取得す ると、講義と同様に2単位獲得できる。ただし、成績表に点数がつかない。
試験時間が連続2時間半なのでつかれる。トイレが近い体質なので苦痛。 夏はそうでもないが、冬は試験よりそっちのほうが心配。
600以上のスコアであれば、 アメリカ留学を考えてもいいんじゃない、というレベルらしい。 また、あるところでネイティブの人たちに受けさせてみたところ、平均630だっ たそうだ。

2000/09

この時期に集中講義がおこなわれる。
内容は、国際経済とか経営論や、英会話/作文の演習など。 文系から理系への転身を図ってわざわざこの大学院に来たのに 文系の授業を受けるのもおかしいのでわたしは受講せず。
12月にも集中講義はおこなわれる。

I-1,I-2の点数が通知されるのもこの時期。
ただし、「優良可」の3段階での成績は各学期の成績が集計されるとまもなく 自動発行機で受け取ることができる。
学割証明書も自動発行機で受け取ることができる。 最近はどこの大学でもそうなのだろうか?

MLのJAVAコンパイラが作れないものかと思い、 この時期にJVMについて調べた。 結局、MLコンパイラは作れなかったが、 ここで学んだことは、 I-3のソフトウェア環境特論でJAVAコンパイラを作成した際に役立った。

2000/10 - 2000/11 (I-3)

I226:コンピュータネットワーク特論(丹先生)
「Computer Networks」(Tanenbaum)を読んで以来、ネットワークへの興味をな くしていたので、受講に乗り気ではなかった。 院卒の会社同期がみなネットワークに詳しかったので、 知っておかないと恥ずかしいかも、という消極的な理由で受講。
が、講師が熱く講義してくれるので90分が退屈ではなかった。
受講者数も大講義室が満員になろうかというほど。
これだけ聴衆が多ければ話す方も燃えるのかも。
理系だと常識だろうが、周波数とか帯域とか物理用語がよく分からない。
成績は、2回の試験による。

I425:ソフトウェア環境特論(渡部先生)
コンパイラの授業。「オートマトン」と同じ講師。
ゼミの準備やレポート作成などに労力を費やしたために、参考書が読めず残念。
視力が低下したためOHPが読めなかった。
成績は、1回のレポート(コンパイラ作成)による。
一度はコンパイラを作ってみたいと思っていたので、 この課題にはしばらく没頭することができた。
授業でコンパイラをつくるというのはどこの大学院でもやっているようだ。
(レポート:No.1)

2000/12 - 2001/02

副テーマ
12月から1月にかけて、副テーマにかかりっきりとなる。
あるテーマについて調査してまとめたり、 言語処理系をつくってドキュメントにまとめたりといったことをおこなう。
指導教官の選択は早いもの順。 わたしは渡部先生に指導教官をお願いする。
主テーマと副テーマはなるべく関連の薄い分野を選ぶのが本来であるが、 最も似たようなことをやっているテーマを選んでしまった。
しかも、渡部先生が「ソフトウェア環境特論」の講師であったこともあり、 その講義で作成したコンパイラを拡張することですませてしまうという (大変ではあったが)、 あまりよくない手段をとってしまった。
(成果物:J#)

2001/03

研究計画提案書
副テーマを2月末に終わらせると、 つぎは3月末までに研究計画提案書(プロポーザル)を提出する。
プロポーザルに対して要求されるレベルは教官により違う。
研究室によっては、5-6回も書き直しを繰り返しさないと教官の承認を得られないところもある。
わたしのところはそれほどのものは求められなかった。 自分としても満足できるプロポーザルではない。 ほかの研究室のひとたちは研究内容や方向がだいぶ固まっているようだが、 これで大丈夫なのか、自分?
LaTexで作成する場合は専用のスタイルシートを使う。
(プロポーザル: ps  pdf  LaTexソース)

2001/04-2001/06

この時期の成果は、ラムダ式のコンパイラを作ってドキュメントにまとめたぐ らい。

ラムダ式コンパイラ作成
ラムダ式のコンパイラ(Dum-Lambda)を作成した。 これまでのゼミや読書で学んだ内容を整理するために、 自分なりにドキュメントにまとめることが目的だった。

2001/07-2001/08

この時期、Term-Decompositionというパターンマッチコンパイルの手法と取り組ん だ。
難しい。手に負えない。 理解するのがやっと。 中間審査が近づくが、これをさらに発展させることはできそうにない。 行き詰まってしまった。
中間審査まで2週間。 この路線はギブアップして、 それ以前まで勉強してきた線に沿った方向でテーマをまとめることにした。

中間審査
9月4日の中間審査会で研究内容を発表した。
中心的なアイデアが浮かんだのは8月20日。発表の2週間前だった。
ただし、研究の動機/目的はだいぶ前から定まっていた。
スライドは最初Windows上でパワーポイントを使って作り始めたが、 数式を入力するのが面倒で、また思うようなレイアウトが得られないのであきらめ、 Unix上でLatexを使って作成しpdfに変換してWindows上で発表することにした。 ほかの人と比べると、見劣りがする。
配布資料( ps  pdf) , スライド( ps  pdf ), 資料とスライドのLaTexソース

2001/09

修論テーマを思いついた当初は、 我ながら、いいアイデアが浮かんだなと自画自賛だったが、 冷静になってみると、たいして目新しいことでもなかった。
ただ私自身、研究者を目指しているわけではなく、 新規の領域を開拓することより、 既存の成果をまとめたり分かりやすく解説し直すことのほうが好きなので、 これはこれでよいかなと思う。
九月末時点
ひと月過ぎた時点でここまで書いたが、 これ以上書くことが見当たらない。浅いテーマだ。
修論というより学部の卒論レベルだ。 もともと学部に入り直そうかと思ったが4年は長すぎるので 大学院に入ったという経緯がある。 だから、卒論を書くぐらいの気分でいるのかもしれない。
ps  pdf  LaTexソース

2001/10

はじめて学会というものに参加(見学)してきた。 そもそも理解できる内容でなかったのだが、それ以前に英語が聞き取れない (Japanese-Englishは除く)。
研究は進まず。

2001/11-2002/01

実装を始める。
といっても、まったく新規にコードを起こすのではない。 去年から、書籍や論文を読んで、なるほどと思ったところ、 たとえば型推論やパターンマッチなどを確認のため自分で実装してきた。 今年の夏ぐらいから、それらのコードをつなぎ合わせて 字句解析からバイトコード生成、実行までひととおり動作するものが できていた(こちら)。 今度は、それを一部拡張し、また、ランタイムをC++で書き直している。

2002/02

修論
一月の後半ぐらいから論文を本格的に書き始める。
最後の2週間ぐらいは、夜の3-4時まで作業する。 学部で卒論を書いたときもこんな感じだった。
最終的に100ページまで膨らんだ(付録含む)。
提出が2月15日。発表が18日。
発表に使うスライドは14日から16日にかけてつくる。 これが意外と難しい。 スライドには結果のみを記載し、 それに至る過程はカットした。 そして、口頭で説明する際に話がつながるように ストーリーを工夫する。 すると、論文に書いたものよりも良い筋書きになった。 しかし論文は提出済み。少し早いうちからスライドをつくり始めた方が良かっ た。
できあがった論文はこちら
スライドはこちら(ps pdf LaTexソース)。

2002/03

論文作成
修論の一部をもとにして学会投稿用の論文を書く。
見事accepted!!
ではあるが、主要な証明などは先生に書いていただいたものなので 自慢するのも気が引ける。
まぁ、最初のアイデアはわたしが発明したものなので、 履歴書に書いても罰はあたらないでしょう。。。 それも先生の論文がなければ思い付かなかったのだけれど。

2002/04-2002/05

Teaching Assistant
I217「プログラミング方法論」のT.A.を担当する。 レポート課題作成と採点が業務。
久し振りに「客」相手の仕事で、張合いがある。 受講者が2、3人しかいなかったのが残念ですが。

作成したWebページはこちら