トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Menu

Last-modified: 2018-04-27 (金) 17:40:28 (564d)
 

Name : 金野 武司(Konno Takeshi)
Gender : ♂
Date of Birth : 1974.6.9
Nationality : 日本
Affiliation : 金沢工業大学 工学部 電子情報通信工学科に移りました(2016.04〜)
Position : 講師

 

研究分野

私は人間のコミュニケーション能力をコンピュータシミュレーションやロボットといった人工システムで抽象的に再現することを通じて,人をユニークに特徴付ける能力が何なのか,そしてその能力を実現する本質的なメカニズムが何なのかを探求しています.

他の動物との違いとして,人のユニークさは他者の意図を推論しようとするスタイルを持つことにあると私は考えています.このスタイルのメカニズムや発達,機能や進化的起源を探求していくための研究として,現在は次の2つのテーマに取り組んでいます.

  1. 視線によるコミュニケーション行動として知られる共同注意についての研究
  2. シンボルコミュニケーションシステムの形成過程についての研究

i.意図的主体性についての研究

意図的主体性/研究報告編集

雑誌:

  • Konno, T.,(2019)
    "Mechanisms of intentional joint visual attention," Philosophical Inquiries, 7(1):63–76 (doi:doi.org/10.4454/philinq.v7i1.239).
  • 金野 武司, 柴田 正良,(2011)
    "回帰的意図理解をめざす共同注意ロボット," 科学哲学,vol.44(2), pp.29-45 (pdf).
  • 金野 武司, 橋本 敬,(2008,06)
    "乳幼児の視線:交互凝視行動の計算論的研究," 認知科学,vol.15(2),pp.233-250 (pdf).

学位論文(知識科学):

  • 金野 武司,(2008.05)
    "乳幼児の視線:視覚的コミュニケーション行動における意図的主体性形成の構成論的研究," 北陸先端科学技術大学院大学. (pdf).

会議&研究会:

  • Shoji Nagataki, Tatsuya Kashiwabata, Takeshi Konno, Takashi Hashimoto, Hideki Ohira, Toshihiko Miura and Masayoshi Shibata (2019.10.25)
    "A robotic and philosophical study on the nature of agency: An interdisciplinary approach," TRENDS IN INTERDISCIPLINARY STUDIES 4th Avant Conference 2019, Oct. 24-26th, Porto, PORTUGAL, Book of abstracts, pp.53-54.
  • Irie, R., Konno, T. (2019.10.8)
    "Effects of Turn-Taking Dynamics Without Contingency: A Visual Interaction Experiment," Proceedings of the 7th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2019), pp.239-240, DOI:10.1145/3349537.3352778, Musubiwaza-kan of the Kyoto Sangyo Univ., Kyoto, Japan, Oct. 6-10th.
  • Shoji Nagataki, Hideki Ohira, Tatsuya Kashiwabata, Takeshi Konno, Takashi Hashimoto, Toshihiko Miura, Masayoshi Shibata and Shin'Ichi Kubota (2019.6.25-28)
    "Can Morality Be Ascribed to Robots?," Interacción '19 Proceedings of the XX International Conference on Human Computer Interaction, Article No. 44, 4 pages, doi:10.1145/3335595.3335643, June 25-28, Donostia, Gipuzkoa, Spain.
  • 入江 諒, 金野 武司 (2019.2.18)
    "円図形を介した視覚的インタラクション実験における主従関係の時系列分析," 新学術領域共創言語進化第3回全体会議, ポスター89, 沖縄ホテルムーンビーチ, 2019.2.18-19.
  • Hideki Ohira, Shoji Nagataki, Takashi Hashimoto, Tatsuya Kashiwabata, Takeshi Konno, Masayoshi Shibata, Toshihiko Miura, Shin’ichi Kubota (2018.11.30-12.1)
    "A philosophical and experimental study on the robot as a moral agent," International Workshop on Morality and Robots: Moral HRI, 4 pages, Nakano Campus, Meiji University, November 30 – December 1, 2018.
  • Shoji Nagataki, Masayoshi Shibata, Takashi Hashimoto, Tatsuya Kashiwabata, Takeshi Konno, Hideki Ohira, Toshihiko Miura, and Shin'ichi Kubota (2018)
    "On the robot as a moral agent," Cristina Manresa-Yee and Ramon Mas Sansó (Eds.) Interacción 2018 Proceedings of the XIX International Conference on Human Computer Interaction, Article No.: 24 (5 pages), ACM, New York, NY. doi:10.1145/3233824.3233832.
  • 入江諒, 金野武司 (2018.8.30-9.1)
    "円図形を介した視覚的同調動作における主従関係の相関関数による分析," 日本認知科学会第35回大会発表論文集, pp.354-360.
  • 橋本敬, 金野武司, 長滝祥司, 大平英樹, 入江諒, 河上章太郎, 佐藤拓磨, 加藤樹里, 柏端達也, 三浦俊彦, 久保田進一, 柴田正良 (2018.8.30-9.1)
    "ロボットは道徳的な行為主体になり得るか,<個性>を持ち得るか," 日本認知科学会第35回大会発表論文集, pp.958-960.
  • 入江 諒, 金野 武司 (2018.8.7)
    "円図形を介した視覚的同調動作における主従関係の相関関数による分析," 新学術領域共創言語進化第2回全体会議, ポスター76, 琵琶湖マリオットホテル, 2018.8.7-8.
  • 金野武司 (2018.3.28)
    "ロボットの個性を考えることの意味とそれを研究にするための試行錯誤について, " 第10回感情と思考の科学研究会 招待講演, 金沢工業大学 23号館511室.
  • 入江諒, 金野武司 (2017.12.11-12)
    "仮想オブジェクトを介した視覚的インタラクションにおけるターンテイクダイナミクスの分析," HRIシンポジウム2017, P-28(4pages), 金沢歌劇座. (pdf).
  • 入江諒, 金野武司 (2017.9.13-15)
    "仮想オブジェクトを介した視覚的コミュニケーションにおけるターンテイクダイナミクスの分析, " 日本認知科学会第34回大会予稿集, pp.747-750 (2017). (pdf).
  • Shoji Nagataki, Masayoshi Shibata, Tatsuya Kashiwabata, Takashi Hashimoto, Takeshi Konno, Hideki Ohira, Toshihiko Miura, Shinichi Kubota, (2017.7.26-29)
    "Robot as Moral Agent: A Philosophical and Empirical Approach," Proceedings of the 39th annual meeting of the cognitive science society (CogSci2017), p.3795, Hilton London Metropole, London, UK, Jul.26 - 29, 2017.
  • 金野武司 (2015.8.21)
    "意図を成立させるメカニズムの検討:非記号・記号コミュニケーションの計算モデル構築より," 第2回複雑系×科学哲学沖縄研究会, 琉球大学千原キャンパス(法文棟107教室), 2015/8/19-21.
  • Konno,T., Nagataki,S., Shibata,M., Hashimoto,T., Ohira,H., (2014.7.25)
    "Effects of uncovering gaze target mismatch in human-robot joint visual attention on evaluation of understanding and impressions of robot," Proceedings of the 36th annual meeting of the cognitive science society (CogSci2014), ISBN: 978-0-9911967-0-8), p.3309, Quebec City Convention Center, Quebec City, Canada, Jul.23rd-26th,, 2014.
  • 金野 武司, 長滝 祥司, 柴田 正良 (2013.12.8)
    "ロボットとの共同注視場面において注視対象の確認手続きが与える主観評価への影響, " HAIシンポジウム2013, 予稿集 S-6, p.229--236, 岐阜大学 駅前サテライトキャンパス, 12/7,8, (pdf).
    本論文はHAI2014にて Outstanding Research Award をいただきました.審査に携わっていただいた方々に感謝いたします.ありがとうございました.
  • Shoji Nagataki, Masayoshi Shibata, Takeshi Konno, Takashi Hashimoto, Hideki Ohira, (2013.8.1)
    "Reciprocal Ascription of Intentions Realized in Robot-human Interaction," Proceedings of the 35th annual meeting of the cognitive science society (CogSci2013), p.4061, Humboldt Univ., Berlin, Germany, Jul.31 - Aug.3, 2013.
  • 金野 武司 (2013.1.17)
    "コミュニケーションはなぜムズカしい?," 中京大学 国際教養学部 学術講演会, 中京大学名古屋キャンパス 524教室, Jan. 17.
  • 金野 武司 (2011.8.30)
    "心の哲学とロボット工学の出会い〜ロボットの持ち得る意図的主体性は人の心的表象の理解にどのように迫れるか," 「複雑系科学と応用哲学」沖縄研究会第1回大会, 琉球大学千原キャンパス, Aug. 29-31.
  • 金野 武司 (2011.8.27)
    "実環境での視線計測データのリアルタイム活用 〜意図的な視線を捉えたい〜," アイトラッキッズ ジャパン2011, 京都リサーチパーク サイエンスホール.
  • 金野 武司,柴田 正良,(2010.11.28)
    "ロボット制作現場での哲学とロボット工学の出会い 〜共同注意の発達過程をテーマに〜," 日本科学哲学会シンポジウム 「ロボット工学と哲学―学際融合研究での科学哲学の役割」, 大阪市立大学 杉本キャンパス.
  • Nagatak,S. , Shibata,M., Konno,T., Hashimoto,T., and Hattori,H.(2010.09)
    "Joint Attetion Realized in a Robot with Intentional Agency," Proceedings of the European Conference on Complex Systems, ECCS'10, CD-ROM Track D:Complexity and Computer Science, No.59, Sep. 13-17, ISCTE-Lisbon University,(abstract).
  • Konno,T. and Hashimoto,T.(2010.08)
    "An Experiment with Human-robot Interaction to Study Intentional Agency in Joint Visual Attention," Proceedings of the 9th IEEE International Conference on Development and Learning, ICDL9, IEEE Catalog Number: CFP10294-DVD, No.101, Aug. 18-21, University of Michigan, (pdf).
  • 金野武司,橋本敬,(2010.05)
    "心的状態のメカニズム的理解を得るための研究手法について," MYCOM2010(第11回AI若手の集い), オンライン予稿集5-1(pdf), 下呂温泉山形屋, 5/27-28.
  • 金野 武司, 橋本 敬,(2010.03)
    "意図的な共同注視行動を獲得する人工システムの構築とその検証方法," インタラクション2010, 学術総合センター/一橋記念講堂,ディジタル予稿集(CD-ROM), 3/1,2,(pdf).
  • Konno,T. and Hashimoto,T.(2009.03.02)
    "Computational study on infants' visual communication for constructing intentional agency," 11th Tamgawa Dynamic Brain Forum: Creativity, Dynamics, and Mutual Interaction, Hotel New-Akao in Atami, Mar.2-4.
  • Konno,T. and Hashimoto,T.(2008.03)
    "Computational Study on Joint Visual Attention How with Intentional Agency by Serial Architecture with Goals and Means," 3rd International Nonlinear Science Conference,駿河台メモリアルホール,中央大学,Mar.13 - 15,(2008).
  • 金野 武司, 橋本 敬,(2007.09)
    "社会的参照の獲得における参照視行動の役割 ─構成的アプローチによる検討─," 日本認知科学会第24回大会論文集, p.80-81, 成城大学, 9/3-5, (pdf).
  • Konno,T. and Hashimoto,T.(2007.01)
    "Elementary Developmental Process of Intentional Agency: Artificial Construction of Gaze Alternation in Communicative Eye Gaze by fants," Proceedings of the Artificial Life and Robotics, AROB 12th '07, Oita Univ., eppu, Japan, Jan.25 - Jan.27,(2007 accepted). (pdf,abstract)
  • 金野武司,橋本敬,(2006.10)
    "交互凝視における視線の応答的シグナル化と意図的主体性の発達的構成,"
    MPSシンポジウム2006「複雑系の科学とその応用」講演論文集,pp.195-202,(2006) (pdf)
  • Konno,T. ,Hashimoto,T.,(2006.06)
    "Developmental Construction of Intentional Agency in Communicative Eye Gaze,"
    Proceedings of the International Conference on Development and Learning, ICDL '06, Indiana Univ., Bloomington, USA, May 31 - June 3,(2006). (pdf,abstract)
  • 金野武司,橋本敬,(2006.01)
    "交互凝視における能動的主体性表現の構成論的モデル,"
    電子情報通信学会技術研究報告 ニューロコンピューティング研究会, Vol.105, No.543, NC2005-97 (pdf).
    プログラムはこちらを参照下さい。
  • 金野武司,橋本敬,(2005.10)
    "共同注視における意図理解の構成論的モデル,"
    MPSシンポジウム2005「計算科学シンポジウム」講演論文集,pp.179-186,(2005) (pdf)

ii.シンボルコミュニケーションシステムについての研究

シンボルシステム/研究報告編集

雑誌・書籍

  • 森田 純哉, 金野 武司, 奥田 次郎, 鮫島 和行, 李 冠宏, 藤原 正幸, 橋本 敬(2018)
    "協調的コミュニケーションを成立させる認知的要因−認知アーキテクチャによるシミュレーション−," ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.20, No.4, pp.435-446, (2018).
  • Li,G., Konno,T., Okuda,J., Hashimoto,T. (2016)
    "An EEG Study of Human Mirror Neuron System Activities During Abstract Symbolic Communication," Advances in Cognitive Neurodynamics (V), Springer, pp.565-571, (2016.01).
  • Hashimoto,T., Konno,T., and Morita,J. (2015)
    "Dividing Roles and Ordering Information Flow in the Formation of Communication Systems: The Influence of Role Reversal Imitation," In Hans Liljenström (Ed.), Advances in Cognitive Neurodynamics IV, pp.447-452, Springer, (2015).
  • Okuda,J., Suzuki,M., Konno,T., Morita,J. and Hashimoto,T. (2015)
    "Planning based on one's own past and other's past during a symbolic communication task," In Hans Liljenström (Ed.), Advances in Cognitive Neurodynamics IV, pp.537-542, Springer, (2015).
  • 金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬,(2014.9)
    "言語的コミュニケーションシステムの創発に関する実験的アプローチ," 計測と制御, 特集:言語とコミュニケーションの創発に対する複雑系アプローチ, Vol.53, No.9, pp.801--807, 2014.
  • Konno,T., Morita,J. and Hashimoto,T. (2013)
    "Symbol communication systems integrate implicit information in coordination tasks," Advances in Cognitive Neurodynamics(III), Springer, pp.453-460, (2013.05).
  • Hashimoto,T., Nakatsuka,M. and Konno,T. (2012)
    “Constructive modeling of Gramaticalization for the origin and evolution of language,” In Shiro Ojima, Yukio Otsu, John F. Connolly and Guillaume Thierry (Ed.), Future Trends in the Biology of Language, pp.53–81, Center for Advanced Research on Logic and Sensibility, Keio University, (2012.3.30).
  • Hashimoto,T. and Konno,T.,(2011)
    Language origin from simulation of language evolution, Comment on "Modeling the Cultural evolution of language " by Luc Steels, Physics of Life Reviews, Vol.8, pp.365-366, (2011).

会議&研究会:

  • Kawakami, S., and Konno, T. (2019.9.9)
    "A computational study on effective mechanism for the formation of hermeneutic circle in symbolic communication," Protolang6, Gulbenkian Foundation, Lisbon, Portugal, Sep. 9-13th, poster presentation.
  • 齊藤 優弥, 金野 武司 (2019.9.7)
    "構造依存性を持つ記号表現の発生過程を観察可能にするゲーム課題の設計," 第36回日本認知科学会大会(JCSS2019)予稿集, pp.981-985. PDF, オーガナイズドセッション(OS10)言語コミュニケーションにおける階層性と意図共有の統合:人間性の進化的理解へ向けて, OS10-4, 静岡大学 浜松キャンパス, 9/5-7.
  • 金野 武司, 村上 萌美 (2019.9.6)
    "記号の意味推定に応じた行動修正のメカニズムが集団での共通語彙の形成に果たす役割の解明," 第36回日本認知科学会大会(JCSS2019)予稿集, pp.816-820. PDF, ポスターセッション P2-58, 静岡大学 浜松キャンパス, 9/5-7.
  • 河上 章太郎, 金野 武司 (2019.2.18)
    "記号コミュニケーションにおける循環構造の再現に向けた言外の意味の調整メカニズムの導入とその効果," 新学術領域共創言語進化第3回全体会議, ポスター92, 沖縄ホテルムーンビーチ, 2019.2.18-19.
  • 齊藤 優弥, 金野 武司 (2019.2.18)
    "構造依存性を持つ記号表現の発生過程を解明するための陣取りゲーム課題の開発," 新学術領域共創言語進化第3回全体会議, ポスター93, 沖縄ホテルムーンビーチ, 2019.2.18-19.
  • Masayuki Fujiwara, Takashi Hashimoto, Guanhong Li, Jiro Okuda, Takeshi Konno, Kazuyuki Samejima, Junya Morita (2018.10.24-27)
    "Phase Synchrony in Symbolic Communication: Effect of Order of Messaging Bearing Intention," The Proceedings of the 28th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society, pp.40-41, Okinawa Institute of Science and Technology.
  • 河上 章太郎, 金野 武司 (2018.8.30-9.1)
    "記号コミュニケーションにおいて途中変更する意図の伝達の成否に過去の記憶が与える影響," 日本認知科学会第35回大会発表論文集, pp.840-844.
  • 金野 武司, 齊藤 優弥 (2018.8.30-9.1)
    "構造依存性を持った記号システムの形成過程を観察するための実験課題の設計について,", 日本認知科学会第35回大会発表論文集, pp.772-775.
  • 河上 章太郎, 金野 武司 (2018.8.8)
    "記号コミュニケーションにおいて途中変更する意図の伝達の成否に過去の記憶が与える影響," 新学術領域共創言語進化第2回全体会議, 口頭発表, 琵琶湖マリオットホテル, 2018.8.7-8.
  • 齊藤 優弥, 金野 武司 (2018.8.7)
    "構造依存性を持った記号システムの形成過程を観察するための実験課題の設計について," 新学術領域共創言語進化第2回全体会議, ポスター62, 琵琶湖マリオットホテル, 2018.8.7-8.
  • FUJIWARA Masayuki, HASHIMOTO Takashi, Li Guanhong, OKUDA Jiro, KONNO Takeshi, SAMEJIMA Kazuyuki, MORITA Junya (2018.5.22-23)
    "Approach to Symbol Grounding Problem and Intention Sharing: Analysis of EEG's Phase Synchrony Network in Symbolic Communication Task," International Symposium for “Potentials and Perspectives of Communication among Humans and Agents Including Robots and Animals”, 2018/5/22-23, 北九州学術研究都市・会議場(メインホール).
  • FUJIWARA Masayuki, HASHIMOTO Takashi, Li Guanhong, OKUDA Jiro, KONNO Takeshi, SAMEJIMA Kazuyuki, MORITA Junya (2018/3/19-23)
    "Existence of Phase Synchronization, Detected by Electroencephalography, in the Formation of Symbolic Communication Systems," Analysis and Modeling of Complex Oscillatory Systems (AMCOS), PRBB Parc de Recerca Biomèdica de Barcelona(Barcelona, Spain), (2018/3/19-23).
  • 金野 武司, 河上 章太郎 (2018.3.12-13)
    "人工言語の共創課題を用いた構造依存性による意味生成・共有プロセスの解明," 新学術領域「共創言語進化」第1回領域会議, ポスター発表, ホテルシーパレスリゾート豊橋.
  • 藤原 正幸, 橋本 敬, 李 冠宏, 奥田 次郎, 金野 武司, 鮫島 和行, 森田 純哉 (2018.3.6-7)
    "記号コミュニケーション課題におけるコミュニティ抽出法を用いた脳波位相同期ネットワーク構造の解析," 第8回知識共創フォーラム予稿集, 8 pages. (pdf).
    本発表は奨励賞を受賞しました.藤原さんおめでとうございます.審査に携わっていただいた方々に感謝いたします.
  • 河上 章太郎, 金野 武司 (2017.12.11-12)
    "失敗事例を含む語彙表形成の仕組みが二者間での記号システムの成立に与える効果," HRIシンポジウム2017予稿集, P-39(4pages), 金沢歌劇座. (pdf).
  • 藤原 正幸, 橋本 敬, 李 冠宏, 奥田 次郎, 金野 武司, 鮫島 和行, 森田 純哉, (2017.9.20-22)
    "記号コミュニケーション課題における成功群と失敗群の同期の特徴と結合性," 第27回日本神経回路学会全国大会(JNNS2017), 北九州国際会議場, (2017).
  • 河上 章太郎, 金野 武司, (2017.9.13-15)
    "記号コミュニケーションにおいて言外の意味を推定する計算モデルの人への効果," 日本認知科学会第34回大会予稿集, pp.756-760 (2017). (pdf).
  • 森田純哉, 金野武司, 奥田次郎, 鮫島和行, 李冠宏, 藤原正幸, 橋本敬, (2017.9.13-15)
    "コミュニケーションシステムの形成における意図せぬ模倣の役割," 日本認知科学会第34回大会予稿集, pp.770-772, (2017), (pdf).
  • Fujiwara, M., Hashimoto, T., Li, G., Okuda, J., Konno, T., Samejima, K., & Morita, J., (2017.8.1-5)
    "Changes in Phase Synchronization of EEG during Development of Symbolic Communication Systems," The 6th International Conference on Cognitive Neurodynamics 2017 (ICCN2017), abstract p.113, Aug.1-5, Pablo de Olavide University, Carmina, Spain, (2017).
  • Junya Morita, Takeshi Konno, Jiro Okuda, Kazuyuki Samejima, Guanhong Li, Masayuki Fujiwara and Takashi Hashimoto, (2017.7.23-25)
    "Implicit Memory Processing in the Formation of a Shared Communication System," Proceedings of the 15th International Conference on Cognitive Modeling (ICCM2017), pp.19-24, Jul.23 - 25, (2017). (pdf).
  • Masayuki Fujiwara, Takashi Hashimoto, Guanhong Li, Jiro Okuda, Takeshi Konno, Kazuyuki Samejima, Junya Morita, (2017.7.26-29)
    "Neural Phase Synchrony on Understanding Meanings of Symbols," Proceedings of the 39th annual meeting of the cognitive science society (CogSci2017), p.3711, Hilton London Metropole, London, UK, Jul.26 - 29, 2017.
  • 藤原 正幸, 橋本 敬, 李 冠宏, 奥田 次郎, 金野 武司, 鮫島 和行, 森田 純哉(2017.3.6-7)
    "Phase Locking Valueを用いた記号の意味理解時の脳波解析," 日本応用数理学会2017年 研究部会連合発表会(JSIAM), 電気通信大学.
  • 藤原正幸,橋本 敬,李 冠宏, 奥田次郎, 金野武司, 鮫島和行, 森田純哉 (2017.3.21,22)
    "記号コミュニケーション課題における成功・失敗ペア間の脳波位相同期構造の比較," 知識共創, Vol.7, pp.V15-1, 第7回知識共創フォーラム, 大阪府立大学「I-site(アイサイト)なんば」, 2017.3-21,22, pdf.
  • 鮫島 和行,金野 武司,李 冠宏, 奥田 次郎, 森田 純哉, 橋本 敬 (2016.12.12)
    "コーディネーションゲームにおける記号生成確率モデルと「意味」の推定," 情報処理学会 第111回 数理モデル化と問題解決研究会, 2016-MPS-111(5), pp.1-6, 電気通信大学, 2016.12.12.
  • 鮫島和行, 金野武司, 李冠宏, 奥田次郎, 森田純哉, 藤原正幸, 橋本敬 (2016.12.10)
    "コーディネーションゲームにおける記号生成確率モデルを用いた「意味」の推定," 日本人間行動進化学会第9回年次大会, 金沢市文化ホール, 2016.12.10-11.
  • 森田純哉, 金野武司, 奥田次郎, 鮫島和行, 李冠宏, 藤原正幸, 橋本敬 (2016.12.10)
    "コミュニケーションの成立を成り立たせる記憶特性のシミュレーション," 日本人間行動進化学会第9回年次大会, 金沢市文化ホール, 2016.12.10-11.
  • 藤原 正幸, 橋本 敬, 李 冠宏, 奥田 次郎, 金野 武司, 鮫島 和行, 森田 純哉 (2016.12.6)
    "記号コミュニケーション課題における脳波位相同期構造の変化," 計測自動制御学会 システム・情報部門(SSI) 学術講演会 2016 予稿集, GS13-13, pp.397-402, ウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館), 2016.12.6-8.
  • 金野 武司, 橋本 敬, 奥田 次郎, 鮫島 和行, 李 冠宏 (2016.9.16)
    "記号的コミュニケーションシステムの形成過程において解釈学的循環を構成するモデルベース強化学習の役割," 日本認知科学会第33回大会(JCSS2016)予稿集, pp.7-9, 北海道大学, 2016/9/16-18, pdf.
  • 金野 武司, 橋本 敬 (2016.3.12)
    "人工言語の共創課題を用いたことばへの気づきの誘発に関する試み," 知識共創, Vol.6, pp.III4-1-10, 第6回知識共創フォーラム, 石川県政記念 しいのき迎賓館, 2016.3-12,13, pdf.
  • 金野 武司, 橋本 敬, 李 冠宏, 奥田次郎 (2015.9.20)
    "記号コミュニケーションにおける言外の意味の推論に基づく先行的行動価値修正メカニズムの役割," 日本認知科学会 第32回大会(JCSS2015)予稿集, pp.477-486, 千葉大学 西千葉キャンパス, 2015/9/18-20, pdf.
  • 李 冠宏, 金野 武司, 奥田 次郎, 橋本 敬 (2015.9.20)
    "ミラーニューロンシステムの活動と記号コミュニケーションシステムの形成との関係についての脳波研究," 日本認知科学会 第32回大会(JCSS2015)予稿集, pp.604-609, 千葉大学 西千葉キャンパス, 2015/9/18-20.
  • Guanhong Li, Takeshi Konno, Jiro Okuda and Takashi Hashimoto (2015.6)
    "An EEG study of human mirror neuron system activities during abstract symbolic communication," The 5th International Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN 2015), Sanya, CHINA, June 3-7.
  • Li,G., Konno,T., Hashimoto,T., and Okuda,J. (2014.9)
    "EEG experiment for examining the role of human mirror system in the formation of symbolic communication systems," 2014年度日本認知科学会第31回大会発表論文集, pp.485–488, Sep.18-20, pdf.
  • 金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬,(2013.9.12-14)
    "人工言語の共創実験:使用する記号の類似性が導く言外の意味の成立," 日本認知科学会第30回大会予稿集,pp.18--24, 玉川大学, 9/12-14.
    予稿集の方では,表1の相関データの正負符号に誤りがありました.訂正版はこちらを参照下さい.
  • Konno,T., Morita,J. and Hashimoto,T. (2013.8.1)
    "Information flow across individuals in formation of symbol communication systems," Proceedings of the 35th annual meeting of the cognitive science society (CogSci2013), p.4005, Humboldt Univ., Berlin, Germany, Jul.31 - Aug.3, 2013.
  • 金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬,(2013.6.6)
    "人工言語の共創実験における二者間での移動情報量の分析," 第27回人工知能学会全国大会, オーガナイズドセッション「「私」の境界と意味の現れへの構成論的アプローチ」, 3J3-OS-20b-4, (4 pages), pdf, 富山市民プラザ, 6/4-7.
  • 金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬,(2013.3.3)
    "コミュニケーションシステムの形成過程に見る知識共創の基盤," 第3回知識共創フォーラム予稿集(知識共創, vol.3), III 8-1(10 pages), pdf.
    フォーラム終了後,萌芽論文賞と共に優秀論文賞をいただきました.審査に携わっていただいた方々に感謝いたします.ありがとうございました.
  • Konno,T., Morita,J., Kishino,A., Hashimoto,T., Okuda,J., and Suzuki,M. (2012.8.1-4)
    "Three co-creation stages in formation of symbol communication systems," Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (CogSci2012), pp.2735, Sapporo, Japan. abstract
  • Morita,J., Konno,T. and Hashimoto,T. (2012.8.1-4)
    "The Role of Imitation in Generating a Shared Communication System," Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (CogSci2012), pp.779-784, Sapporo, Japan. paper
  • Konno,T., Morita,J. and Hashimoto,T. (2012.3.13-16)
    "How is pragmatic grounding formed in the symbolic communication systems?," Proceedings of Evolang9, pp.482-483, Campus Plaza Kyoto. abstract
  • 金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬,(2011.11.19)
    "記号コミュニケーションシステムの構成要素とその成立に寄与する行動傾向," 日本人間行動進化学会(HBESJ)第4回大会, 北海道大学人文社会科学総合教育研究棟.
  • 森田 純哉, 金野 武司, 橋本 敬,(2011.9.23)
    "コミュニケーション成立の観察実験に基づく認知モデルの設計," 日本認知科学会第28回大会,東京大学本郷キャンパス, pdf:proceeding, pp45-52.
  • Konno,T., Morita,J. and Hashimoto,T. (2011.06)
    "Symbol communication systems integrate implicit information in coordination tasks," The 3rd International Conference on Cognitive Neurodynamics (ICCN2011), Hilton Niseko Village, Hokkaido, Japan, June 9-13, 2011. (program:SunAm-C3 10:40-, pdf:abstract, proceeding)
  • 金野 武司, 森田 純哉, 橋本 敬,(2011.01)
    "調整課題における記号コミュニケーションシステムの形成実験," 電子情報通信学会技術研究報告 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC2010-39), No.400, Vol.110, pp.49--54, 2011.1.27,28(DB,pdf)@金沢大学サテライトプラザ
  • Hashimoto,T., Nakatsuka,M. and Konno,T. (2010)
    “Linguistic analogy for creativity and origin of language”. In Andrew D. M. Smith, Bart de Boer, Marieke Schouwstra and Kenny Smith (Ed.), The Evolution of Language, Proceedings of the 8th International Conference (EVOLANG8), pp.184–191, (2010).
  • 金野武司,橋本敬,(2010.06)
    "言語変化と共通語彙の形成を両立する能力:一般化学習の優先と同音異義語生成の抑止," 第24回人工知能学会全国大会, オーガナイズドセッション「OS-1b ことば--コンピュータ--コミュニケーション2」, 1I2-OS1b-7, 長崎ブリックホール I会場, 6/9. (pdf).
  • 金野 武司, 橋本 敬,(2009.09)
    "合成的言語の形成過程における言語変化と多義性の役割," 認知言語学会第10回大会ワークショップ「言語変化への認知的・形式的アプローチ」,CONFERENCE HANDBOOK, pp.76-79, 京都大学(吉田キャンパス), 9/26,27,(pdf).
  • 金野 武司, 橋本 敬,(2009.07)
    "文法形成の計算論的研究:非論理的推論による発話の不一致と多義発話の発生," 日本認知心理学会, 第7回大会論文集, pp.93-94, 立教大学(新座キャンパス),7/19-20,(pdf).

上記以外のテーマでの研究

学生との共同研究/研究報告編集

会議&研究会:

  • 馬 思維, 橋本 敬, 金野 武司 (2014,3)
    "外国語使用時の客体的自覚の変化", 言語処理学会第20回年次大会(NLP2014), P5-17, 3/17-21.
その他/研究報告編集

雑誌

  • 金野 武司 (2018.3.7)
    "プロジェクトデザイン活動で生じる役割分担方法についての意識調査," KIT progress:工学教育研究 26, pp.73-80.

会議&研究会:

  • 金野 武司 (2017.3.21)
    "グループ活動でのじゃんけんに対する意識調査," 知識共創, Vol.7, pp.V5-1, 第7回知識共創フォーラム, 大阪府立大学「I-site(アイサイト)なんば」, 2017.3-21,22, pdf.

音声模倣についての研究

音声模倣/研究報告編集

会議&研究会:

  • 金野武司,錦戸信和,党建武,(2007.07)
    "乳幼児の音声模倣能力の獲得過程における調音ジェスチャの役割,"
    電子情報通信学会技術研究報告 音声研究会, Vol.107, No.165, SP2007-31,in 富山大学,7/26, (pdf).
    プログラムはこちらを参照下さい。

二足歩行ロボットの制御システムについての研究*1

二足歩行/研究報告編集

修士課程での研究です.

修士論文

  • 金野武司,藤川英司,山田新一 (1999.2),
    "汎用運動制御のためのシステム構築における一提案," 修士論文,(1999.2) (pdf)

雑誌

  • 金野武司,藤川英司,山田新一 (1999.2),
    "運動制御における自律分散型3層システムの提案," 電気学会論文誌 D分冊 119巻 2号 (pdf)

研究会&会議

  • 金野武司,藤川英司,山田新一 (1999.3),
    "複数アクチュエータ制御における創発現象の利用," 電気学会全国大会 (pdf)
  • 金野武司,藤川英司,山田新一 (1998.1),
    "汎用運動制御のためのシステム構築における一提案," 産業計測制御研究会 電気学会研究会資料 73-80 (pdf)

略歴

 
2016. 4金沢工業大学 工学部 電子情報通信工学科 講師
2013. 4北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 特任助教
2011. 4金沢学院大学 非常勤講師(2013.3まで)
2008. 7北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 橋本研究室 研究員(2013.3まで)
2008. 6北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 博士課程修了
2004. 4北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科入学
2003.12住友重機械工業退社
1999. 4住友重機械工業入社
1999. 3武蔵工業大学院大学 電気工学専攻 システム工学科修了
1997. 4武蔵工業大学院大学 電気工学専攻 システム工学科入学
1997. 3武蔵工業大学 工学部 電気電子工学科卒業
1993. 4武蔵工業大学 工学部 電気電子工学科入学
1993. 3東京工業大学工学部付属工業高等学校卒業

*1 こちらは修士課程で研究していた内容を報告したものです
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS